DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 孤宿の人〈上〉 - 宮部 みゆき のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

孤宿の人〈上〉

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:49359位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101369313(新潮社)
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

3.5

出世魚

11:15:By 百年の孤独

 「ほうの名前は阿呆の呆」そんな風に余計者として扱われる一人の少女がいた。まるで悪霊か何かのごとく敬して忌み嫌われる「加賀殿」がいた。余計者のふたり。阿呆のほうと、幕政に深く携わりすぎた加賀殿と… このレビューの続きを見る

宮部みゆきの「孤宿の人」、その中に人の心について説いた一節があり、胸を打たれた。 主人公の「ほう」が、鬼と恐れられている加賀様に、みんなの大切な神社に雷が落ちてしまい神社は燃えてしまった、これからど… このレビューの続きを見る

宮部みゆきの「孤宿の人」、その中に人の心について説いた一節があり、胸を打たれた。 主人公の「ほう」が、鬼と恐れられている加賀様に、みんなの大切な神社に雷が落ちてしまい神社は燃えてしまった、これからど… このレビューの続きを見る

久しぶりに宮部みゆきの作品を読みました。文章の読みやすさ、情景描写のうまさはさすがですね。 でも、話の展開がちょっとゆっくりしすぎているような。後半になってやっと面白くなってきました。評判の良い作品なので下巻が楽しみです。 JUGEMテーマ:読書

時代モノが続きます。宮部氏の作品は気になってはいたものの、読書モードにならないとなかなか手にする気にならなかったので、ようやく、という感じ。捕り物帖かなと思いきや、今度はまた違った趣。上下巻とそれぞ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【ものがたり概要】 ―――北は瀬戸内海に面し、南は山々に囲まれた讃岐国・丸海藩。 萬屋の店主のお手つきで生まれた9歳のほうは、 江戸から金比羅代参に連れ出され、この地に捨て子同然に置… このレビューの続きを見る

3.5

孤宿の人

07:13:By

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに宮部みゆきさんの本「孤宿の人」を読みました。 友達が持ってきてくれたんだけど、読んだと思ってたのに読んでなかった(笑) 讃岐国・丸海藩が小説の舞台。 江戸から追われるよ… このレビューの続きを見る

弧宿の人

04:35:By Drawing

JUGEMテーマ:小説全般面白かったんですけど、あまりに人が死んでいくので落ち込んでしまいました…

今日はもういつも以上にまったく駄目な人だった今日この頃です。少しは成長しないとなあと思いつつ。ここしばらくはずっとこの本の世界にいたような。実は発売してなぜか京都で買ってでも読まずにそのまま荷物とな… このレビューの続きを見る

『孤宿の人』。

23:05:By 一瞬間劇場

宮部みゆき著(新潮文庫)。 時代小説の括りだけれど、 テーマとしては現代においても通じると思うよ、リアルに。 これは、「呆」と呼ばれた子が、行く「方」を見つけ、人の「宝」となる物語。

JUGEMテーマ:読書 この小説はモデル藩があるということで、Wikiでちょっと調べてみました。 現在の香川県、丸亀藩が場所のモデルらしい。 ちなみに小説内では「丸海藩」となっている。 香川県のイメージ… このレビューの続きを見る

3.5

孤宿の人

01:25:By ◆Ruri+Hari†◆

孤宿の人 宮部みゆき 新人物往来社/新潮社文庫 妻子と家来を殺した罪を問われて丸海藩に流されてきた加賀様。悪鬼怨霊と恐れられながらも身分の高い加賀様を無下には扱えない丸海藩の人々。加賀様の存在は人… このレビューの続きを見る

 泣けた最後の数ページで涙が自然とどんどん出てきたみんな死んでしまった真実を知っている人が真実を知って相手をおもんばかって心配りをした人々がどんどんどんどん死んでいく社会の集団心理の中に嵐の中の… このレビューの続きを見る

孤宿の人

03:32:By 餘罪ラプソディー

久しぶりに宮部さんの新刊が出てるなと思って読んだ。 将軍徳川家斉の時代の事。 詳しくは言わない(笑) ただ、めったやたらと虚しく人が死んでしまう。。。 殺されたり、仇討ちのためだったり、人を助けるためにだ… このレビューの続きを見る

舞台は江戸時代。四国のとある藩(実在はしない)が舞台となっている。 青い海が思い浮かんだり、金毘羅さんを想像したり。 読み進めるうちに、人物達が、想像の中で勝手に動き始める。 途中、そんなんに人が死ななくても・・・・とちょっと思ってしまった。 読み終わったら、ちょっとほろりと来た。

関連する商品