>
[Amazon] 海辺のカフカ〈上〉

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海辺のカフカ〈上〉
海辺のカフカ〈上〉で自分のブログにレビューを書く

海辺のカフカ〈上〉

おすすめ!3.4 [3.4](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:70601位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103534133(新潮社)
海辺のカフカ〈上〉のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.4 [3.4]

海辺のカフカ/村上春樹

21:27:By

☆あらすじ 15歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。彼は長身で、寡黙だった。金属を混ぜ込んだような強い筋肉を持ち、世界でいちばんタフな15歳の少年になりたいと思っていた。東京都中野区にもしある日、空から… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 15歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。彼は長身で、寡黙だった。金属を混ぜ込んだような強い筋肉を持ち、世界でいちばんタフな15歳の少年になりたいと思っていた。東京… このレビューの続きを見る

 少し古い作品ですが、村上作品では、これが一番好き。 ミステリアスに過ぎる内容は、ファンの間でも賛否両論あったみたいですが、それらは、カフカ作品を受け入れられなかった人たちの評価か?

 あらすじ「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で 暮らすようになった。家を出るときに父の書斎か… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「田村 カフカ」15歳。 彼は、強くなるために家を出た。 まだ見ぬ母と姉の写真をリュックに詰めて・・・  ― 君は、これから世界で一番タフな15歳の少年になる。― 彼… このレビューの続きを見る

村上春樹の言葉は後の作品になるほど謎になっていく。 だけど益々魅力的になっていく。 何を言っているのかよく分からない。 だけど何となく分かるような気がして、 そして凄く大切なことを言ってる気がす… このレビューの続きを見る

あたしは場面が絡み合う小説が好きなのかもしれない。 その場面だけを読み飛ばしたくなる衝動を抑えて、順繰りにページを読み進めていくときのじれったさと、それを乗り越えてだんだんふたつの場面が収束してい… このレビューの続きを見る

時間と空間のない孤独――。 15歳の誕生日、田村少年は家を出た。帰る予定はない。 何かが起こる予感があった。それを恐れていた。 しかし確かめる必要もあった。自分が自分であるために。 世界で一番タフな15… このレビューの続きを見る

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 「場所の名前なんてどうだっていいんだよ。     そんなものに意味はないよ。  なんに意味があるかといえば、  私たちがどこ… このレビューの続きを見る

話題の真っ最中には飛びつかない。 ていうひねっくれた人が わたしの周りにけっこういて安心する・笑 もちろんこの本も、いまさら読んだ。 話題になってるときって、 いろんな批評が飛び交いすぎて、私はそ… このレビューの続きを見る

関連する商品