DB Error: connect failed 神様のボート - 江國 香織 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 神様のボート

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神様のボート
神様のボートで自分のブログにレビューを書く

神様のボート

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:158375位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103808055(新潮社)
神様のボートのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

「神様のボート」 作・江国香織   ■あらすじ 「あの人」を探して引越しを続ける母娘の話。   ■感想 暗い・・ッ! この本に対してあまりいい感情はありません。 私がまだいっぱし… このレビューの続きを見る

なんとなく、タイトルと表紙の絵で決めた一冊。 物語は葉子(母)と草子(娘)の日常を描いたもの。 ピアニストの葉子は別れた夫のことをずっと待ち続けており、同じ場所にいつづけてそこに馴染むと二度と会えなく… このレビューの続きを見る

江國香織の『神様のボート』を読みました。 「骨まで溶けるような恋」をして生まれた草子と一緒に、 日本各地を旅して回る葉子の物語。 葉子は、樋口可南子だな、と思いました。 短い髪をして、やせ… このレビューの続きを見る

あの恋を後悔したことはない。彼には奥さんがいて私も結婚していたけれど、私は彼の子供を産んだ。「必ず戻る」と姿を消した彼を追い、私は全てを捨てて旅に出た。 いまいち分かり難かったかなぁ、と思います。… このレビューの続きを見る

男子禁制の小説。 十年以上前に失踪した恋人との再会のために旅を続ける葉子と、葉子に連れられて、生まれたときから旅をしている娘の草子。葉子の恋と草子の成長の物語です。 あとがきで江國香織は狂気の物語、… このレビューの続きを見る

3.5

危険な小説

00:12:By 一日一讀

って、江國香織が言ってますね。 そう思います。 彼女の作品には好き嫌いがあるけど、これはダントツで好きです。 一番共感する。 その、主人公の(二人いるけど、親のほう)孤独感とか、愛に対する渇望感が・・・… このレビューの続きを見る

関連する商品