>
[Amazon] ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)
ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ワーキングガール・ウォーズ

おすすめ!3.6 [3.6](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:707933位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410139623X(新潮社)
ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.6 [3.6]

就職希望ランキングでは常に上位に食い込む、東証一部上場の大手総合音楽企業の花形である企画部に勤める翔子。37歳、独身、彼氏なし。でも年収約一千万のバリバリのキャリアウーマンであり、都心部の1LDKマンショ… このレビューの続きを見る

これも年末のジャケ買い。 平積みしてあるやつで、全国のOLから大反響とか 書いてあったのでつい。 内容は、あれなんかとシンクロするストーリー・・・ あ!!anegoだ!! 林真理子のanegoになんとなく似てる。 … このレビューの続きを見る

 『ワーキングガール・ウォーズ』 柴田よしき・著 新潮文庫 アラフォーお局係長の墨田祥子、ことフェザーB。 同僚や部下に嫌われている自信アリ。おひとり様のランチタイムも板についた。 でも、それがなん… このレビューの続きを見る

  読むのに凄い時間がかかったけど、 結構読み終わってみたら爽快な感じ。 露骨ないじめとは違う 仕事場に漂う「悪意」とか、職場環境が大きかろうが、小さかろうか、 何かしらあるわけで。 それが本当にある… このレビューの続きを見る

 10月の総括です。 10月に読んだ本は7冊、見た映画は3本でした。今月はちょっと忙しかったので、少なめです。ほんとはもうちょっと読んだような気がするんですが…こんなもんですかね。 本の方のオススメは、… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 一流企業に勤め、年収もそれなりに多く、都内にマンションを持ち、仕事も充実しているが、未だ独身で、会社ではお局様状態にある墨田翔子は、会社の人間関係に疲れ果て、オーストラリアの田舎… このレビューの続きを見る

もうずいぶん前に買った本が出てきた。確か本屋で、痛快!とかOL向きとか大反響とか書いてあって、つられて買ったのだ。まぁ痛快ではあったけど、うちの会社にはそこまでひどいOLはいないからなあなんてのんびり思っていた気がする。とはいえもう読まないので売る本紙袋行きだな。

いまどきカタカナの長い題名(と章タイトル)はないんじゃないの、と思って、ずっと読んでいなかった。タイトル通りに働く女子小説。や、でも主人公37歳だし係長だし、ガールってわけでもないか。よくできていて、… このレビューの続きを見る

うん、なかなか面白かったです。わたしはまだ働きだしていないからリアリティとかに関しては、わからないけど。開き直り系独身女性係長の苦悩、かわいくて高学歴な新入社員、生意気な男性後輩社員、女性のイジワル… このレビューの続きを見る

始まりは、「翔子」さんの目線と悩みから始まる。 大手の会社に就職してかなりの高額な給与を貰い、役職もあってまあ美人。 都会で悠々と一人暮らしを堪能していて・・・。 もう一人の「愛美」から見れば「翔子」… このレビューの続きを見る

はじめて

23:30:By きままきぶん

 読んでみた作家 柴田よしきさん。 いやぁ〜 つられて一気に読了。 私の私生活とは全く 重なるものがない話だけれども 女性の心理をうまく表現しているというか 怖いようでもあるが 章ごとに さわやかな気分で読み終われるという 読みやすい そして自分自身へも問いただしてみたくなるような そんな一冊。 さて 読む本がなくなった。 週末は 古本屋でも覗きにいこうかな。

三十七歳、未婚、入社十四年と十ヵ月。 だけど、それがどうした? 総合音楽企業の企画部係長・墨田翔子。 仕事は出来る。 収入もそこそこ。 でも対人関係はちょっと……。 仕事に疲れ、ある日ふと思い立ったオ… このレビューの続きを見る

新潮ケータイ文庫で、携帯電話でこつこつと半年ぐらい掛けて読みました。や、やっと終わった。嬉しい。 大手音楽メーカーに勤める30半ばの中間管理職女性を軸に、寂しくても辛くても一人ぼっちでも仕事を続ける… このレビューの続きを見る

関連する商品