>
[Amazon] 変身 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

変身 (新潮文庫)
変身 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

変身

おすすめ!3.5 [3.5](41件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:6575位
  • Amazon価格:¥ 346
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102071016(新潮社)
変身 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(41件) 3.5 [3.5]

3.5

「変身」カフカ

20:49:By scribble

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、あり… このレビューの続きを見る

『変身』

13:28:By * walk

実はこの感想を書いている今、読了して1年以上経っていたりする。 ので思い出しつつ書く。(意味あるのか ある朝目を覚ますと一匹の大きな虫になっていた、という有名な作品。 そこからさあどんな驚き苦悩葛… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK 個人的には、もっとカフカの変身を読み解ける人になりたいと思った。 ら、NHKでこんな番組やってたみたい。 http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/12_kafka/index.html

読んでて超楽しい。グレゴールくんの職業に親近感を覚えまくり、明日は我が身だなと思って読んだ。ものすごく感情移入しやすい話なのに、不条理シュール作品とうたわれるところに違和感を覚えた。また読みたいな。もりやまみらいくんの舞台も合わせて楽しめたよ。あれまた深夜に放送しないかな。

403 変身

09:05:By AW

読んだ。

日本よ、これがなめこだ!! またもや小さな野暮用が発生したため、週末にしたっと実家に行ってきた。母親が大変な勢いで冬支度をしており、味噌蔵にある60リットルの冷凍庫に秋の収穫物をせっせと詰め込… このレビューの続きを見る

写真は、雨に煙る紅葉の榛名富士です。 今日の「音読日めくり」のお稽古は、フランツ・カフカ『変身』(原田義人・訳)より↑上のPLAYボタンをクリックして聞いてください。↓iPad,iPhoneをお使いの方は、パソコンでiTunesを立ち上げて、左側のメニューのPodcastを選択し、下記の「VOON PODCAST FEED」のバナーをiTunesにドラッグして同期してお聞きください。

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 どんな思考回路をしてたらこんな救いの無い小説を書けるのだろうか。 ちょっと時間をおいて再読してみたいな。

3.5

変身×変身

18:05:By Elephant san

カフカの『変身』のマンガと原作を読みました 先に読んだのはカフカの短編マンガ集 全体的にパウルクレーみたいな直線が多い線画で白面が多く、アーティスティック マンガとして読むには勿体無い、、、てか読みに… このレビューの続きを見る

変身/カフカ

20:41:By

☆内容紹介 ある朝目ざめると青年ザムザは自分が1匹のばかでかい毒虫に変っていることに気づいた。 以下、虫けらに変身したザムザの生活過程がきわめて即物的に描かれる。 カフカ(1883‐1924)は異様な設定をもつ… このレビューの続きを見る

3.5

変身

02:07:By 文学サナトリウム

Die Verwandlung von Franz Kafka 1912年/1915年 『変身』 高橋義孝訳 作品紹介 グレゴール・ザムザはある朝起きると一匹の醜悪な毒虫になっていた。 一瞬にしてすべてが変わってしまったザムザと家族の顛末を… このレビューの続きを見る

  もうさ、グレーゴルの淡淡とした口調に夢中さ。 mai

 おはようございます、今日からまた五日間お仕事ですね! 私はこの五日間が非常に大好きです。なんたって一人になれる時間だから……(誰かと一緒にいるっていうのも好きなんですけど、基本的にロンリーが良い… このレビューの続きを見る

 世の中は村上春樹でウキウキなさっているようですが、アンチ村上春樹の私は「異邦人」を読みました。 ところで、以前、「ノルウェイの森」が爆発的ヒットだったようなので、我慢して読みましたけど、性的な表現が… このレビューの続きを見る

聞いたことだけはあった有名な作品。相方が購入したので便乗して読みました。不条理だ……。それに尽きる。初めは読んでも意味が分からなかった。朝起きて自分が虫になっているなんてありえない。家族や周りがそれを… このレビューの続きを見る

