>
[Amazon] 偶然の音楽 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

偶然の音楽 (新潮文庫)
偶然の音楽 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

偶然の音楽

おすすめ!4.2 [4.2](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:248069位
  • Amazon価格:¥ 649
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102451064(新潮社)
偶然の音楽 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4.2 [4.2]

この街全体にみなぎる気分は、恐怖のそれだ。昼日なかに暗い夢たちが大通りをそぞろ歩いている感触だ。懲罰の気配があたりに漂っている。まるで、街がみずからと交戦状態にあるかのように。預言者がやって来て、酷い、復讐の神の到来を告げる前に、何とか行いを改めようと街全体がもがいているかのように。

<著者の代表作である『ムーン・パレス』と合わせて読むと余計に効果があがりそうですが、ラストの凄まじさは翻訳作品であるが故の爽やかさを感じました。でも、それが正しい読み方なのかどうかは少し疑問ではあり… このレビューの続きを見る

4.2

偶然の音楽

00:38:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介妻に去られたナッシュに、突然20万ドルの遺産が転がり込んだ。すべてを捨てて目的のない旅に出た彼は、まる一年赤いサーブを駆ってアメリカ全土をまわり、謎の若者ポッツィと出会った。『望… このレビューの続きを見る

4.2

偶然の音楽

07:16:By Sound Sleep Machine

今回も、スパイラルで堕ちていく主人公。はじめは親の遺産を得たことから、仕事を辞め、車であてもなくアメリカを彷徨う。そのうちひょんなことから出会った相棒とポーカーで大富豪を負かせて一攫千金を狙う。しか… このレビューの続きを見る

彼の作品で一番好きなのは、ずっと「ミスター・ヴァーティゴ」だろう。でもあれは彼らしからぬ作品だった。主人公が子供で、修行して、空の飛び方を覚えるなんて、なんだかオースターっぽくない。 オースターの主人… このレビューの続きを見る

 大金(遺産)が転がってきて〜という展開は『ムーン・パレス』を彷彿とさせるが、『ムーン〜』のマルコの奇行はまだ「青春期のイタイ言動」として、失笑レベルに留まるものの、『偶然〜』のナッシュの行動はちょ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品