DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 火車 - 宮部 みゆき のレビュー全61件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 火車 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

火車 (新潮文庫)
火車 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

火車

おすすめ!3.7 [3.7](61件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2283位
  • Amazon価格:¥ 1,069
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101369186(新潮社)
火車 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(61件) 3.7 [3.7]

この手の話はあまり読まないのだが、宮部みゆきさんの選んだ短編集が良かったこと(旅行中は短編集をよく読む)、周囲の評価が非常に高いことから、気になって読んでみた。 なるほど、一気に読ませるだけの名作… このレビューの続きを見る

読みたいなと思いつつ逃していた作品です。 舞台が22年前です。 もういろんな面で進化も進んでますし、法律も変わっていくので古く感じるかもしれないけど、それをもって読むとこの時期にこんな小説を書いてたん… このレビューの続きを見る

火車

02:29:By 掌にダイヤモンド

再読。 初読は高校生の時で、大きな衝撃を受けたと同時に 「もうしばらく読めない。読みたくない」とまで思ったことを覚えています。 新城喬子の人生が、まだ子供だった私にはあまりにも重すぎて。    時間を経て… このレビューの続きを見る

宮部みゆきの名作「火車」と、 東野圭吾の医療ミステリー「使命と魂のリミット」がドラマ化。 それも、どういうわけか同じ日の同じ時間帯で放送。(笑) これはどっちも観たいからダブルで録画ですね。 「火車」… このレビューの続きを見る

火車

15:06:By duffer日記

 宮部みゆきの作品を初読。とりあえず一発で大ファンになってしまった。今後は時代物を読んでみたいと思う。しかしすごい作家だ。火車は自己破産やクレジット社会の闇の部分を背景に物語が進んでいくミステリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 仕事(金貸しではない)柄破産者は何人か見てきたし、この本が書かれた当時よりもなお破産は一般化してる(それどころか金貸しであるライフや武富士なんかが倒産関連手続をしている)ので、この本の社会的意義は今の自分にはちょっと理解しがたいな。 しかしまあ、推理小説はさくさく読めて気持ちよい。推理小説を読みまくっていた中学時代を思い出してしまったのでありました。

3.7

火車 宮部みゆき

14:01:By

 犯人の銃弾が当たったことで、足に負傷を負い現在休職中の本間俊介。 亡き妻の従兄弟の息子である栗坂和也から婚約者の捜索を依頼されるが、婚約者彰子が別人だということがわかる。クレジットカード、消費者… このレビューの続きを見る

20年くらい前の小説ですが おもしろかった。 いや〜、怖かった! +  +  + チクテ、メゾンカイザー、viron 3種類のパンで朝ごはん♪ しっあわせ〜〜

あー、なんかおっかなかったわねー。 宮部みゆきの本はだいたい怖いなー。 この本は、カード破産した女をめぐる物語なんだけど、怖かった。 なんかさ、自分は絶対カード破産なんかしないわよって決意してるけ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねば… このレビューの続きを見る

 人と会話するにも・・・・ ムッ・・と来た時に返す気の効いた嫌味も・・・・ やっぱり・・・・ 言葉のストックが豊富にないと 難しいんだなぁ・・・と最近思っていて・・・ やっぱり・・・・ もっと本を… このレビューの続きを見る

3.7

宮部みゆき【火車】

05:32:By

約20年前の作品で既に顧客情報管理等を活かしてる…。すごい。理由ほどの衝撃はなかったにしても、相変わらず構成・文章が凄い。終わり方は少し物足りなさを感じてしまった。

3.7

火車

13:00:By DoWhat10!

どんどんページ数が少なくなるのに 全然、謎が解けなくて 「どうなるの?どうなるの?」と思ってたら そういうことだったのか。 しみじみと面白かった。←日本語へん?

