DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed きみの友だち - 重松 清 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] きみの友だち (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

きみの友だち (新潮文庫)
きみの友だち (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

きみの友だち

おすすめ!3.7 [3.7](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1079位
  • Amazon価格:¥ 724
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101349223(新潮社)
きみの友だち (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.7 [3.7]

 作家別マイベスト15回目です。今回は、「とんび」がドラマ化されて人気の重松清さんでいきたいと思います。…といいつつ、僕は「とんび」は読んでいないので、いつかは読みたいと思ってるのですが(^_^;)しか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 またまた例会の報告を忘れていました。 というか・・・ 忘れていた訳ではないのですが・・・ すみません 4月の例会は お休みが多く かずちゃんとゆうちゃんだけでした。 二人だけ… このレビューの続きを見る

 引っ越しをする前に、バレンタインにチョコをくれた友達に ホワイトデーのお返しに行ったら、 今まで良くしてくれたお礼だよってこの本をくれました! 本の趣味が会う気に良い女の子だったので、別れるの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:最近読んでる本 内容(「BOOK」データベースより) わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:学問・学校 映画化されて評判になった、重松清の連作長編小説。実際は、主人公の「恵美ちゃん」をめぐる周囲の子どもたちが、一人一人主人公になって描かれる。 クラスの中で少数派である、「恵… このレビューの続きを見る

3.7

きみの友だち

00:08:By

 久々に本読めました・・・ 4月から始まって3ヶ月。 ほんと忙しかったわ。。。これからもう少し本とか読めるかな〜。 ってので,一気に読めなかったから,残念だったんだけれど,評価は満足の☆5 私は,重松… このレビューの続きを見る

 無愛想な恵美の、そっけなく発する一言一言が温かい。  重松清を心から見直した。この一冊を読んだだけで。疾走で嫌いになりかけてたのに。【粗筋】わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒に居る――… このレビューの続きを見る

久し振りに小説を読みました。 重松清さんの「きみの友だち」。 知り合いの方がブログでレビューを書かれていて、なんとなく読んでみたくなったのがきっかけ。 ちょうど時期的にいまの自分の気持ちに、… このレビューの続きを見る

いやいやすんません! ここ最近兄貴の結婚式やらなんだかんだあって、更新できませんでした。 別に見てねーって? ならしょうがない。 俺は個人的にブログ書くことに満足しているだけだから。 嘘です。みな… このレビューの続きを見る

こんばんは。 この本は、感染列島を読み終わった次に、今読んでいる本です。 最初は、あまりよく分かりませんでしたが、 読んでると内容が分かってきます。 まだ全部は、読んでいないので詳しいことはいえませんが、 いい本だと思いますよ!私は。 皆さんもよかったら読んでみてください!

もう何度も書いているけど小学生・中学生のころ人との関わり方が全然分からなくて、つらい時期がありました。別にいじめられていたとかそういうのじゃないんだけど。今だから言えるけれど、死にたい死にたいってい… このレビューの続きを見る

以上3作。 「きみの友だち」は時系列を無視したオムニバス短編集とでも言えばいいんだろうか。 最後の最後は個人的にはいらなかったと思うけど、キャラクターは一貫していて安定感があった。 「文学少女」シリー… このレビューの続きを見る

直木賞作家、重松清作品です。 ハードカバーの方は3年前に発売だったようですね。 今年には映画化もされました。 ずっと気になってたのを、母に借りてやっと読むことができました。 いや〜〜〜〜、泣けますね… このレビューの続きを見る

きみの友だち

23:32:By ぶくわむ

最初は二人称で進行するのが分かりづらかったけど、慣れれば読みやすく、いい内容でした。 好きな話です。これは、中学生の時までに読んでおきたかったなぁ。 『友だち』についての連作短篇集。 学校という狭… このレビューの続きを見る

思い入れというものがある。それはモノでも人でも生き物でも、愛着というものを感じてしまえば、自分のだろうと他人のだろうと知らない人の内緒のものだろうと、失われるという事実に遭遇することは悲しかったり、… このレビューの続きを見る

最近読んだ本はコレ。。 いやぁー、話にぐんぐん引き込まれて、あっという間に読んじゃった。 テーマは『友達』。 (前にも書いたけど)この重松さんの話は人のココロの中身を正直に書いてある。それを読むとオ… このレビューの続きを見る

「友達」ってなんだろ?と改めて考えさせられた一冊。 正解はないのだけれど、もしかしたら私の思っている「友達」もどこか違うのかもしれない・・なんて思ったりもしました。 一話ごとに「きみ」が変わるのに最初はとまどったけど、読んでいくうちに恵美とつながっている人たちの話なんだってわかってきて、あとはスイスイ読めました。 読み終えて一言。ほんと、いい話でした:->

これ最近友達に 「あいちゃん好きそう!」と言われて貸してもらいました。 はい、私こういうの好きです(笑) 重松さん何でこんなに少年少女のことわかってんだろう…って 思ってしまうようなキレイごとだけじゃ… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 交通事故により、松葉杖なしでは歩けなくなってしまった小学生・恵美は、 やがて、それまでの友人たちとは疎遠になり、距離を取るになるが、 その一方で、それまであまり仲の良くなかった 病気が… このレビューの続きを見る

関連する商品