>
[Amazon] 忍びの国

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

忍びの国
忍びの国で自分のブログにレビューを書く

忍びの国

3.2 [3.2](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:144409位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103068817(新潮社)
忍びの国のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.2 [3.2]

 【あらすじ】 時は戦国、織田信長が天下統一を目指して日々勢力を拡大している時代。信長の次男である、織田信雄は、3人の猛者を従えて、伊勢の国を支配していた北畠具教を亡き者にすべく、具教の館へと向… このレビューの続きを見る

本読み。時代モノ2本。 まず、「のぼうの城」映画化で話題の和田竜。 伊賀忍者が織田軍団を迎え撃つ構図は、 「のぼうの城」のテイストはあるし、 アクションはこっちのほうが面白かった。 武士の常識がまった… このレビューの続きを見る

人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。戦国大名不在の国、伊賀国に織田軍一万余が攻め込んだ。「その腕、絶人の域」と言われる忍びの無門は想い女のお国を連れて敵前逃亡をはかるが……。 「天正伊賀の乱」を題材にした時代小説。

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ  伊賀一の忍び、無門は西国からさらってきた侍大将の娘、お国の尻に敷かれ、忍び働きを怠けていた。 主から示された百文の小銭欲しさに二年ぶりに敵の伊賀者… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 伊賀一の忍び、無門は西国からさらってきた侍大将の娘、お国の尻に敷かれ、忍び働きを怠けていた。主から示された百文の小銭欲しさに二年ぶりに敵の伊賀者を殺める。 そこには「天正伊賀の乱」に導く謀略が張り巡らされていた。史実に基づく壮大なドラマ、われらの時代の歴史小説。

3.2

忍びの国

15:07:By ほんのひとこと

お金でしか動かず情けなど持ち合わせない伊賀忍者たちは 仲間同士での殺し合いもしょっちゅうだ。 しかしおよそ人情のかけらもない伊賀に失望した平兵衛は 最近勢力を拡大してきた織田信長の息子である 織田信雄に… このレビューの続きを見る

忍びの国

16:24:By 受賞本

 忍びの国  著者 : 和田竜  受賞歴 : 第30回吉川英治文学新人賞 ノミネート

「のぼうの城」がおもしろかったので、さかのぼってみました。デビュー作です。こ れ が も う 。歯が抜けるほど面白かったです。まあ、多少ライトノベルな感はありますが、それはキャラが立ちすぎてるからで… このレビューの続きを見る

のぼうの城の著者、和田竜さんの作品。 今度の主役は伊賀の忍び。それだけで心躍るのは、自分が生粋の忍者好きだからw そう、思い起こせば1○年前。当時SFCでハマりにハマりまくったFF5で一番最初に4人ともジョブ… このレビューの続きを見る

新潮社 / 2008年5月初版 / 1500円 俺たちは、何も信じちゃいない。 『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。 親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜… このレビューの続きを見る

伊賀一の忍び、無門は西国からさらってきた侍大将の娘、お国の尻に敷かれ、忍び働きを怠けていた。主から示された百文の小銭欲しさに二年ぶりに敵の伊賀者を殺める。そこには「天正伊賀の乱」に導く謀略が張り巡ら… このレビューの続きを見る

 なんというか郵便って高いですよね…… クロネコメール便に慣れてしまうと、結構ショッキングなものがあるのですが…… メール便って事故の心配とかあるんでしょうか。到着するのはメール便の方が遅いと言います… このレビューの続きを見る

3.2

忍びの国

20:00:By 小春日和の本棚

JUGEMテーマ:読書 出版社 / 著者からの内容紹介 俺たちは、何も信じちゃいない。『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜… このレビューの続きを見る

3.2

忍びの国

10:01:By 空の雫

俺たちは、何も信じちゃいない。『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。戦国大名不在の… このレビューの続きを見る

3.2

忍んでます。

20:29:By 一日一讀

読みましたよー、かやのさん。 なるほど、時代モノをあまり読まない私でも、すんなりと入り込めました。面白い! キャラのくだけ具合が良いんですかね、やっぱ。 名前や地名に関しては全ページにルビがほしい、とか少しばかり思ってしまった慣れない時代小説読みのこころ。 俺一番、損得勘定金一番、非人道をゆく戦国忍集団。忍術を駆使した戦いの場が、なかなか読み応えありです。

3.2

忍びの国

00:35:By The Samantha Times

またしても途中脱落。 なぜだあ。 つまらない!とか憤慨するわけじゃないけど、 つぎへつぎへ行こうという意欲はわかず。 もしかして時代物小説苦手なのか???

3.2

忍びの国

21:06:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 俺たちは、何も信じちゃいない。『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残… このレビューの続きを見る

忍びの国

16:55:By duffer日記

のぼうの城を読もうと思っていた矢先にこちらが目に付き、先に読んでみた。なるほど面白い。無門がとてもかっこいいし、だらしないし、魅力的。多分のぼうの主人公もこんな感じなのかな。

楽しみです

04:29:By 車のある生活

日曜日に本屋をふらふらしていたら、眼に入ったので、思わず購入してしまいました。 この著者(和田 竜氏)は、あの「のぼうの城」の著者であります。「のぼうの城」は、とてもシンプルな文章で、史実に基づくと… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品