>
[Amazon] ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国
ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国で自分のブログにレビューを書く

ローマ人の物語 迷走する帝国

おすすめ!4.3 [4.3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:202327位
  • 定価:¥ 3,024
  • Amazon価格:¥ 3,024
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103096217(新潮社)
ローマ人の物語 (12) 迷走する帝国のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 4.3 [4.3]

坂を転がり始める3世紀のローマ。「ローマ」という運命共同体への個々のインセンティブが下がってきたのはなぜか。数ある中で因子の中でも特に、ローマ市民権の既得権化が大きな影響を与えたのでは、と七生たんは分析する。なるほどな、の一言。

 この国を危うくするものは何か? 私が11巻の書評で明らかにした 「帝国の紐帯としてのローマ市民権の喪失」という概念を 12巻で著者は、「取得権の既得権化」として説明しています。 そして、著者は「ローマ… このレビューの続きを見る

関連する商品