>
[Amazon] いっちばん しゃばけシリーズ 7 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

いっちばん しゃばけシリーズ 7 (新潮文庫)
いっちばん しゃばけシリーズ 7 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

いっちばん しゃばけシリーズ 7

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:109370位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101461279(新潮社)
いっちばん しゃばけシリーズ 7 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

*いっちばん

23:44:By 本のなる木

誰にだって、友だちはかけがえのないものなんだ。 『いっちばん』 畠中恵 今回は、若だんなと幼馴染の栄吉のお話や、 天狗と管狐のお話など友だちってなんだろうって考えさせられる巻でした。 でも、私は… このレビューの続きを見る

3.3

いっちばん

13:27:By 気分は上々で

JUGEMテーマ:読書  シリーズ第七弾。 何冊目か忘れたけど、三途の川を一緒に逃げ帰ってきた冬吉くんが再登場ですね。これからも兄と一緒に登場しそうな感じ。 今回は栄吉くんも大活躍(?)。あとどれくらいで餡作りは上手くさせてあげるんでしょうね(笑。

シリーズ7冊目です。 今回は5編収録されています。 初めて新刊で買っちゃった(^_^;) 修業へ出た栄吉や、白塗りを辞めたお雛ちゃんなど、若だんなのまわりの人達の頑張りがほほえましくもあり切なさもあり… そして妖の孤独も描かれてたり。 若だんなも寂しいようだけど、これも大人になるための試練のひとつですよね。 がんばれ(>_<) JUGEMテーマ:時代小説 

兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修業へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。妖たちは若だんなを慰めようと、競って贈り物探しに出かけるが。長崎屋と商売がたきの品比べに、… このレビューの続きを見る

「きゅわっしゅ」 「きゅんげっしゅ」 むふふ〜鳴家はくしゃみもかわいすぎ (*^_^*) 「しゃばけ」シリーズ7作目の短編集。 今回はあまり手代たちは活躍しない。 お雛さんや栄吉といった脇役たちがメインのお話… このレビューの続きを見る

積ん読本

20:19:By Such things came out

 買ったけど、読んでないというか、その前の「うそうそ」もまだだったりする(;´∀`)

3.3

いっちばん

02:01:By ◆Ruri+Hari†◆

いっちばん 畠中恵 新潮社 しゃばけシリーズ第7弾。短編集。 「いっちばん」 「いっぷく」 「天狗の使い魔」 「餡子は甘いか」 「ひなのちよがみ」 今回の一押しは栄吉が菓子作りをやめようとす… このレビューの続きを見る

関連する商品