DB Error: connect failed あかんべえ〈上〉 - 宮部 みゆき のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)
あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

あかんべえ〈上〉

おすすめ!3.6 [3.6](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:212206位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101369291(新潮社)
あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.6 [3.6]

 宮部みゆきの江戸深川界隈を舞台にした長編怪異譚。ふね屋という料理屋が舞台です。おりんの両親は、仕出し屋の親方から実の倅夫婦のように可愛がられ、おりんもまた実の孫のように愛されています。そんなと… このレビューの続きを見る

あかんべえ

17:31:By モノ

料理屋ふね屋のちいさい娘おりんが、 死に掛けたことをきっかけにしてお化けさんを見る力をもつところから始まる話。 両親がお店を持つことになって、引っ越したおりん。 そこにはお化けが5人住み着いていました。… このレビューの続きを見る

3.6

あかんべえ

03:48:By u_simple

読もう読もうと思いながらなかなか…だったのをようやく手に取ったら一気読みになりました。 とっても、すごく、本当に面白かった! 文庫で読んだので上下巻なのですが、最後の最後まで引っ張るのに中だるみがなく… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】まだ12歳の少女であったおりんとその両親は、彼らの念願であった料理屋を始める為、「ふね屋」へと越してきたのであったが、越してきたすぐ後に、おりんは重い病に倒れてしまう。生死の境を彷… このレビューの続きを見る

19/23

18:31:By ナポリタン

宮部みゆきさんの本初めて読みました。 人気あるだけあって面白かったです。読んで良かった。もぐりになるとこだった。 何かあれだね。 ホラーじゃない小説に登場するお化けって可愛いね。 人間味あるかんじで。 ちゃんとした感想は下巻読んでから書きます。たぶん。

3.6

あかんべえ

17:52:By

JUGEMテーマ:読書 『みほとけはずっとここにいた。そこにも、ここにも、おわしました。おらんかったのはお父のほうじゃ!』 「ふね屋」に引越ししてきた、主人公のおりんは、高熱のため生死のふちを彷徨う。 熱… このレビューの続きを見る

3.6

あかんべえ?

13:26:By Rierieir

 はまっちゃってます。 宮部みゆきの時代モノシリーズ 今回は上下巻組のあかんべえ 少女おりんちゃんが、お化けさん達とコミュニケーションをとりつつさまざまな事件やお化けさん達がなんでお化けさんになっ… このレビューの続きを見る

料理屋の娘おりんの家に現れるお化け達。 一見お化けは怖い者かと思わせながら、案外話のわかる人たちだったり。 12歳のおりんがけなげにもお化けの事、家族の事、家の商売の事を 懸命に考える姿がなんともいえない。 時に助けてくれ、泣き、笑うお化け達も実は案外いいものなのかな?

宮部みゆきの本は何冊か読んでいますが、時代小説はまだ読んでいませんでした。一冊くらい読んでみようと思って、評判のいい本書を選んで読んでみたのですが、どうも私の趣味に合わないようでした。幽霊がたくさん… このレビューの続きを見る

読書期間:2008/1/14〜2008/1/16 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終ろうとしていた。主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴… このレビューの続きを見る

 時代物の宮部作品がかなり好きである。  この時代の生活風景ってのが、古きよき時代って感じで、とても憧れる。  ラストサムライでも、隠れ里の人々の生活風景があって、そのシーンが一番好きだ。  宮… このレビューの続きを見る

本当は「楽園」が読みたかったのだけれど、なかなかハードカバーには手が出ず、文庫では数少ないまだ読んでいない「あかんべえ」を。間違って上巻を2冊買ってしまったが。 映画化して欲しいくらいにビジュアル… このレビューの続きを見る

高熱を発して彼岸に渡りかけて以来、幽霊が見える様になった、料理屋の娘おりん。 料理屋「ふね屋」の門出とした、江戸・深川の店には、あかんべえする少女、美男の若侍、あだっぽい姐さん、按摩のじいさん、宴席… このレビューの続きを見る

しばらくあまり読書の時間がなかったのですが、 お正月らしく時代物を読んでいました。 やっぱり宮部さんうまい!亡霊さんが出てくるのって映像じゃ絶対見られない私ですが、 これは恐さではなく、ほんと人情… このレビューの続きを見る

※レビューはこちら。(クリックしてください)  暮らしが変わってゆく。こっちに来てすぐに病気で寝付いてしまったものだから、今まではそういうことをゆっくり感じる暇もなかった。だから、元気になって起き… このレビューの続きを見る

 これも入院中のお供に連れてきました。  幽霊が見えるようになったきっかけとか、見える条件とかの解釈が面白かった。幽霊は見てはいるが、そこに居る人間一人一人が「全く同じには見えていない」という宮部さ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終ろうとしていた。主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴れ出し、座敷を滅茶苦茶にしてしまう。亡… このレビューの続きを見る

棚卸が終わりました。 業者さんが入る日は朝7時に出勤して早朝からの棚卸に立ち会ったり…大変だったけど、終わってみるとこれが意外にも楽しかった。 というのも、業者さんの仕事ぶりを見てるのが楽しかったんで… このレビューの続きを見る

江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終ろうとしていた。 主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴れ出し、 座敷を滅茶苦茶にしてしまう。 亡者の姿は誰にも見えなかった… このレビューの続きを見る

関連する商品