>
[Amazon] なんくるない

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

なんくるない
なんくるないで自分のブログにレビューを書く

なんくるない

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:810121位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103834064(新潮社)
なんくるないのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

舞台は沖縄、何かに感謝したくなる、四つの物語。「ちんぬくじゅうしい」「足てびち」「なんくるない」「リッスン」の4編。 沖縄を舞台にした話で、やっぱり読むと沖縄に行きたくなる。ばななさんといえばオカルトだけど、そういう要素がない話もあって、あればまた来たよーと思うけどなければないで何だか物足りなく感じてしまった。なんくるないは今読むとトラが飲酒運転していて色々アウトだなと思った。

『なんくるない』 よしもとばなな 新潮社 2004年11月25日発行 最近、離婚を決意した友達がいたところに、離婚した人が主人公の『なんくるない』を読んでいろいろ思うところがあった。 そうはいっても、私には… このレビューの続きを見る

夏休みに旅行しながら読んだ。 毎日見る風景がそこで暮らす人々の生活に どれほどの影響があるだろうか。 わたしの人生は、 日常におけるちょっとした選択の連続で 成り立っている。 どこに住んでいても同… このレビューの続きを見る

なんくるない +books+

20:22:By arabesque

小説としての完成度は高くないと思うし、 沖縄への思いのはせかたも少し薄い感じがするけど、 切ない人生をを描くのは、 やっぱりさすがだと思いました。 タムくんの絵がかわいい♪

東京の最高気温が4℃なのに、沖縄のそれは22℃。テレビがそんな予報を告げる冬の一日に読んだ本。 そこには、沖縄の日ざし、空、海、風、雲、花、砂・・・それからゆったりとした時の流れ、辺りをたゆたう空気の粒子… このレビューの続きを見る

最近なんとなく、言葉では表現しにくいのですが、 ちょっと天気で言うと「雨が降りそう」な私でした。 ちょうど手に取ったのがこの「なんくるない」で、 よしもとばななさんの小説を読んだのは何年かぶり、で… このレビューの続きを見る

関連する商品