DB Error: connect failed シッダールタ - ヘッセ のレビュー全9件 JUGEMブログ

>
[Amazon] シッダールタ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

シッダールタ (新潮文庫)
シッダールタ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

シッダールタ

おすすめ!3.6 [3.6](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:27317位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102001115(新潮社)
シッダールタ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.6 [3.6]

ヘルマン・ヘッセと言えば、『車輪の下』とか『デミアン』の方が有名な気もするけど、今回は『シッダールタ』の話。 ヘッセの『シッダールタ』、私は高校生のときに一度読んだきりだったんだけど、つい先日、読… このレビューの続きを見る

「…おまえの心の中には静かな場所が、避難所がある。  その中へおまえはいつでも入り込んでくつろげるのだ。  (中略)  誰でもそうすることができるのに、それができる人はほとんどいない」 ヘルマン・ヘ… このレビューの続きを見る

題名から仏陀が主人公の物語なのかと思っていたら、 仏陀を彷彿させる人物の青年期からの人生の物語だった。 副題に「〜内面への道」とある。 「自分探しの旅」ね、と思って読み始めたら、 どんどん・・・一気に… このレビューの続きを見る

「今の年代のうちに読んでおいた方がいいよ」3歳年上の友達に勧められて手に取った本。ヘッセは中学生のとき『車輪の下』を読んで暗い印象しか残らなかったため(当時の私は幼稚だったのだ)敬遠していたけれど、23… このレビューの続きを見る

一つの真理は常に、一面的である場合にだけ、表現され、ことばに包まれるのだ。思想でもって考えられ、ことばでもって言われうることは、全て一面的で半分だ。全ては、全体を欠き、まとまりを欠き、統一を欠いている。

   名前(ニックネーム)   テクマ! 何してる人ですか? バンド「悪魔のようなアイツ」のヴォーカルとソロのテクノ歌手。 トークショーや録音・ミックスエンジニアや楽曲プロデュースもやって… このレビューの続きを見る

3.6

シッダールタ

23:58:By Buch

 JUGEMテーマ:本の紹介シッダールタは苦行を重ね、さまだまな人生を歩み、最後に悟りの境地に達する。仏陀というととても崇高で私とはかけ離れた人生を歩まれたのだろうと想像する。しかし話の中に出てくるシ… このレビューの続きを見る

『シッダールタ』

13:18:By 浪人巡礼

評価 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本ですこの物語の舞台は、何千年も前、ブッダが生きていたころのインドです。バラモンの家に生まれた、美しく賢い少年シッダールタ。両親はもちろん、周囲のすべて… このレビューの続きを見る

ゲイリー・レナードの新作『不死というあなたの現実』では 前著『神の使者』に比べて、仏教なりブッダの教えについて 直接は触れてないにしても評価していることが伝わってきました。 じゃあ『コース』とはべ… このレビューの続きを見る

関連する商品