DB Error: connect failed 陽だまりの彼女 - 越谷 オサム のレビュー全21件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陽だまりの彼女 (新潮文庫)
陽だまりの彼女 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

陽だまりの彼女

3.2 [3.2](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:45865位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101353611(新潮社)
陽だまりの彼女 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.2 [3.2]

陽だまりの彼女

18:34:By 本とか

●恋愛もので探して、深く考えず、図書館で借りた。 ●広告代理店で働く浩介は、クライアントとの打ち合わせで、中学生の同級生と再会した。彼女は中学でバカの異名をほしいままにしていた真緒。バカすぎていじめら… このレビューの続きを見る

3.2

陽だまりの彼女

19:29:By tea with milk

 「陽だまりの彼女」読みました。 今、色々感想を書いてたんだけど、操作ミスで全部消えたので心が折れました…。 一番好きな場面は、二人が懐かしの銀杏公園に行って、 出会った記念の場所だね、違うよ、そう覚えてくれてたんだね、今のひっかけだったのかっていうやりとりのところ。 素敵なファンタジー恋愛小説でした! 読みやすくて、面白かった!!!

幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、僕には計り知れない過去を抱えているようで─… このレビューの続きを見る

 初・越谷オサム氏である。しかも有名作、『陽だまりの彼女』。文庫化されて2年が経過していて、タイトルやらカバーやらイラストやらから、「……ほのぼのとした恋愛小説なのだろう」とはあたりをつけていた。… このレビューの続きを見る

3.2

息子の乱読日記

10:31:By Film Rider

恋愛小説…

昨日、仕事帰りに図書館で借りてきました! 越谷オサム著 /「陽だまりの彼女」 ※ネタバレ有り 薄い小説だったので、約1日で読み終わりましたー! しかも読了後、もう一度読み直しました。 … このレビューの続きを見る

 ひさびさに登場、キヨです。就活が始まり、ヒーヒーしてます。でも、自分の行きたい方向がだんだんつかめた気がして。上がって下がっての繰り返しですが、いまだ志半ばですので貪欲な若葉として頑張ります☆就… このレビューの続きを見る

何でも「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」らしい。もう随分前に読み始めたものの、男の子が女の子と仲良くしている描写が延々と続き途中で投げ出していた次第。あまりの退屈さにおれはもう女子がどう思うが… このレビューの続きを見る

最近、白石一文の著作を読むようになったのだが、どこに行っても『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』の下巻が手に入らない。 ネットで買えよ、IT系だろと言われても、本でも服でも買うプロセスが好きな私にはネ… このレビューの続きを見る

 ようやっと読み終わりました。。笑色々と他の本やらゲームやらに寄り道しながらのんびりと読了。確実に読み始めてから半年以上経っているのでは。。涙本を読むスピードが欲しくて、欲しくて、本当に悩んだ時… このレビューの続きを見る

 【感想】結構面白かったけど途中でオチがわかってしまった(笑)あと表紙と中身のイメージが違いすぎるかなー。恋したい人はキュンキュンしちゃう一冊だと思う。176作目

JUGEMテーマ:読書感想文        中学時代の問題児が顧客企業に就職しており、打ち合わせで   偶然顔を合わせたら、すこぶる美人になっていたなんて   夢のよう… このレビューの続きを見る

ほんといい本です!!まおちゃん可愛い///けどどうしても嘘みーにかぶせてしまうのは私だけかな でまー簡単に金曜日行ったこと ・となりの男子に愚痴ってた ・とにかくクラスの人がいちいち私のモノマネしてくる… このレビューの続きを見る

「女子が男子に読んで欲しい恋愛小説?1☆」 という帯につられて読んでみました。 けっこう本屋さんでも目立つところに置いてあるし、 気になってたんですよね。 今日の大阪出張時のお供に・・・ と思って持っていっ… このレビューの続きを見る

 少し前に新聞の書評欄で高評価だったのを見て購入した。評価については帯に書かれているコメントが全てだなーと思う反面、ちょっとオチはアンフェアくさい。振り返ると、伏線は確かに沢山張られていたので、再読の時が一番楽しめる作品のほうな気がする。ちょっと時間を置いて再読しようと思う。

 『口サイ』で私が読んだ本を紹介する「文学オヤジ」というアカデミックなコーナーをやってました。番組がなくなっちゃってさびしいのでこのブログで紹介することにします。 栄えある第一回の作品は「陽だま… このレビューの続きを見る

3.2

生きてます

18:36:By Wallflower

 生きてます!日記とか更新しないでごめんなさい私は毎日元気についったーに引きこもってます…(^p^) イベントの新刊の情報載せてないですね、支部さんの方には上げたんですが…(言い訳言い訳) 来月の僕ヒに… このレビューの続きを見る

陽だまりの彼女という書籍を読み終えました。あっという間に読み終えましたが、読後感は悪くない。ただ、ちょっと、え?って感じでしが。純愛・・・なのかな?恋愛小説かと思ったらちょっと違ってた。こういうのもアリかなという感じです。好きな人は好きなんじゃないかなと思います。なんか懐かしい感じがするなと冷静に考えてみれば、Kanonのあるルートと似てるじゃない!!とか思いました。

 いま一番男性に読んで欲しい小説 …って書いてたんで購入(´・ェ・`) 結論としては残念な感じ。 だってもう恋愛とかいう次元じゃないw もろファンタジーやしダメですね(・Д・) おススメしませーーーーん。

【あらすじ】 交通広告代理店の営業をしている奥田浩介は、ある日、営業先で中学時代の同級生である渡来真緒と再会した。頭があまりよくなく、よく勉強を教えてあげた彼女。いじめられっ子で友達がいなかった彼女… このレビューの続きを見る

 これは「イニシエーション・ラブ」的な恋愛小説!軽いけどおもしろいから、こういうのが好き。

関連する商品