>
[Amazon] きことわ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

きことわ
きことわで自分のブログにレビューを書く

きことわ

おすすめ!3.3 [3.3](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:374203位
  • Amazon価格:¥ 1,296
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103284625(新潮社)
きことわのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.3 [3.3]

朝吹真理子の 「きことわ」を読了。 芥川賞作品はとっつきにくいイメージがあったのだけど、 図書館へ行ったら3冊も置いてあったので借りてみました。 貴子と永遠子。 25年ぶりに再会した2人の女性の… このレビューの続きを見る

3.3

きことわ

22:51:By くねくね式

芥川賞受賞作。 貴子と永遠子という2人の女性のお話です。 少女時代の夏休みの短い間だけ別荘で一緒に過ごしていた二人は、20年以上経って再会することになります。 とはいえ、何かが起きるわけでもなく。淡々と物語は進み、終わります。 文体が女性らしくて柔らかくて心地くて、特に子供の頃独特の髪の柔らかさと幼いニオイや高い体温のようなものを感じました。結構好きかも。

<文章の美しさに陶酔し、そして読者自身の幼少期と現在、そして未来を照らし合わせてみる格好の機会を与えてくれる一冊。> 第144回芥川賞受賞作品。芥川賞作品なので短いですが、じっくりと腰を据えて読ま… このレビューの続きを見る

とりあえず読みました、と。。。

永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。 葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる――。第… このレビューの続きを見る

 2011年度芥川賞受賞作品。 ・・ということで、図書館で借りて読んでみた。 小学生の頃に毎日のように会っていた、年の少し離れた女の2人が、おばさんになってから再会するストーリーなんだけど、舞台が鎌倉… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。 ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる―。 第144回芥川賞受賞。

きことわ

11:51:By planet17

内容(「BOOK」データベースより) 永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前… このレビューの続きを見る

♪ ♪ ♪

11:31:By Anderuschka.

 長野先生の「左近の桜」を読み終えたので、今はこっち。  あらすじがあっさりしてるのに、中身がこう何ていうか、やっぱり芥川賞受賞作だなっていう難しさがある。  たぶん、わたしの頭が固過ぎるんだと思い… このレビューの続きを見る

♪ ♪ ♪

11:30:By Anderuschka.

 長野先生の「左近の桜」を読み終えたので、今はこっち。  あらすじがあっさりしてるのに、中身がこう何ていうか、やっぱり芥川賞受賞作だなっていう難しさがある。  たぶん、わたしの頭が固過ぎるんだと思い… このレビューの続きを見る

第144回芥川賞受賞作品の朝吹真理子さんの『きことわ』を読みました。 ストーリーは永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。 葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。 ある夏、突然断ち切られ… このレビューの続きを見る

3.3

きことわ

11:15:By 刺激のひとつぶ

JUGEMテーマ:読書  西村賢太さんとのダブル受賞もさることながら、美女と野獣という対照性も話題になって、1人受賞より随分関心を引く結果になったのではないでしょうか、朝吹真理子さん。 川上弘美さんの… このレビューの続きを見る

 第144回・芥川賞の選考委員会が1月17日に行われ、朝吹真理子氏『きことわ』と、西村賢太氏『苦役列車』がダブル受賞しました。 ですが、世間は朝吹さんの話題で持ちきりです。まあそれも、当然といえば当然… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品