3.5

変身

13:24:By 〜日々変わり無し〜

ある朝、目覚めたら巨大な虫になっていた! 面白い!そして不思議。 主人公グレーゴルのストレスや不満で虫になるようなら、この世の中は虫だらけだろうし、よくわからないのだ。 不思議なことに、本人も回りの人… このレビューの続きを見る

先週末、営業の方から「月曜日、面接が入りました」と電話がかかってきた。具合が悪くて寝込んでいても仕事のチャンスを逃すわけにはいかない。週が明ける頃には回復しているだろうと思い、アポイントを取った。幸… このレビューの続きを見る

3.5

変身

02:26:By 凛々亭の徒然24時

フランツ・カフカの「変身」初めて読んだ時には、なんの事なのかサッパリわかりませんでした。非現実的現象で描いていますが。このお話は、今のこの世の中のことなのですね。JUGEMテーマ:読書

最近読んだ本はコレ。。 “ある朝、主人公が夢から目をさますと、一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した”とインパクトのある文章で始まるこの作品。虫になって苦労する主人公と、虫になった主人公を毛嫌いする… このレビューの続きを見る

3.5

変身 (新潮文庫)

09:20:By C7

海外文学に苦手意識を持っているので、超有名作なのに今まで手を出してなかった。 なまなましくて気持ち悪い それだけしかわからなかった… 朝起きたら虫になっていたっていう設定がすごいな やっぱり海外文学は苦手かもしれない(笑) 翻訳の文章が苦手なのかな。原文で読める語学力があればなあ

3.5

変身 (新潮文庫)

23:04:By Io L’amo!

一部のヨーロピアンに大人気であり、レビューで書きました「思考は現実化する」のナポレオン・ヒルは著書の中で触れたカフカ・フランツの「変身」、読んでみました。 久しぶりの小説でこれは正直きつかったです… このレビューの続きを見る

3.5

変身

21:37:By 〜Pのひまつぶし〜

ある朝、目覚めたら巨大な虫になっていた! 面白い!そして不思議。 主人公グレーゴルのストレスや不満で虫になるようなら、この世の中は虫だらけだろうし、よくわからないのだ。 不思議なことに、本人も回り… このレビューの続きを見る

変身 (新潮文庫)

05:18:By apreslorage

私が24歳の時に読んだ本です。 この無情な男の話は、今も自分の人生の基礎となっています。 あらすじは・・・ 男性「グレゴリー」は、生地の営業マンで、一家を支えていました。 一家だけでなく、会社でも… このレビューの続きを見る

変身

19:01:By raibowrain's diary*

中学生の時に読んで衝撃を受けた一冊。 異常で救いのない状況下に置かれた主人公の 淡々として動じない日常的な思考と行動の違和感。 一体この小説は何なんだ!? 凄く独特で斬新。 だけど薄っぺらい内容では決してなく、 その証拠に改めて読み返してもまた惹きこまれていく。 JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:注目★BOOK かなり怖かったです。 なんていうか普通のホラーな怖さじゃなく、家族の反応とか展開が悲しかったっていう感じ。 すこしだけ話は知っていたんですけどここまで悲しい終わり方とは。 … このレビューの続きを見る

変身

17:59:By M's DIARY

『変身』カフカ 読了。 ある日、起きると虫になっていた。 という有名にもほどがある作品。これ、所々で笑ってしまいました。 ことに天昇にへばりついているのは気持ちがよかった。床の上に這いつくばって… このレビューの続きを見る

主人公がある朝目覚めると虫に゛変身゛している話。 主人公がそれに驚かないこと。 まわりも驚かないこと。 その変身した原因。 人間に戻る努力。 そういうものがなく、ただ淡々とその生活が描かれている。 読み終えた今でも感想は奇妙な小説だ、ってこと。 でも、この不思議で奇妙とさえ感じる雰囲気、嫌いじゃない。 自分のなかの感性として受け止めたい。

