>
[Amazon] ツナグ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ツナグ (新潮文庫)
ツナグ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ツナグ

おすすめ!3.6 [3.6](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2396位
  • Amazon価格:¥ 737
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101388814(新潮社)
ツナグ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.6 [3.6]

「もう一度あなたに会えてよかった」 そんなセリフがいっぱい出てくる短編集かと思っていたのに…! 私が思い付きもしなかった、死者と生者がもう一度会うことの葛藤や弊害も描かれています。 そう… このレビューの続きを見る

【ツナグ [ 松坂桃李 ]】見ました   JUGEMテーマ:最近みた映画   アマゾン  

3.6

ツナグ

23:49:By Wisteria note

いつ読んだんだっけかなー忘れてしまいました。 映画化もされましたよね。映画のほうは誰が出ているのか知らないんですけどね! 最近、映画追いかけていません。大学のころは週に一度は見ていたはずなんですよ、… このレビューの続きを見る

 映画版のツナグ主演の桃李くん目当てに見たんですけど…そしたらものすごく原作読みたくなって、原作読んだら一気に引き込まれた!やっぱり、原作の細かい描写がいいね。役者の演技も勿論すばらしいと思いまし… このレビューの続きを見る

辻村深月さんの『ツナグ』を読みました。 ストーリーは一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。 アイドルの心得 長男の心得 親友の心得 待ち人の心得 使者の心得 の5章からなり心に染み渡る連… このレビューの続きを見る

明日は香住に蟹を食べに行くらしい。車の中で暇にならないように、今日は本を調達しに行くことに。最近読み始めた辻村深月さんのこれをゲット!明日車の中で読むぞ♪

  10月に公開された映画「ツナグ」は見ませんでしたが 本屋さんで話題本として山積みになっていたので 手にとって見ました。 生涯でたった一度かつひとりだけ、死んだ人と再会させてくれる仲介人「ツナグ」… このレビューの続きを見る

3.6

ツナグ

12:26:By ほどほど日記

ツナグ (新潮文庫)辻村深月新潮社発売日:2012-08-27ブクログでレビューを見る»奥さんが貸してくれた本。これはおもしろかった!実はちっとも期待してなかったんだけども(失礼)。大変リアリティーのあるファ… このレビューの続きを見る

初出"yomyom" 、2010年10月単行本化により加筆訂正、2012年9月文庫化。   吉川英治新人文学賞受賞作品。決して辻村さんの良い読者ではない私ですが、本作を通して作者の確かな力量を感じ取ることが出来ました。 … このレビューの続きを見る

3.6

ツナグ

21:55:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  一生に一度だけ、死んだ人と会うことができる使者(ツナグ)システムの連作集。この世に未練を感じられず、会いたいと痛切に思うのは4か月前に死んだタレント、という「アイドルの心得… このレビューの続きを見る

*ツナグ

01:24:By 本のなる木

たった一人、もう会えない誰かと会えるとしたら、誰と会いますか? 『ツナグ』 辻村深月 初・辻村作品。 直木賞作家ということで結構期待して読んだんですけど、 あれれ…?な感じでした。 私の好きな設定… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品