DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 朗読者 - ベルンハルト シュリンク のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 朗読者 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

朗読者 (新潮文庫)
朗読者 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

朗読者

おすすめ!3.6 [3.6](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:22622位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102007113(新潮社)
朗読者 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.6 [3.6]

松永美穂訳。 本作は1995年に刊行されて以来、数多くの国でベストセラーとなっている。 日本においては新潮クレスト・ブックスにて2000年に刊行、そして2003年に文庫化、翌2004年からは日本の文… このレビューの続きを見る

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画  何年か前に「朗読者」という本を読んでいましたが、 それとこの映画「愛を読むひと」が同じものだと思っていなかった。 なんだ!そうだったのか。 映画を見ていて、あれ?どこかでこのス… このレビューの続きを見る

3.6

朗読者

20:15:By くねくね式

一時期話題になっていたのと、映画化もされましたよね? あまり洋物を読まないので言い回しに慣れなくて読みにくい・・・ 最初は歳の離れた愛のお話で、色っぽい系なのかな?と思わせておいて、彼女が失踪したあとから急に話は印象を変えていきます。 うーん。まぁ、でも、それほど意外性もなく。夢中になるところもなく。。。

朗読者。

21:31:By

図書本でございます。買ってません。朗読者 ベルンハルト・シュリンク年代的になのか歴史的な流れを把握できないのか面白くないわけではないが帯に書いてあるほど絶賛するっていうことはないなー。歴史をしらなすぎるのかも知れないねぇ。それでも最後は一気に読んだから十分堪能できたんだと思いますよ。

start up books 2.

01:01:By

読み初め 2。 人の読書メーター履歴から発掘して 表紙の装丁が気に入り、Amazonであらすじを読んで ほほー と思い購入。 きっとナチスとかユダヤとか そういった歴史的背景を踏まえて考察したり わからないな… このレビューの続きを見る

3.6

朗読者

11:40:By Every dog has his day

JUGEMテーマ:読書感想文  ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞を受賞した作品「愛を読む人」 その原作となった小説を読んでしまいました。 本当は映画を観てから読みたかったんだけど、 1Q84を終わって… このレビューの続きを見る

   スタバで若い女性がブックカバーを付けずに読んでいるのを   見かけたのが購入のきっかけでした。   久しぶりに、『文学』小説を読んだという満足感に充たされました。    帯にある、「クライマックスが・・」とか「泣いた」「泣ける」では   この切なさや儚さからくる幸福感は表現できません。。。

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲 しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 すごく昔、中学か高校の頃に読んだ『朗読者』が映画化されておりビックリ。 とくに日本で公開しても意味わからないのでは? タブーや暴力やあまりにも大きな悲劇は語ることすら難しい。 … このレビューの続きを見る

3.6

朗読者

00:18:By ひとりごと

  映画でも話題なので、本を読んでみることに。。 15才の男の子と母親ほど離れた女性 ふたり・・・の出会いから始まる物語 読み進めていくうちに 重いテーマに気付かされて ラストは、 (Θ_Θ;)。。。 映画… このレビューの続きを見る

★映画を観ようと思っている人や内容を知りたくない人は見ないで下さい★ 子供と映画を見に行った6月上映と言う『愛を読む人』のチラシを見つけた。原作が随分売れたと書かれていたので本屋さんで単行本を購入して… このレビューの続きを見る

シンガー・ソングライターの平井堅が、今年2月に発表された第81回アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した映画『愛を読むひと』の日本版イメージソングを担当することが24日、配給元のショウゲートより発表された… このレビューの続きを見る

四季さんのオススメ本。オススメ本リストはこちら <ヘッセの『車輪の下で』に比肩する心にズシリと響く作品。> 確かヘッセの『車輪の下で』以来のドイツ文学。 まさに懐の深い読書が楽しめる一冊。 本作… このレビューの続きを見る

5年くらい前だったかな〜?友達からこの本を薦められて借りたものの翻訳物だしなぁ・・・と思ってなかなか手が伸びなくて、読まずに返しちゃった事がありました。でも、とてもいい!という評判は聞くし、いつかは読み… このレビューの続きを見る

3.6

朗読者 (新潮文庫)

13:55:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:小説全般 母親に勧められて、名作「朗読者」を読んだ。 母が言うほどの感動が得られなかったのは残念だが、面白い作品だと思う。 読みやすくて、一気に読めてしまった。 主人公の少年はまだ15… このレビューの続きを見る

 もう半月以上前に読み終えたのですが、今更のレビュー。とても興味深い話だったので、できれば一度ご自身で読まれてからのレビュー閲覧をおすすめします。  この話、後半からが本番でした。少年の恋愛は少年… このレビューの続きを見る

 映画化されるにあたって、ドイツ国内で大きな期待が寄せられているらしい話。ニコールキッドマンが主演します。主人公は少年なんだけど……って、なんかライラを思い出すようなキャスティングだなぁ。  描写が細… このレビューの続きを見る

3.6

朗読者

18:15:By 第二妄想滑走路

JUGEMテーマ:Book review ただの恋愛小説かと思ってよんでたら、どっこい、重たいテーマの本でした。 ドイツにとってのナチスっていうのは、民族性(国民性)を大きく変える(形成する)出来事だったんです… このレビューの続きを見る

15歳の主人公が愛した親ほども年齢の離れた女性。 ある日、突然、消えてしまい再び目にしたのはかつてのナチスの収容所看守として法廷で裁かれる姿だった。。。 淡々と物語りが進むのでかえって思いテーマがず… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品