>
[Amazon] 股間若衆―男の裸は芸術か

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

股間若衆―男の裸は芸術か
股間若衆―男の裸は芸術かで自分のブログにレビューを書く

股間若衆―男の裸は芸術か

おすすめ!3.3 [3.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:40494位
  • Amazon価格:¥ 1,944
  • ユーズド価格:¥ 1,440
  • ISBN/ASIN:4103321318(新潮社)
股間若衆―男の裸は芸術かのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.3 [3.3]

 木下直之の『股間若衆 男の裸は芸術か』を読んでいる。面白い。銅像マニアみうらじゅん先生のご本みたいだけど、木下さんはれっきとした東大教授で巷で股間をさらす男性裸像の股間の公然猥褻問題を真面目に論じ… このレビューの続きを見る

「アート」とか「味」という類の言葉は結構便利で、世の中の大部分はそれでどうにかなってしまう。それらを口にさえすれば、え?と思うようなものも、え?と思う側の人を無粋にしてしまう、なんとも… このレビューの続きを見る

「アート」とか「味」という類の言葉は結構便利で、世の中の大部分はそれでどうにかなってしまう。それらを口にさえすれば、え?と思うようなものも、え?と思う側の人を無粋にしてしまう、なんとも… このレビューの続きを見る

「アート」とか「味」という類の言葉は結構便利で、世の中の大部分はそれでどうにかなってしまう。それらを口にさえすれば、え?と思うようなものも、え?と思う側の人を無粋にしてしまう、なんとも… このレビューの続きを見る