>
[Amazon] センチメンタルな旅・冬の旅

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

センチメンタルな旅・冬の旅
センチメンタルな旅・冬の旅で自分のブログにレビューを書く

センチメンタルな旅・冬の旅

おすすめ!4.2 [4.2](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:116894位
  • Amazon価格:¥ 3,240
  • ユーズド価格:¥ 846
  • ISBN/ASIN:4103800011(新潮社)
センチメンタルな旅・冬の旅のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 4.2 [4.2]

昨日の発表がトラウマ級に絶望的なものだったために鬱屈した精神のまま最早どうしようもない・・・と死んだように1日を過ごそうとしていましたが、友達に励まされ、勇気づけられて(ありがとう!!!!)「死ぬなら100… このレビューの続きを見る

アラーキーの写真集。荒木経惟さんって「経惟」さんを「のぶよし」さんって、いつも読めないんだよー。読む機会はあまりないですが。切ないです。奥さんへのラブレターみたいです。「センチメンタルな旅」が新婚旅… このレビューの続きを見る

4.2

アラーキーの写真集

00:01:By matthew

恥ずかしながら、自分は 写真家で名前を覚えているのは 篠山紀信と蜷川実花くらいでして、 最近新たに知ったのは タイトルの通り、アラーキーこと荒木経惟。 そのアラーキーの亡くなった奥さん(陽子さん)が主題… このレビューの続きを見る

写真集でこんなに涙がでたのは初めてです・・・。 写真家の荒木さんの妻・陽子さんとの、新婚旅行から、陽子さんが不治の病にかかってしまい、死の旅をする、までの写真集。 愛する人との、生を描く心の旅。 何気な… このレビューの続きを見る

カラダの一部

23:45:By **DAYS**

NHKで、アラーキーさんの特集をやっていた。 やっぱりかっこよすぎです・・・・涙 カメラを媒体にして風景を切り取るのではなくて、 もうカメラ自体が、アラーキーさんの身体のようにさえ見える。 2つの目と、もう1つ、ライカの目。 天才やなあ。 この写真集は、泣かずに最後までたどり着けた試しがない。

某女性雑誌で紹介されていて手に取りました。 癌で昏睡状態の陽子さんの手を荒木さんが握ると意識が戻り、 「眠りたくない」と。 それから何時間も話をしていたら突然首を横に振り出し、 イヤイヤしながら… このレビューの続きを見る

昨日の体調(胃腸?)の不調が今日も引き続き、 家族全員8時過ぎの起床。珍しく寝坊でした。 だらだらと家の中で何をするともなく過ごし、 気がついたら夕方。 慌てて買い物にでかけ、今日の夕飯は手っ取り早く 焼き肉にすることにしました。 久しぶりに3連休を取りました。 1日くらい、何もしない日があってもいい。 好きな写真集を見るともなく眺めていました。

ブログのタイトルを頂いた本です。 せつない、冬の旅。

「泣ける本」をネットで探して、この本を見つけました。 ランキングで上位の方でした。 作者は有名な写真家です。 病気で亡くなった奥さんのことを写真と文章で表現しています。 長年連れ添ってきた奥さんの病… このレビューの続きを見る

関連する商品