3.7

火車

23:04:By

 読書をいっぱいするほうではないので、好きな作家さんとかがわからなくてただ今模索中の段階。今回は宮部みゆきの火車を読んだ。レビューの中でもかなり人気の高い作品だったから。内容はカード地獄に陥った… このレビューの続きを見る

 <ミステリーの金字塔。オールタイムの大傑作> 傑作というか、現代ミステリーの金字塔と言っても過言ではないでしょう。今回、再読してみましたが、とても16年前の作品とは思えないほど、ミステリーの仕… このレビューの続きを見る

《愛知県は三河地方 御当地シンガーソングライター》男の中の男!しょだまさしです。Myspaceプロフィールページへどうぞ(#д$)/ JUGEMテーマ:ミステリ 一番安心できる案パイ作家 宮部みゆきさんの数ある代… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 昔、友達がこれの読書感想文を書いてて、それを見て以来、な〜んか読んでみたいと思っていた作品です。やっと読めました。 読み進めるのが、なぜか辛かった。たぶん、難しい説明がいっぱ… このレビューの続きを見る

題材が昨今の世の中を反映しているかのようで、読んでいてちょっと考えさせられました。活きにくい世の中だものね。倖せの定義は難しいよね・・・とすごく思う。世の中にはたくさんのモノが溢れていて、10あれば10… このレビューの続きを見る

3.7

火車

01:01:By My reading diary

ずいぶん前に読んだので記憶が曖昧。。。 確か模倣犯の長さに疲れて休憩しているときに何冊か読んだ中に入っていたと思う。 コレを読んで、宮部みゆきはやっぱり面白い!と思い模倣犯に復帰したような…(笑)

読書週間

11:31:By Scrapblog

読書週間、始まりました。 2009/10/27〜11/9 ポスターがかわいい(こちらで見られます♪) ムスコが頑張ってます 小学校の図書室でたくさん本を読むと『しおり』がもらえるそうです。 とりあえず20冊でもらえるそ… このレビューの続きを見る

宮部作品ナンバー1と言われてるのに、ようやく読了。 怖い‥ 他人になりすます人物も、名前も戸籍も奪われる人物も、共通するのはお金‥ 中年刑事が追う、姿の見えない「女」。 ある意味格好良いと思うのは私だけ? ラストはあれでいいんだろうけど、やっぱその先が気になるよな〜

火車

11:07:By 受賞本

 火車  著者 : 宮部みゆき  受賞歴 : 第108回直木賞 ノミネート         1993年このミステリーがすごい! 2位         第6回山本周五郎賞 受賞         1992年傑作ミステリーベスト10 1位         20世紀ベスト10 2位         ベスト・オブ・ベスト 1位

火車

23:51:By choco*choco

初、宮部みゆき。めっちゃおもしろかった。あっという間に読了。彼女の他の作品も読んでみたいと思いました。

「火車」  宮部 みゆき  著  休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分… このレビューの続きを見る

題材が昨今の世の中を反映しているかのようで、読んでいてちょっと考えさせられました。活きにくい世の中だものね。倖せの定義は難しいよね・・・とすごく思う。世の中にはたくさんのモノが溢れていて、10あれば10… このレビューの続きを見る

 さっき紹介した小説は、もちろんAMAZONで購入できます。簡単な説明や他の読者の感想も見ることができるので、詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

3.7

火車

02:03:By ただただ日々。

JUGEMテーマ:読書 宮部みゆきは前々から読みたかったんです。京極夏彦とか読んでるとよく見かけるし、物凄い人気ですからねぇ。で、ようやく読みました。凄い面白かった。これは他人に勧めたい一冊ですね。僕… このレビューの続きを見る

題材が昨今の世の中を反映しているかのようで、読んでいてちょっと考えさせられました。活きにくい世の中だものね。倖せの定義は難しいよね・・・とすごく思う。世の中にはたくさんのモノが溢れていて、10あれば10… このレビューの続きを見る

3.7

火車 (新潮文庫)

15:04:By yumi日記

宮部みゆきさんの推理小説で、一番おもしろいと感じました☆ ちょっとこわいですけど、わくわくします! 読んでみてください(^o^)

