DB Error: connect failedDB Error: connect failed ロリータ - ウラジーミル ナボコフ のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ロリータ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ロリータ (新潮文庫)
ロリータ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ロリータ

おすすめ!3.5 [3.5](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:21646位
  • Amazon価格:¥ 961
  • ユーズド価格:¥ 38
  • ISBN/ASIN:4102105026(新潮社)
ロリータ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.5 [3.5]

ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。ロ。リー。タ。 語り手は、パリ生まれで裕福な家庭にそだった教養人のハンバート・ハンバ… このレビューの続きを見る

何度か読もうとはしたのだけど、な〜んかロリコンとか…負のイメージがあって買ったものの読まずに数年を経過した本。 アメリカ横断繋がり…ということで今回やっと読んでみた。 意外にもエロい描写は全く無い。 それ… このレビューの続きを見る

3.5

ロリータ

11:51:By memo

内容(「BOOK」データベースより)「ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。…」世界文学の最高傑作と呼ばれながら、ここまで誤解多き作品も数少ない。中年男の少女への倒錯した恋を描く… このレビューの続きを見る

訳をした若島正氏が書いた「ロリータ、ロリータ、ロリータ」を読んだので、その流れで「ロリータ」を読み直した。 今回は日付や登場する人名に気をつけながら、じっくりと… 確かに序文から既に様々な仕掛けが施… このレビューの続きを見る

ロリータ / ナボコフ

03:23:By

 バスの中でひっそり読んでる。(正直よく分かってないので読み直す必要がある)ロリータ・コンプレックの語源?らしい。

http://www.umegei.com/s2009/blackbird.htmlhttp://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0902302&perfCd=&showTyp=1&vacantSeatFlg=1&monthIndex=200907http://www.youtube.com/watch?v=BfEda-ZYpEIh… このレビューの続きを見る

3.5

ロリータ

10:33:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:小説全般 二週間もかかって一冊の本を読んだのは久しぶりだ。 なぜなら、一週間目に普通気づくから。 あぁ、この本は自分に読めない本なんだ、って。 なのに何の意地を張って読む気になったのか知らな… このレビューの続きを見る

ロリータ・コンプレックス(ロリコン)の語源になった有名な本。 読むのが遅いせいで一月近くかかってしまいましたがようやく読み終わりました。 元々は「これで読書感想文書いて提出してやる」という邪にも程が… このレビューの続きを見る

真面目に、読んでとても良かったです。少し、残酷で純粋な感じが、恐かったです。文学文学したのをよむのは、久しぶりだったので;;;外国の翻訳物も苦手なのですが、結構すんなり読めました。俗物てきにとらえが… このレビューの続きを見る

どうか私を想像してほしい。 あなたが想像してくれなければ、私は存在しなくなるのだから。 ついに読みました。 こういう古典作品って、なんだか避けて通ってたんだけど、なんだかそれじゃいけないって思った… このレビューの続きを見る

数年前に読みました。 あの頃はmetamorphoseとか着てましたね。懐かしい。 (今、サイト見てたらさ、知り合いが出てきたんだけど。笑) (あたしが高校の時から知ってる人だ。懐かしい。本当に懐かしい。) こ… このレビューの続きを見る

ロリータ

01:39:By Blanc Casse

読んだのは、新訳バージョンではなく大久保康雄の古い訳の方です。 新訳をしている、訳者は旧訳をわかりにくいと本の解説にておしゃっているみたいですが、確認はしてないです。 作者のウラジミール ナボコフは… このレビューの続きを見る

ロリータ

10:20:By 溺書録

 新訳は面白いらしいとの噂を聞いてからずっと気になっていた本書を、遅ればせながら読了。うーん、まあ、面白かった、けど。  一体何を考えればいいのか分からん。中年男ハンバート・ハンバートが、十代の女の子… このレビューの続きを見る

なんだかなぁ・・・ 笑えるし巧いし結構止まらない感じで読み続けちゃうんだけど、でも何ていうか、胸糞悪い本だ。 主人公の40くらいのおっさんが陪審員に向って「違うんだ、俺は強姦魔じゃないんだ」と訴え… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品