>
[Amazon] 苦役列車

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

苦役列車
苦役列車で自分のブログにレビューを書く

苦役列車

3.2 [3.2](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:285578位
  • Amazon価格:¥ 1,296
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103032324(新潮社)
苦役列車のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.2 [3.2]

JUGEMテーマ:小説全般  苦役列車 / 西村賢太(新潮社)  評価 ☆☆☆☆  芥川賞受賞作品ではあるのだけど、 西村さんの授賞の際の発言などから女子供が読むにはどうなの〜?って イメージだったんだけ… このレビューの続きを見る

3.2

苦役列車

12:43:By DoWhat10!

 去年の芥川賞。  文藝春秋買ってたけど、放置でやっと今。  私小説ってことで  9割事実ってのを見るとなんか複雑だわ〜。

  今まで、あまりに濃すぎて(顔がじゃなくて、醸し出す空気が発酵しすぎて酸っぱくなったマッコリみたいな)見なかった木曜の5時に夢中を久々に見た。 レギュラーコメンテーターの岩井志麻子に、緊急登板で… このレビューの続きを見る

苦役列車

21:17:By sablog8

ちょっと前の深夜番組で、 確か・・・ストライクTV(?)とかいう番組で 読書好き芸人さんが、おすすめの本を紹介していて パソコンしながら見ていた私は、紹介されていた4作品の中から 3作品を図書館に即予約。 … このレビューの続きを見る

 第144回芥川賞受賞。 読む前から「この本、あと味悪いだろうな〜」と思っていたけど、想像どおり悪かった。 小学生時代に父親が性犯罪で服役してしまったところから主人公の転落人生が始まる。 まともな職に… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「苦役列車」西村賢太/新潮社  賢太祭り第二弾。芥川賞受賞作です。おおお、巧くなってる、面白くなってる。いや、私小説に起承転結とか話の山場などを求めていいのかどうか分かりませんが、「二… このレビューの続きを見る

3.2

苦役列車

17:12:By 楽珍堂ブログ

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥350 * 2011年6月30日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

3.2

苦役列車

14:17:By くねくね式

芥川賞受賞作です。 鬱々とした私小説です。 この救いのなさ!ダメ人間さ!もうドップリ浸って読むしかないです。いっそのこと。

text by uematsu 私小説の凄み、というようなものを期待して読み始めた。というのも、世の中の小説のほとんどがいわば私小説であり、設定や主人公のあれやこれやを多少変更したとしても、著者のなんやかんやがど… このレビューの続きを見る

滅多に何々賞を獲得されました作家さんの作品は読むことがないのですが、今回の芥川賞作家である西村さんにはとても興味が湧いたので読んでみようかと、珍しく本を買いました。いわゆるひとつの私小説。最近私小説っていうものが好きになっているようで、私小説と聞くと読みたくなってしまう。それもこれも車谷さんの影響なんですが、この小説はまた車谷さんと近いけれども、遠い感じがする小説でしたね。

3.2

苦役列車

21:46:By 刺激のひとつぶ

JUGEMテーマ:読書  独特の文体と、時折でてくるカタカナに捕まれました。 アルファベットも覚えられなかったらしい19歳の少年なのに、インチメートて(笑) 私小説ということなので口はばったくなってし… このレビューの続きを見る

第144回芥川賞受賞作品の西村賢太さんの『苦役列車』を読みました。  ストーリーは友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、 その日暮らしの労働で生計を立てている十九歳の貫多。 生に渦巻く孤独と… このレビューの続きを見る

3.2

苦役列車

17:55:By 楽珍堂ブログ

【商品内容】 [話題書籍] 買取価格¥700 * 2011年2月8日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ご… このレビューの続きを見る

3.2

【書評】苦役列車

23:16:By 消極大陸

「自宅で、そろそろ風俗いこうかなと。いかなくてよかったです」と記者会見でサラッと言えるひとはなかなかいないはず。芥川賞受賞のときはどうしていたのかと聞かれ、このような回答をした西村賢太。フツーの世の… このレビューの続きを見る

第144回芥川賞と直木賞の受賞作が、17日に発表されました 今回はダブル受賞ですね。私も皆さんと一緒で興味をもった 作品なので注文してみようと思っております。 このダブル受賞は7年ぶりの快挙ですね… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品