DB Error: connect failedDB Error: connect failed 恋文 - 連城 三紀彦 のレビュー全5件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 恋文 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

恋文 (新潮文庫)
恋文 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

恋文

おすすめ!3.8 [3.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:259738位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101405042(新潮社)
恋文 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.8 [3.8]

3.8

恋文

12:16:By 白い本棚

連城三紀彦(れんじょう・みきひこ)の短編小説です。 「恋文」 編集者勤務の竹原郷子は夫と息子の3人暮らし。 夫の将一は元同級生の江津子に再会し、 江津子の余命のために、 郷子と別れて、 江津子と結婚する… このレビューの続きを見る

恋文

11:54:By 受賞本

 恋文  著者 : 連城三紀彦  受賞歴 : 第91回直木賞 受賞

3.8

「恋文」

14:38:By Book Cafe

結婚10年目にして夫に家出されたしっかりものの妻・郷子。 しかも夫は重い病にかかった以前の恋人のもとへ行ったのだった。 郷子の心の変化が丁寧に描かれていてそれはそれは切ないです。 「惚れるって、相手にいちばん好きなことをやらせてやりたいって気持ち」 という文章が心に残り、人を好きになるということを考えさせられました。

恋愛小説が読みたいわぁとふと思って購入したのがこちら。 直木賞受賞作だという情報などは全く知らずに読んだのですが、あまり期待もせずに読み始めたので予想以上の面白さに集中して一気読みしてしまいました。5… このレビューの続きを見る

マニキュアで窓ガラスに描いた花吹雪を残し、夜明けに下駄音を響かせアイツは部屋を出ていった。結婚10年目にして夫に家出された歳上でしっかり者の妻の戸惑い。しかしそれを機会に、彼女には初めて心を許せる女友達が出来たが・・・。 表題作をはじめ、都会に暮す男女の人生の機微を様々な風景のなかに描く『紅き唇』『十三年目の子守歌』『ピエロ』『私の叔父さん』の5編。直木賞受賞。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品