>
[Amazon] 儚い羊たちの祝宴

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

儚い羊たちの祝宴
儚い羊たちの祝宴で自分のブログにレビューを書く

儚い羊たちの祝宴

おすすめ!3.8 [3.8](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:450039位
  • ユーズド価格:¥ 56
  • ISBN/ASIN:4103014725(新潮社)
儚い羊たちの祝宴のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.8 [3.8]

内容(「BOOK」データベースより) ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上… このレビューの続きを見る

バベルの会とは、幻想と現実とを混乱してしまう儚い者たちの聖域なのです。現実のあまりの単純さに、あるいは複雑さに耐えきれない者が、バベルの会には集まってきます。わたしたちは、いわば同じ宿痾を抱えた者な… このレビューの続きを見る

儚い羊たちの祝宴

13:56:By Miette

 (「BOOK」データベースより)ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその… このレビューの続きを見る

 土曜日と日曜日、おばあちゃんの家に泊まりました 今度、遠足があって、ニット帽がいるらしいから買ってもらいましたイエイッ かぶってみたら結構かわゆい ちなみに、遠足はスケートらしいです あきかんは… このレビューの続きを見る

3.8

儚い羊たちの祝宴

01:16:By 読書メモ

《内容紹介》 ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。 中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、 ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。 本書は、更にその上をいく、 「ラス… このレビューの続きを見る

 短編集。連作短編というほど直接的なつながりはないけれど、どの作品もがお金持ちの上流階級の娘もしくは使用人などの少女が主人公であるという点、また良家の子女ばかりが集まる読書サークル「バベルの会」… このレビューの続きを見る

儚い羊たちの祝宴

22:54:By 受賞本

 儚い羊たちの祝宴  著者 : 米澤穂信  受賞歴 : 2010年ミステリが読みたい! 7位

儚い羊たちの祝宴

01:23:By One Or Eight

 友人がダークでシュールな「青年のための読書クラブ」のようだよ、と勧めてくれたので読みました。言い得て妙。的確でした。内容(「BOOK」データベースより)ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し… このレビューの続きを見る

 丹山家でお嬢様の付き人となった夕日が お嬢様をいじめるおばたちを憎む「身内に不幸がありまして」 六綱家の妾腹の娘として別館の早太郎の世話をし 彼のために様々な道具を買いだしに行く「北の館の殺人」 … このレビューの続きを見る

この作家の作品を初めて読むのにどれにしようか悩んだあげく選んだのがこの短編集です。 短編で読みやすそうだったのと、「どんでん返し」を期待して手に取りました。 5編から構成されていますが、共通している… このレビューの続きを見る

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹… このレビューの続きを見る

新潮社/2008年11月20日初版・2008年12月5日二刷/1400円 ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。 なかでも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。

短編集です。 なんだかすごい世界。。 雰囲気が暗く恐ろしい。 すっごく面白かった。 最後に少し笑えたり。 特に最初の"身内に不幸がありまして"は最後にタイトルの意味がわかって面白い。

儚い羊たちの祝宴 The Babel Club Chronicle 米澤 穂信著、新潮社 ―それまで信じていた世界が一手でクルリとひっくり返る。 それこそがミステリの真髄だと思いますが、本書で久しぶりにその感覚を味わいました… このレビューの続きを見る

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』あらすじミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもあ る。本書は、更に… このレビューの続きを見る

 「バベルの会」。それは大学で上流階級の子女であることを条件に入ることを許されるらしき読書会。そんな良家では大概何名かの使用人を抱えていた。ある者は家事全般を司り、またある者は別荘を管理して主人や来… このレビューの続きを見る

3.8

儚い羊たちの祝宴

22:09:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 これぞ、究極のどんでん返し! あらゆる予想は、最後の最後で覆される。 ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃(フィニッシング・ストローク)」と呼ばれる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/19〜2009/1/21 [新潮社HPより] これぞ、究極のどんでん返し! あらゆる予想は、最後の最後で覆される。 ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「… このレビューの続きを見る

何だかんだで読書する時間がとれず、読めずにいた「儚い羊たちの祝宴」を読了。 “バベルの会”関連をまとめたものとなります。 ホントは発売直後にあったサイン会に行く予定だったんですが、仕事の都合で断念...… このレビューの続きを見る

「バベルの会はこうして消滅した」  米澤さんて、女性視点の語りが巧いなあと思った一冊。「身内に不幸がありまして」「北の館の罪人」「山荘秘聞」「玉野五十鈴の誉れ」「儚い羊たちの晩餐」の5編が収められた短… このレビューの続きを見る

米澤穂信さんの、約1年ぶりとなる待望の新刊「儚い羊たちの祝宴」 ようやく読み終えました。 大好きな作家さんなので、この本に出てくる短編は雑誌掲載時から読んでいましたが、単行本化にあたって書き下ろ… このレビューの続きを見る

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。 中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、 短編の華であり至芸でもある。 本書は、更にその上をいく、 「ラスト一行の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある… このレビューの続きを見る

関連する商品