>
[Amazon] 卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)
卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:26335位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101420211(新潮社)
卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

2000日目記念にふさわしくないブラックな本ですが、図書館で見かけたのでレンタル。高校時代に、リアルタイムで読んでいたような気が。作者の南条さんは、偶然(といっていいかどうかは分かりませんが)死を選ぶ形… このレビューの続きを見る

 起きたら、雨。  何の気なしに手を伸ばした文庫本。  いつか前半ぱらぱら…と読んで『あぁ、私には合わないや』とそのまま放っておいた本。  今朝寝ようかな…と思いながらまたぱらぱら見てたらスコーンと… このレビューの続きを見る

本当は昨日(3月30日)に書く予定だったのに、日を跨いでしまったのが悔しい。 去年のこの日も、同じく南条あやちゃんの『卒業式まで死にません』についての記事を 書いてたんだなあ、としみじみ。 昨日は、彼女… このレビューの続きを見る

有名だよねー。 もともとが日記サイト(?)だからか本になってるのを読むより、ネットに残されて公開されてるのを読んだほうがしっくりきたです。 先にwebで読んだってのもありますが。

4

祝砲

19:30:By mur mur

前から欲しかった本その2。 僕がネットで彼女の存在を知った時、すでに彼女がこの世を去って6年が経っていました。 彼女の日記は決して明るい話をしているわけではない。 そこには、思わず笑ってしまうような、笑わざるを得ないような悲しみや苦しみが溢れていると思う。 僕が彼女の日記を好きな理由はきっと簡単だ。

関連する商品