>
[Amazon] ムーン・パレス (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ムーン・パレス (新潮文庫)
ムーン・パレス (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

ムーン・パレス

おすすめ!4.1 [4.1](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9844位
  • Amazon価格:¥ 907
  • ユーズド価格:¥ 265
  • ISBN/ASIN:4102451048(新潮社)
ムーン・パレス (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 4.1 [4.1]

原題“MOON PALACE"、柴田元幸訳。柴田氏の名訳が冴え渡るオースターの代表作。他の作品のような難解さはほとんどなく、スッと読者の中に入り込んでくるのは作者の自伝的要素を取り入れていることが大きな要因である… このレビューの続きを見る

3人の男と1人の女の奇妙な偶然と運命の悪戯の物語。 捩れて離れてしまっていたそれぞれの男の孤独な人生は最後に収斂する。 そして主人公はまた振出に戻る。 村上春樹とサリンジャーを軽く楽しくしたような読後感だった。

JUGEMテーマ:外国文学 外国文学・・・特に現代アメリカ文学というと、ポール・オースターをあげる人は多いのではないかと思います。この『ムーン・パレス』はその代表作に数えられているものの1つです。 >>… このレビューの続きを見る

それは人類が初めて月を歩いた夏だった。

 この本を知ったのは、ヴィレヴァンでした。ヴィレヴァンでは一つのコーナーを作るくらい、この人の作品を大プッシュしてました。ポール・オースターの数多くの小説の中でも、この「ムーン・パレス」を一押し… このレビューの続きを見る

4.1

1019

13:32:By 創造的想像

3人の男と1人の女の奇妙な偶然と運命の悪戯の物語。 捩れて離れてしまっていたそれぞれの男の孤独な人生は最後に収斂する。 そして主人公はまた振出に戻る。 村上春樹とサリンジャーを軽く楽しくしたような読後感だった。

4.1

ムーン・パレス

21:24:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介人類がはじめて月を歩いた春だった。父を知らず、母とも死別した僕は、唯一の血縁だった伯父を失う。彼は僕と世界を結ぶ絆だった。僕は絶望のあまり、人生を放棄しはじめた。やがて生活費も… このレビューの続きを見る

ネタをばらしてしまうのは全く好きではないので 語れることはなかなか限られてきますが、 この本はとにかく意外性の連続。 え?え?え? って、最後まで、いやむしろ最後のほうが。 あまりにも非現実的な物… このレビューの続きを見る

■ あらすじ 母一人子一人で父親を知らずに育った。11 歳のときその母もなくし、母の兄弟である叔父に引き取られて暮らしはじめた。コロンビア大に通い始めた大学生のとき、その叔父までもが急逝してしまった。血の… このレビューの続きを見る

満月に近い上弦に照らされた青い道を帰るとき、ふとデジャビュに取りつかれて体の奥に音楽が流れる。その感覚は、この本とはまるで関係ない。 この小説について語ったインタビュウが『空腹の技法』に載っている… このレビューの続きを見る

関連する商品