>
[Amazon] なんくるない (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

なんくるない (新潮文庫)
なんくるない (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

なんくるない

おすすめ!3.4 [3.4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:110098位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101359296(新潮社)
なんくるない (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.4 [3.4]

沖縄を舞台とした短篇4つ。 「なんくるない」が特に好きでした。 離婚して1年、慣れてもきたけど、変なこともあり、そして沖縄へ。沖縄での優しい空気や出会い、自分が癒されていくのと、自分としっかり向き合え… このレビューの続きを見る

3.4

沖縄の恋物語。

23:42:By TRAVEL NOTE

ひさしぶりに、よしもとばなな。

きのう、古本屋さんで買ってきた古本たち。 江國香織の「東京タワー」と、恩田陸の「夜のピクニック」はずっと読んでみたかった、作品。よしもとばななの「なんくるない」は、題名と表紙に惹かれて買った いまはまだ、太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んでるとこだから、読み終わったらつぎに読もう、うひひ また、いくえみ綾やジョージ朝倉の漫画も買いにいきたいな、3月のライオンが読みたい

なんくるない

18:00:By ちこひろ日記

JUGEMテーマ:読書 いい感じでちらほら咲き始めた桜・・。 「お花見」の予定だったのですが、強風のため断念。 今年は、ご近所さんでのお花見は出来なかった・・、残念。 久しぶりに読んだ本ネタ・・を、 10年以… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 沖縄の匂いを思い出す。 小6の時とその後20歳過ぎてから2回行って、無駄にPADIカード(スキューバのライセンス)まで取ってしまったが、何がいいって都会と違う時間の速度がいい。 いつも値段や混雑をきにして夏真っ盛りよりもその前後に行くので、ふとした拍子に夏の足音と終わりかけの寂しさを感じる事がある。 それを再現してくれる文章だった。

3.4

ビンゴ!

21:07:By まゆごんの日々

少しショックなことがあって どうしたもんかと、悶々としていて こりゃ長引くなぁ〜と思っていたとき たまたま「あ!買ってたのに読んでない」とふと読んでみたら もの凄く自分が欲しかった言葉がここにありま… このレビューの続きを見る

久しぶりのよしもとばなな作品。 沖縄作品だったので、読んでみた。 沖縄に行きたくなりました。

3.4

なんくるない

17:41:By 24/7 *Days*

沖縄に行きたくなった!!!!! 短編4作なんだけど、私はその中の「なんくるない」と「リッスン」がよかったかな・・・ でも、「なんくるない」にでてくるトラはあまり好きになれなかったり(笑) だって、年齢のわりにガキくさいんだもん・・・ 年上好きの私の好む男性キャラではなかった。。。

読書期間:2007/7/29〜2007/7/30 私はあくまで観光客なので、それ以外の視点で書くことはやめた。これは、観光客が書いた本だ。 沖縄は日本人にとって、あらゆる意味で大切にしなくてはいけない場所だ。 沖縄を愛する全ての人・・・・・深くても軽くてもなんでも、あの土地に魅せられた人全てと、沖縄への感謝の気持ちを共有できたら、それ以上の喜びはないと思う。 (あとがきより)

沖縄の話。と、言い切るのはちょっと変か。すっごく旅行に行きたくなった。海! のんびり、ゆっくりしたお話たちだった。主人公たちは、ものごとを客観的に冷静に説明できるから、救いが無いようにも思える。でも、べつに明確な答えなんて無いけど、沖縄と関わったことで、しっかり歩ける気がしてくるような、そんな感じのお話。

よしもとばななの沖縄本、文庫が出ました、即買いです。 短編4作で、どれもいい! ここであの一言を言えていれば!!手を伸ばせば!!そんな些細なことで人と人がすれ違っていく感じ・・・もはや努力ではどうしよ… このレビューの続きを見る

沖縄を題材とする4つの短編でできています。 一番オススメは、表題にもなってる『なんくるない』 大好きだった旦那さんとわかりあえなくて離婚して傷をおっていた 主人公が、沖縄にいって、心が洗われて、楽に… このレビューの続きを見る

関連する商品