>
[Amazon] 赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉

おすすめ!3.5 [3.5](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9823位
  • Amazon価格:¥ 767
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410211341X(新潮社)
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.5 [3.5]

寒い日。

14:20:By ルルルレコード

すごく寒くなってびっくりです。 もともと外に出ないけれど。 ますます、でたくなくなる日々に。。。 色違いを作ってみました。 紺色シュシュ。 もう少しボリューム出したかったです。 次は編み方少… このレビューの続きを見る

ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アン… このレビューの続きを見る

3.5

赤毛のアン

21:54:By 紙で出来た月

今日は朝の連続ドラマ小説で話題に上がっている本です。 「赤毛のアン」 ルクトウカは中学一年生の頃にこの本を読みました。 孤児院からグリーンゲイブルスのおじさんとおばさんの家へ引き取られたところか… このレビューの続きを見る

3.5

赤毛のアン

21:19:By Kirei no Shizuku*

 NHK朝ドラ「花子とアン」、初回からみています。アンのシリーズは幾度となく読み返していた大好きな本でとても懐かしいなぁ。おそらく訳されていたモンゴメリの作品はこどもの頃、全部読んでいたはずだか… このレビューの続きを見る

赤毛のアン

15:16:By かきなぐりR

Yonda?グッズの為、とうとう手を出してしまった(笑) 名作ですね アニメや映画は見ているので、内容は昔から知っているけど以下、続きにて

立秋を過ぎたら急に風が涼しくなったような気がしますよ。 毎日誰かしらに会う日々でしたよ。 新しい人、古い人、懐かしい人、ご新規さん、いろいろでした。 蓮の花って不思議ね。最初からシャワー内蔵してるの… このレビューの続きを見る

赤毛のアン

00:14:By 種蒔手帖 

Yonda? の キャンペーンの棚で みつけて 見入ってしまった なんて A n n e らしいんじゃろう ** しゃきっと光沢のある赤に 金色の文字 手のひらより 少し大いサイズも   文字の並びも ええかんじ ほ… このレビューの続きを見る

今さらながら初めて読んだ。 最初は一方的に話しまくるアンにイライラしたけど 豊かな自然と回りの愛情に育まれて 素直で優しい女の子になっていく様子に胸を打たれた。 前半のアンは木や森や湖に名前を付け… このレビューの続きを見る

 子どもの頃から大好きな本です。 今までに何度読み返したかわかりません。 プリンスエドワード島は、元気なうちに絶対訪れたい場所のひとつです。

最近読んだ本はコレ。。 アンの11歳から15歳までの生い立ちを描いた名作、初めて読んでみました。 想像力あふれる(あふれすぎ?)少女アンと、アンを養女として育てたマシュウ小父さんとマリラ小母さんの老… このレビューの続きを見る

【読了】菊池寛・浅井清編「作家の自伝・菊池寛」(日本図書センター)     作家・菊池寛の幼少期から、文学仲間たちと過ごした学生時代     新聞記者から作家への転職、結婚など様々なエピソードをつづった… このレビューの続きを見る

3.5

レビュー!!

19:05:By ★milkyway★

こんな機能あるのね! びっくりだよ!! さっそくやってみた* 好きな本といえば とりあえず赤毛のアン♪ ほんとに大好きすぎて いつかプリンス・エドワード島 行ってみたいんだよね><

JUGEMテーマ:読書 言わずと知れた名作。 カナダ・プリンスエドワード島で、祖父母に育てられ教師として教える中、30歳にしてこの作品を書き、作家となったモンゴメリー。 彼女の半自伝的小説でもある… このレビューの続きを見る

関連する商品