火車

22:42:By モノ

うーん、やりきった! おつぎは「火車」です。なんか火がついちゃったみたいで、 「理由」「レベル7」に引き続き、宮部みゆきを。 読んでる間は楽しいし、感心する文言もあるはずなんだけど、 読み終わる… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 婚約者が失踪してしまったので探して欲しいと親類の男に頼まれた 休職中の刑事・本間俊介は、その女性を探すことにするが、 捜索するうちに、彼女が過去に自己破産をしていたことを知る。 そし… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これは山本周五郎賞受賞のミステリー史に残る傑作というだけあって、面白かった。 カード破産とか個人情報とか、時代の背景をうまく描き上げた社会派ミステリー。 でもこれは、ただの犯人捜… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ 親戚の子の婚約者がいきなり失踪。カード破産をしていた事実を隠していた女性・・・と思っていたら実は別の女性が彼女の名前で生活していたことが判明。謎が謎を生む。ミステリー小説。一体彼女は何者なのか?何故、違う名前で生活していたのか??それを追い求める刑事休職中の主人公。カード破産の恐ろしさと認識力の差から生じる借金苦を背景にした人間模様。

違う人になって、違う人生を生きようとした女性 本当の名前を捨てないと幸せになれないから。 おもいついた恐ろしい計画。 おなかにずんとくる重たさ

最近読んだ本はコレ。。 宮部作品は意外なことに(?)初めてでした。 この“火車”はクレジットカード地獄から犯罪を犯す女性が、他人になりすますというもの。オレはカードを持たない主義だけど、自己破産やら、そこから生まれる犯罪を読んでいたら怖くなっちゃったわ。 そんな社会の問題を扱ったミステリー・・いやぁ、ほんとに怖かった。

ダ・ヴィンチという雑誌に「宮部みゆきの最高傑作」とあったので、読みました。 今まで読んだのは「模倣犯」「長い長い殺人」そして、なんか時代物をいくつか。 思ったのは、「そこにいない人」を書くことで、… このレビューの続きを見る

本を買いました。 もちろん【ブックオフ】での購入です。 何しろ1500円以上は、送料無料 相変わらず、届いた商品は新品同様のものばかりでした。 「火車(かしゃ)」の他に 「犯人に告ぐ」上.下(雫井… このレビューの続きを見る

コンビニ専用

13:13:By あ行

セブンイレブン、コンビニ専用書籍販売・人気作家と組み http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080518AT1D1700G17052008.html あんまり影響ないと思うけんどのう。 コンビニはあの「広さ」ぢゃけんの。 … このレビューの続きを見る

3.7

火車 (新潮文庫)

02:38:By Tokyo Addict.

宮部みゆき作品を初めて読んだのは大学4年の夏。 フランスに向かう機中に持ち込んだ 3冊の文庫本のうちの一つが『理由』だった。 インタビューの形式で謎に迫っていくという 思いもよらなかった構成と、 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 あー大満足! 多重債務者をメインテーマにした、サスペンス。 主人公の本間刑事(休職中)が追いかける、偽者の関根彰子。 偽者は、なぜ、どのように本物の戸籍を乗っ取ったのか。 そ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ 久々の本レビューを。 今回は、 宮部みゆき「火車」 です。 あらすじ、レビューが若干ネタバレになっているかもしれませんのでご注意を。 あらすじ 休職中の刑事・本間俊介は、… このレビューの続きを見る

3.7

火車

19:32:By Phantasmagoria

ミステリー好きじゃないといいつつ宮部みゆきに手を出したわたしwww ミステリー読みやすいしね(´∀`) なかなか面白かった。

日頃絶対手に取らない!それはミステリーやら推理小説。だって頭使うんだもの。でも今は自由な時間が無限。面白そうでやたら分厚いやつを何冊かピックアップ。 多重債務者の女性が失踪という設定で先ずゾッとす… このレビューの続きを見る

2008年初のUP記事は、宮部みゆきの「火車」(かしゃ)です。 最初、これを読むまでは、「かしゃ」と読むのではなく、「ひぐるま」 だと思っていました(苦笑)。自己破産をテーマにした作品だという の… このレビューの続きを見る

こんばんは〜。 久しぶりにドンピシャに寒いねー。 言葉の使い方間違えたよー。これも寒さと雨のせいだよ。だからわかって。 さて、今日は白黒映画で泥水を降らせることによって大雨の様子を見事に再現した黒… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 親戚の子の婚約者がいきなり失踪。カード破産をしていた事実を隠していた女性・・・と思っていたら実は別の女性が彼女の名前で生活していたことが判明。謎が謎を生む。ミステリー小説。一体彼女は何者なのか?何故、違う名前で生活していたのか??それを追い求める刑事休職中の主人公。カード破産の恐ろしさと認識力の差から生じる借金苦を背景にした人間模様。

