DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 停電の夜に - ジュンパ ラヒリ のレビュー全9件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 停電の夜に (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

停電の夜に (新潮文庫)
停電の夜に (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

停電の夜に

おすすめ!3.7 [3.7](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11815位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102142118(新潮社)
停電の夜に (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.7 [3.7]

“本のソムリエール”こと四季さんのオススメ本。オススメ本リストはこちら <まるで美しい映像の映画を見ているような陶酔感を味わえる短編集。> まず著者のジュンパ・ラヒリについて簡単にご紹介しよう。 196… このレビューの続きを見る

しばらくブログ更新さぼりました。。。 更新していない間も本は読み続けていたので、ドドドーっと更新してやろうと思います。 停電の夜に  ジュンパ・ラヒリ 海外の作品を読みたいけど、長編は投げだしちゃ… このレビューの続きを見る

停電の夜に (新潮文庫)

01:50:By

”大”停電の夜に、、、ではないです。 題だけ知っていたので手にとってみました 意外にも短編集でした 冷めた夫婦が住む町が少しの間、停電になるそうです さて普段はおしゃべりもしない二人ですが? よくある話ですが優しい日本人には向かない終わりですね 実は私、結構好きだったりします

現在公開中の映画『その名にちなんで』の原作者である ジュンパ・ラヒリのデビュー短編集です。 何せそのデビューの華々しさ! 1999年にこの本を上梓するや、 ニューヨーカー誌年間新人賞、オー・ヘンリー賞、 ペン/ヘミングウェイ賞などを次々と獲得。 2000年4月には新人の短編集としては異例中の異例、 ピューリッツァー賞(文学部門)まで受賞してしまいました。

久々に、「これは」という現代文学の短編に出会った。 著者はインド系アメリカ人。この短編集に登場する人物もインド系が多いが、そのことを特別視する視線はない。ホームシックにはなるが、インドがどれほどすば… このレビューの続きを見る

かなりいいらしい、と噂に聞いて、だいぶん前にクレストブックで購入。 今夏、読み始めて、紙が黄ばんでいました。熟成(積読)しすぎ。 そして読み終わり・・・・思った。 なんでもっと早く読まなかったんだ… このレビューの続きを見る

アメリカでO.ヘンリー賞とビューリッツァー賞を受賞「停電の夜に」を含む短編集。 amazonのレビューでも評価が高いが、個人的には最後まで読む前に飽き飽きしてしまった。 基本的にはアメリカに住む移民(マイ… このレビューの続きを見る

小ぶりなナイフだけれども、鋭く、切れ味抜群とでも言おうか。とにかく人を書くのが上手い。

毎夜1時間の停電の夜に、ロウソクの灯りのもとで隠し事を打ち明けあう若夫婦――「停電の夜に」。 観光で訪れたインドで、なぜか夫への内緒事をタクシー運転手に打ち明ける妻――「病気の通訳」。 夫婦、家族など親… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品