DB Error: connect failed 予告された殺人の記録 - G. ガルシア=マルケス のレビュー全5件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 予告された殺人の記録 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

予告された殺人の記録 (新潮文庫)
予告された殺人の記録 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

予告された殺人の記録

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15683位
  • Amazon価格:¥ 497
  • ユーズド価格:¥ 40
  • ISBN/ASIN:4102052119(新潮社)
予告された殺人の記録 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

町をあげての婚礼騒ぎの翌朝、充分すぎる犯行予告にもかかわらず、なぜ彼は滅多切りにされねばならなかったのか?閉鎖的な田舎町でほぼ三十年前に起きた幻想とも見紛う殺人事件。凝縮されたその時空間に、差別や妬み、憎悪といった民衆感情、崩壊寸前の共同体のメカニズムを複眼的に捉えつつ、モザイクの如く入り組んだ過去の重層を、哀しみと滑稽、郷愁をこめて録す、熟成の中篇。

4

予告された殺人の記録

20:27:By OKULO

 表現技法で文学を語りだしたときは、鯨において人間としての後退が見られたときである。大学一年生のころにはじめてゾラの『パリの胃袋』を読んで感銘を受けた。こんな表現技法があったのか、という驚きと尊敬で… このレビューの続きを見る

 三十年前の白昼、皆が見ている前で、一人の男が双子の兄弟に滅多切りにされて殺された。誰もがその男が殺されるであろうことを知っていた、その男以外の誰もが。  「私」は、事件の背景を調べるために現場を訪… このレビューの続きを見る

……画像に 新刊の 帯がついている!(なに) ガルシア・マルケスは舞台化されるという「エレンディラ」を前に読んで、非常に読みづらくて敬遠していたのだが今回タイトルに惹かれて購入。最初は藪の中的な話な… このレビューの続きを見る

本を読む余裕がようやくできてきたので、まずはリハビリと言わんばかりに再読。 まるで物語全体が、熱に浮かされた白昼夢かのような雰囲気。 元ジャーナリストという強みを生かして事実を元にした小説となっ… このレビューの続きを見る

関連する商品