3.7

火車 (新潮文庫)

11:35:By funk travellers

実兄に、「東野圭吾の白夜行とか好きなんだけど、なにかお勧めない?」と聞くと、この本を薦めてくれた。 なるほどー。確かに。やはり女性の文体のせいなのか、どこか陰鬱でありながら、繊細な部分も感じ取れます。良作です。

宮部みゆきさんの本を初めて読みました。 実はこれも「Yonda?」のアロハブックカバー欲しさに、購入してしまった本です ちょっと分厚い本だったので、躊躇したのですが、背表紙のあらすじを読んだら、すご… このレビューの続きを見る

3.7

火車 (新潮文庫)

20:58:By Honeykiss

これはアタシがいちばん好きな宮部作品のひとつです。 もう何回読み直したか分かりません。 山本周五郎賞受賞作にして、直木賞候補にもなった作品。 テーマとしては極めて重い。 カード社会、ローン地獄、… このレビューの続きを見る

東野作品同様、ここ数か月で好きになった作家さんなので昔の作品を読んで行きたいと思っています。 今回は『火車』 謎を究明するために行動している主人公はどこか温かみがあって、 子供の智くんもいい味だ… このレビューの続きを見る

山本周五郎賞受賞  以前に読んだ作品。再読です。  多重債務者、自己破産、刑事が失踪した女性の真相をひたすら追いかけるストーリー。  借金関係の勉強にもなりました。 .............................… このレビューの続きを見る

住宅ローン、無理な返済プラン、借金取り立て……。 自分に降りかかる不条理な不幸から逃げ出すために 別人になりきろうと企てた女が狙った女性は、 自己破産をすでにしていたというお話。 世の中の作家は「宮部みゆきとそれ以外」という おおざっぱな括り方を発している人がいたが、 その言葉が真実だと思わせる力作だろう。 とにかく恐いしすごい

3.7

火車

18:56:By nomad.

山本周五郎賞受賞作。 これは売れに売れた小説だったから、読んだ人多いと思います。 やっぱりダイスキ、宮部みゆき 最初のサスペンスでこの小説を読んだ人は幸せかもしれません。 最後の一文字までドキドキし… このレビューの続きを見る

3.7

火車

20:02:By

みんなが馬鹿にするもんだから、読んでみたんだ。でも、社会派ミステリは苦手かもしれない。グレー金利ってこの頃から問題になっていたんだと。

■ 火車

22:48:By note

 長編推理もの。  「ただ、幸せになりたかっただけなのに」という台詞が、ずっとずっと頭から離れませんでした。たくさんの人物が線で結ばれていく様は、読んでいてどきどきさせられます。ラストは、松本清張の… このレビューの続きを見る

「とにかく面白い傑作小説70冊」と言う本を読むための本?に載っていたので暇つぶしに読んでみた。。。自分の過去を消し、他人になろうとしてなりきれなかった女たちを描いていて、渦中の女たちはタイトルどおり… このレビューの続きを見る

大好きな宮部さんの中でも特にお気に入りの1冊。 内容はクレッジカードの使用から起きた自己破産絡みの結婚詐欺と殺人?事件の話。 これもう5回くらい読みました・・・。 だって論文の課題図書に出されるんだも… このレビューの続きを見る

3.7

火車

15:23:By T_plus!

休職中の刑事・本間は、遠縁の男性の失踪した婚約者探しを頼まれる。 軽い気持ちで引き受けた本間だったが、探せば探すほど、彼女についての謎は深まって――?というお話。 ここまで丸々付き合ったんだから、私… このレビューの続きを見る

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。 自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?… このレビューの続きを見る

3.7

火車 / 宮部みゆき

12:08:By mew-style♪

こんにちは♪突然いつもと違うぞ!!なんだなんだ!! と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね(笑) 実は何を隠そう( 別に隠してないけど )私は本や映画が大好きなんです。 前に一度 『 ハリーポッター 』 … このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品