変身

18:06:By Blanc Casse

Franz Kafkaの作品を初めて読んだのはこの「変身」と変わったタイトルの本でした。 確か実際地方に行く飛行機で読み切ってしまうくらいの文量の短編です。 主人公が起きると化け物に変身してしまっているという、… このレビューの続きを見る

かつてこれほど著名な本があっただろうか!? というくらい有名な本だと思うのだけれども、 カフカ「変身」を読んだよ。 内容よりもその長さにより有名な、ドストエフスキー「罪と罰」の 仲間の類ではないかと邪推をしてみたり。 ■あらすじ

   ある朝、目が覚めたら虫になっていた まだ私が、夢や希望にあふれている頃に読んで、1週間近く悪夢にうなされた本です。やっぱり今でもこわい本だ…と思う。 主人公のグレーゴル・ザムザは、目がさめ… このレビューの続きを見る

 相変わらず続行中の薄い本攻略企画。  淡々と話が進んでいく中で、前回レビューした「異邦人」ほど、明確なテーマを感じることができませんでした。テーマ性がないわけではなく、それを読み解くのが非常に難… このレビューの続きを見る

変身

23:40:By シメンソカ

朝目覚めると、突然虫に・・・ シュルレアリズムを淡々と書くカフカ。 主人公は驚きはするけれど、虫としての生活に徐々に適応。 好みも虫に似てきて、家族は虫になった彼を受け入れらない。(当然??) こ… このレビューの続きを見る

カフカさんの『変身』です。先日のお掃除で発掘したブツです。 以下感想ですが、飽くまで私の感想です。かなり抽象的な作風なので感じ方が千差万別です。お願いですからこの感想だけでカフカの『変身』を評価しな… このレビューの続きを見る

ある朝、グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した 虫に変身した主人公の日常を淡々と書いているだけの作品です。 なぜそうなったの… このレビューの続きを見る

「あんたこれ絶対好きだよ!」と 高校生時から周囲の人間にすすめられて いたのに、一度も読んでいませんでした。 その状態は、買ってもいないけどまさに「積ん読」状態でした。 そもそも変身した意味も過… このレビューの続きを見る

3.5

変身

04:22:By かさかさ

レポートのために読んだ。 中学のときに読んだことがあったけど、 全然違う印象を受けた。 ふがいないが、途中から、泣けた。 今からレポートにまとめます。 back musicはcapsuleで。 ミスマッチ

3.5

変身

16:32:By barks at the moon.

高2の頃の、読書感想文の題材として読んだ本。読んでいくうちにズルズルひきこまれ、グルグル考え出してしまって結局作文用紙には上手にまとめることができなかった。ザムザの"元"人間としての感覚とかそういうものを抜け落として描かれている心理描写とか、すばらしいとしか言いようが無い。

 再読。存在が社会に相応な態度を取れなくなることの恐ろしさを感じた。カフカが「巨大な褐色の虫」の陰に隠したメタファーを汲み取ることこそが本書の理解に繋がる――或いは本書の楽しみ方と言うべきか――であるの… このレビューの続きを見る

3.5

変身

13:55:By

変身 カフカ著 外交販売員のグレーゴルが、自宅で目覚めたら体が巨大な虫になっていたというお話。足がいっぱいあるようなので、ムカデっぽい。でもところどころで出てくる描写ではムカデのような足をもった奇… このレビューの続きを見る

これは読んどかなきゃいけない。いけないよ可符香ちゃん。 って訳で図書館でフランツ・カフカの「変身」を借りてきました。 変身というとメタモルフォーゼ、メタモル…で連想するは「Yes!プリキュア5」。 新し… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 罪と罰〈上〉

    罪と罰〈上〉

    JUGEMレビュー件数:12

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 城

    JUGEMレビュー件数:2

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 異邦人

    異邦人

    JUGEMレビュー件数:24

    Amazon評価平均:評価平均40