DB Error: connect failedDB Error: connect failed 晴天の迷いクジラ - 窪 美澄 のレビュー全10件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 晴天の迷いクジラ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

晴天の迷いクジラ
晴天の迷いクジラで自分のブログにレビューを書く

晴天の迷いクジラ

おすすめ!3.7 [3.7](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:274937位
  • Amazon価格:¥ 1,507
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103259221(新潮社)
晴天の迷いクジラのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.7 [3.7]

3.7

親の愛って

22:46:By 招き猫な暮らし

 3人兄弟の2番目で上の兄と妹に挟まれて育った田宮由人(たみや ゆうと)は母の愛に小さい頃から飢えて育ってきた兄は体が弱かったので母親は兄を溺愛していたし末っ子の妹も かわいがられていた。母親にか… このレビューの続きを見る

*あらすじ* ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ―― 壊れかけた三人が転がるように行きついた、その果ては? 人生の転機に何度も読み返したくなる、感涙の物語。 *感想* 「死にたい」… このレビューの続きを見る

3.7

晴天の迷いクジラ

18:50:By 読書三昧

これね〜。 なんかで読んだことあるんよね〜。 と、数行読んだところで思ったんだけど、 そのまま読み進めると知らない話が。 アンソロジーかなんかで最初の章だけ読んだのかな。 生きてるってことは、辛い… このレビューの続きを見る

由人(24歳)、野乃花(48歳)、正子(16歳)、壊れかけた三人が行きついたところは…? なんとも息苦しい、どうしようもなさ。 ちょっとドラマチックにし過ぎじゃない?って思っちゃうけど、読後感は悪くない。 人は迷いながら、死に向かって生きてるんだよね。 (3日読了)

JUGEMテーマ:読書 やっと気づいた。ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ――。心療内科の薬が手放せない青年、倒産しそうなデザイン会社の孤独な女社長、親の過干渉に苦しむ引きこもり少女。壊れかけた三人が転がるように行き着いた海辺の村で、彼らがようやく見つけたものは? 人生の転機にきっと何度も読み返したくなる、感涙の物語。

JUGEMテーマ:小説全般 仕事の忙しさから鬱になり、恋人に振られ、勤めていたデザイン会社がつぶれそうな・・・主人公24歳ってもう!ああいかんぜよ、自分と重ねるでないよ。そういう読書の仕方ってあまりよく… このレビューの続きを見る

ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ――『ふがいない僕は空を見た』の著者が放つ待望の二作目。感涙長編小説。壊れかけた三人が転がるように行きついた、その果ては?人生の転機に何度も読み返したくな… このレビューの続きを見る

                人の生き様の中にこんな気持ちに           なったことがあっただろうか・・・               迷って来たのではなく、人恋しさだったら           海に返す事がよかっただろうか               人それぞれの人生を重ねると           考えさせられる読書感であった。

ただ、死ぬな、って言えたら良かったんだ。 『晴天の迷いクジラ』 窪美澄 ただ死ぬなって、 生きていてほしいって、 全く知らない人だっていいから、 そう言ってもらえるだけで人は生きていけるって思いま… このレビューの続きを見る

“ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ”  先日買ったと書いたこの作品を読了しました。じらしてから読むとも書いたくせに、ちょっと読んでみたら最後まで読まないと気がすまなくなってしまい(笑)… このレビューの続きを見る

関連する商品