>
[Amazon] みずうみ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

みずうみ (新潮文庫)
みずうみ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

みずうみ

おすすめ!3.3 [3.3](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:187130位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101359326(新潮社)
みずうみ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.3 [3.3]

ひさしぶりに本の感想でも。 **ネタバレ注意** ああ、なんか旅したいな〜と思うように、ふっとよしもとばななの本を読みたくなる。 たぶん俗世間の風に当たりすぎてる時とか、他人との関わりが多くなって… このレビューの続きを見る

そこへ

11:06:By hibi

おはようございます今日は春休み最後の日。長かったー。笑今しかできないことが果たしてできただろうかと、考えることもあるけれど。船乗ってのんびり北海道行ったり、元気すぎる母親と旅行行ったり、ちょろちょろ… このレビューの続きを見る

最近読んだ2冊。 一冊は、村上春樹さんの走ることについて焦点を当てたエッセイ。 なぜだか私はエッセイをそんなに読まないのだけど、 ふと本屋さんで手に取って読みたくなったので即買。 村上春樹さんが走る人だ… このレビューの続きを見る

みずうみ

17:16:By

最初は普通に読んでいったけど途中からぐっと引き込まれました。なんだか神聖で穏やかになれる小説です。キレイな景色や少し寂しい感じを思い浮かべます。

よしもとばななの小説はたくさんあるけれど、 どれもそのときの彼女の心とか体の状態が表れてる気がする。 この小説、最初のほうの文章がなんだかちょっと読みづらくて(流れがおかしい)、 推敲が足りない… このレビューの続きを見る

3.3

みずうみ

11:11:By Alternative.

みずうみ、読み終わりました! 本のカバーデザインが少し暗くて悲しいお話だと思っていたけど 優しくて、少し切ない物語でした。 ゆっくり読んでいったのですが、とてもよかったです! 話の展開の仕方に驚いたり。 もう一度きちんと読み返したいな。 今読んでる本を学校に忘れてきちゃった・・・!

【粗筋】大好きなママが、パパとの自由な恋をつらぬいてこの世を去った。ひとりぼっちになったいま、ちひろがいちばん大切に思うのは、幼児教室の庭に描く壁画と、か弱い身体で支えきれない体の重荷に苦しむ中島く… このレビューの続きを見る

  出産後のばななさん、やっぱり違う味。

仕事、フラ、プライベート・・・すべてがなんだか空回りしている感じがしていて 自分ひとりが熱くなっているだけ、のような気がして、滅入っていた 相変わらず人手不足の職場 朝、部署へ行くと誰もいない 主任は… このレビューの続きを見る

みずうみ

19:16:By bright and vivid colors

みずうみ よしもとばなな 

Lake

15:54:By Touhu1丁

 よしもとばななの新作「みずうみ」読みました。 ママをなくしてから何かと自分の居場所がよくわからなくなっていた壁画家のちひろが、斜め向かいに住み、重すぎる過去を華奢な身体で背負い続ける中島君と出会… このレビューの続きを見る

 ママは、恋をつらいぬいてこの世を去った。壁に絵を描くことを仕事にする私と、なんとなく一緒に住むようになった中島くん。中島くんは、ある日、みずうみのほとりの一軒家へと私を誘う。中島くんに対する私の対応がやさしくて押し付けがましくなくて好き。この本は、予定の新幹線が遅れていたので、混雑の東京駅で立ったり座ったりしながら読みました。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品