>
[Amazon] 金春屋ゴメス

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

金春屋ゴメス
金春屋ゴメスで自分のブログにレビューを書く

金春屋ゴメス

おすすめ!3.6 [3.6](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:685042位
  • Amazon価格:¥ 11,256
  • ユーズド価格:¥ 128
  • ISBN/ASIN:4103003111(新潮社)
金春屋ゴメスのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:読書 300倍の難関を突破して「江戸」へ入国する事になった辰次郎。 一膳飯屋の金春屋へ住み込むが、実際世話になるのは「裏金春」と呼ばれる長崎奉行所の出張所。 そしてこの「裏金春」を仕切る… このレビューの続きを見る

「金春屋ゴメス」(西條奈加) 月でフツーに生活できるようになった近未来、なぜか日本の中で独立国として存在するようになった「江戸国」に、難関300倍の倍率を潜り抜けて入国することになった某大学生のてんやわ… このレビューの続きを見る

金春屋ゴメス

14:20:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  ここにコメントを下さった藍色様のブログに掲載されていたので、思わず読んでみた。  すげえす。  舞台は、ちょっと未来のニホン。しかし、そこには、江戸 という別の独立国がある。江戸… このレビューの続きを見る

3.6

金春屋ゴメス

07:12:By The Samantha Times

内容(「BOOK」データベースより) 300倍の難関を潜り抜け、日本から江戸国へ入国を果たした大学生の辰次郎。連れは、元外資系金融勤務の時代劇オタク松吉(NY出身・24歳)&28ケ国を渡り歩いた海外旅行マニアの奈美(… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 300倍の難関を潜り抜け、日本から江戸国へ入国を果たした大学生の辰次郎。連れは、元外資系金融勤務の時代劇オタク松吉(NY出身・24歳)&28ケ国を渡り歩いた海外旅行マニアの奈美(… このレビューの続きを見る

金春屋ゴメス

20:32:By mopsy note

 ちょっと弱気な主人公がゴメスと呼ばれるボスのもと、日本にある独立国「江戸」でテロ事件を解決する話。表紙のようにケータイは使わないのでご注意を。  鏡餅のような姿、気に入らなければ容赦なく殴りかかる… このレビューの続きを見る

関連する商品