DB Error: connect failedDB Error: connect failed フェルマーの最終定理 - サイモン シン のレビュー全36件 JUGEMブログ

>
[Amazon] フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

フェルマーの最終定理

おすすめ!4.1 [4.1](36件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:841位
  • Amazon価格:¥ 853
  • ユーズド価格:¥ 189
  • ISBN/ASIN:4102159711(新潮社)
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(36件) 4.1 [4.1]

JUGEMテーマ:自分が読んだ本   サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」読了。 フェルマーの最終定理を解いたワイルズについてのドキュメンタリーですが、 数論とは何か、を背景にしながら、… このレビューの続きを見る

ふつうの記事を書くのが数か月ぶりです(^^;) もうすぐ1年が終わりますが、みなさまいい本読んでますか? 今日ようやく読み終わったのが、『フェルマーの最終定理 ピュタゴラスに始まりワ、ワイルズが証明する… このレビューの続きを見る

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あなるぶに有名になったこの数学最大の超難問「フェルマ… このレビューの続きを見る

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェ… このレビューの続きを見る

数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への、3世紀に及ぶ数学者たちの挑戦を描いたノンフィクション。 本当に面白くて一気に読んだ! こんなに純粋に「やばいこの本めっちゃ面白い!」ってなったの久々だな…… このレビューの続きを見る

私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない・・・ という言葉を残したのは17世紀のフェルマー。 それから三世紀、ようやく謎とされていた「フェルマーの最終定理… このレビューの続きを見る

 フェルマーの最終定理の証明についてのドラマが描かれていますが、そこにとどまらず、数学の歴史、魅力、数学に関する人々の思いや生き様などが、とても興味深く描かれています。フェルマーの定理の証明自体が書かれているわけではありませんので、(多少の説明はありますが)数学が苦手だった方も、また違った観点から興味深く読めるのではないかと思います。数学好きなら、間違いなくオススメです!

オイラーの贈物以来のヒット.実はこれコミック版もあったりする.妹キャラは不要だ.登場人物は”僕”とツンデレヒロインだけで良いと思う.この著者が参考にしている著書の一つがSimon Singh の本.Kolyvagin-Flach… このレビューの続きを見る

要約すると、フェルマーの底意地の悪さに、数百年間たくさんの数学者が振り回された、と言うおはなし(笑) すごく面白かったです。 いや、数学は昔から天敵なので、具体的な証明の内容とかは、きれいにスルーした… このレビューの続きを見る

 本の真の怖さ…それを感じさせる程の出会いのなんと稀有なことか。 私が思うに心を揺さぶられるという経験は、感情であるとかその場限りの一時的な意味をこえた後遺症を、時に人の人格にまで及ぼす。 それ故に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ノンフィクション 私がまだ大学の図書館に通っていたころ、医学部の人がこの本について盛大にネタバレ話をしているのをたまたま耳にしてしまい、手に取る元気が長い間なかったのですが最近購入し、… このレビューの続きを見る

 お久しぶりです! みなさん学園祭お疲れ様でした!! 今年も巻物コーナーが好評で、大成功でしたvv「つみきのいえ」の上映も好評みたいで良かったです★☆ さて、今回は先週行ってきました選書ツアーについて… このレビューの続きを見る

読み終わった〜

21:35:By 麒麟の夢

 半端じゃなく面白かったです。新潮文庫の科学ものに打ちのめされたのは2回目。1回目はカオス理論について書かれた、「カオス-新しい科学をつくる」以来です。あれもむちゃくちゃ面白かったですが、今回もかなり面… このレビューの続きを見る

電車でこの本を読みながら号泣した学生風男子を見て、三浦しをん嬢は読んだらしい。 それはともかく、良い本です。すばらしい。 私だけかしれないが、とかく文系は理系に対してコンプレックスがあるのです。とり… このレビューの続きを見る

350年前の難題フェルマーの最終定理を証明した。アンドリュー・ワイルズとフェルマーの最終定理が証明されるまでに現れ、携わってきた人々の歴史本ですね。数史ってやつですね。やる夫で学ぶフェルマー最終定理http… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書家、会社の先輩Fさんからお借りして読んだのですが、 非常に面白い! 世紀を超えた(完全な証明まで、なんと360年!)難関で知られる 「フェルマーの最終定理」を取り扱った本作だ… このレビューの続きを見る

数学の世界がこんなにドラマチックな世界だったことに、この歳になって気づきました。こういう世界もあるんだなと、改めてしみじみ。。。

「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」 17世紀にピエール・ド・フェルマーが残したこの気まぐれのような一文が 数学の世界で難問中の難問「フェルマ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 借りて読んだのですが、 「これは、キープだ!」 と思い、読後改めて自分用に購入しました。

決して派手ではない。 でも、間違いなく良書。 壮大で美しいドキュメンタリー。 「(xのn乗)×(yのn乗)=(zのn乗) この方程式は、nが2より大きい場合には整数解を持たない。 私はこの命題の… このレビューの続きを見る

サイモン・シンの丁寧な文体による部分も大きいが、数学・数論の美しさがこのドキュメントをドラマチックなものにしている。様々な数学者たちの試行錯誤が一つ一つの証明を生み、最終的に大きな難題を解いていくという壮大な歴史は感動的だ。数学に興味がない読者にもわかりやすく書かれており、むしろ大きな関心を抱かせるだろう。ただの数字だと思っていたものが輝きを放つほどに、意味深い読後感だった。

『xⁿ+yⁿ=zⁿ(n≧3かつnは自然数)を満たすxyzは存在しない』 この定理を主張した人間を皆さんはご存知ですか? 17世紀、ルネッサンスの時代に生きた数学者、ピエール・ド・フェルマ… このレビューの続きを見る

 評価は1500円。  某所に載せたものを転載します。 『 xのn乗+yのn乗=zのn乗(nは3以上の整数)を満たす整数x・y・zは存在しない』 これがフェルマーの最終定理である。ルイ13世やリシュ… このレビューの続きを見る

同僚Yに借りた、数学ノンフィクション。 17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも… このレビューの続きを見る

ブック・レビュー・ブログ「diethyl ether」の記念すべき(?)第一回目は、サイモン・シン「フェルマーの最終定理」です。 数学、と聞いただけで拒否反応を起こしてしまう方もいるかと思いますが、この作品はそん… このレビューの続きを見る

これは面白かった!なにがって全部ですよ、全部! 新潮文庫の夏の100冊に入っているのでちょっと買って読んでみようという気分だったのに真剣に読みふけってしまって帰りの電車でDSでゼルダのつもりが読みを優先するほど面白かった。

 三世紀もの間、難問中の難問であり続けた、フェルマーの最終定理の完全証明に至るまでの感動のノンフィクション。  そもそもの始まりは、十七世紀の偏屈アマチュア数学者・フェルマーの走り書きだ。 (xのn乗)… このレビューの続きを見る

4.1

フェルマーの最終定理

09:41:By

たまには専門外の知識も仕入れようとしぶしぶ読んだ本だったが、数ページ読んだだけでみるみると引き込まれて、一気に読了してしまった。 学生のころ、『0点』と書かれた数学の答案を、『6点』と勘違いして喜… このレビューの続きを見る

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。 「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」 以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フ… このレビューの続きを見る

あぁ====おひさしぶりっちょ 学校が忙しくて忙しくてブログどころか自由時間さえナィナィナィナィナィナィとうとう一週間以上も更新滞ってました 平日は部活&予習復習でたいへんたいへん というか予習復習さえも平日に十分… このレビューの続きを見る

 やっと読み終わった…orz  本当は一気に読みたい作品でしたがなんだかんだで飛び飛びで読んでました。  しっかし面白かったなぁ。  こういうことを高校時代に知っていたらもっと数学に興味が持てただろう… このレビューの続きを見る

フェルマーの最終定理 著者: サイモン シン, 青木 薫 あらすじ: 17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。 「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、 余白が狭すぎるのでここに記すこと… このレビューの続きを見る

関連する商品