DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 博士の愛した数式 - 小川 洋子 のレビュー全24件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 博士の愛した数式

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

博士の愛した数式
博士の愛した数式で自分のブログにレビューを書く

博士の愛した数式

おすすめ!4 [4](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:109004位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410401303X(新潮社)
博士の愛した数式のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 4 [4]

 先週末古本屋であさったやつです。 ベストセラーですね。 映画化もされたみたいです。 うーん ほんとにこんな風に80分しか 記憶持たない障害ってあるのかな? じわーんとはしましたね。 こんな人に数学教えてもらえてたら 数学好きだったろうなぁ 非常にあっさり(笑

JUGEMテーマ:読書感想文 以前一度読んだ事があるのですが、 長女が読んで「泣いた!」というので再読しました。 ずいぶん前にNHKで 博士と同じような症状の方の日常をとり上げていました。 細かいところはうろ覚… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

23:19:By

 数学は小学校4年か5年かくらいから、鶴亀算とか色々出てきたときから苦手意識が芽生え始め、サインコサインとか言うときには既にダメになっていました。で高校2年で文理選択するときに迷わず文系に行ったので… このレビューの続きを見る

事故に遭い、1975年以降の記憶は80分しか保てない初老の数学者『博士』と、家政婦の『私』、そして10歳の息子『ルート』。 何度会っても翌日には初対面として出会わなければならない『私』たちだったが、素数を愛し… このレビューの続きを見る

いまさら、という感もありましたが・・・。 妹から「読みたい」と頼まれたので、図書館で借りてきました。 家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた数学者の家に 派遣される。 彼は17年前に交通事故に遭い… このレビューの続きを見る

さいきん1日1冊のペースで本読んでたたんだけど、これは薄いのに2日かかっちゃった。。 「5と6の素因数が一緒になる」 ・・・素因数?・・・そいんすう・・・ええっと・・ 小学生レベルの数学知識だけでは大… このレビューの続きを見る

仕事始め即校了ウィーク。 早々に夜通し朝まで仕事して寝て昼に起きる、 というサイクルになってしまった。 年明けからこれだと今年一年が思いやられるー。 さて本読み年明け一発目、2冊。 『犯罪小説家』の… このレビューの続きを見る

博士の愛した数式 小川洋子 新潮社 本屋大賞受賞で映画化もされた有名な作品。 読んだのもちょうど映画公開時だったような記憶が。 その後読み返していないので、記憶もおぼろげですが それでも未だに印… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

14:26:By

JUGEMテーマ:読書 家政婦として、元数学教授の家に派遣されることになった「私」。 誰にも心を開かない彼だが、 ひょんなことから、「私」の息子の存在を知り、「ルート」と名付けかわいがる。 ただ彼に… このレビューの続きを見る

制定以来、毎年楽しみにしている本屋大賞受賞作でした。(2006年度) 大賞作でしたが、数学(というか算数レベル)嫌いの私は、ずっと読むのを先送りに・・・。 いざ、読んでみると、これが面白いのなんの。。。 … このレビューの続きを見る

今ごろ‥ですね 新刊とはほとんど無縁なので、ひとつお許しをば。 いつか読もうという本は、 話題になろうが、映画化されようが、なるべくストーリーが耳に入らないようにしてます。 これはその策がうまくいったようで、新鮮な気持ちで没頭しちゃいました。 映画のキャスト、 主人公は中谷美紀がいいな〜と思って調べたら、深津絵里ちゃんだった(笑) でも、借りてこよっと。

JUGEMテーマ:読書 実家に置いてあったのを母がくれたのですが、しばらく読まずにいた本でした。本屋大賞も取り、映画化もされて話題の本だったのですが、「数式」というところにややアレルギーがあり、読む気に… このレビューの続きを見る

小川洋子『博士の愛した数式』(新潮社、2003年)。 博士の数への慈しみが軽快なリズムで描かれており、すうっと引き込まれてあっと言う間に読んでしまう作品だ。家政婦の「私」は、初めて博士を訪問したとき、… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

19:48:By 5han

別に悲しい最後ではないのになぜか涙が出てきた。 それは美しいと思ったからかね? 『美しい』という言葉はキーワード。 数学なんてケッな私でも数字ってすごいことを隠してやがるなーなんて関心した。 (なんで上目線なんだよ…) 記憶してるって辛いこともあるけれど、大切なんだなと思う。 こうして毎日会っている人、もの、こと、全てを覚えているって大事だ。 そして素晴らしいこと。

これも、一気に読んでしまいました。 まっいつも、本を読みかけのままにしておくと、結局前に戻ってみたりで、 わけがわからなくなるので、やっぱり一気に読む方がいいな。 結論から言うと、この本はかなりお… このレビューの続きを見る

わたしは小さい時から「算数や数学は大の苦手!」と公言していたほど、数字には 大変疎いです。 でも、そんなわたしでも何の抵抗もなく読めたこの本は、ある種の“数字の潔さ” みたいなものを教えてくれた気が… このレビューの続きを見る

交通事故の後遺症のため、80分しか記憶がもたない老数学者の“博士”と、その博士の家に派遣された家政婦の“私”。そして、私の息子の“ルート”。 この3人の心の交流を描いた心温まる物語。 物語はひたすら淡々… このレビューの続きを見る

やっとこの本読みました。 今週のゼミ発表で使えるかもと読んだんですけど、映画化されているのにこの世界観。 執着や記憶など小川洋子チックな世界に圧倒されました。 本屋大賞を受賞したのは作品の構成… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

17:01:By 杉浦別荘

数学的に美しく調和する物語、とでも申しましょうか。 これが出版された当時、吸い寄せられるように手に取り、以来、1年に1度は必ずこの本を2度も3度も読み返す日がある、というぐらい、私の好きな小説です。 … このレビューの続きを見る

「ぼくの記憶は80分しかもたない」。事故により、80分以上の持続記憶力を失った「博士」を世話することになった家政婦と、その息子ルートの優しいじかん。 このお話は、映画で一度みました。 映画をみてか… このレビューの続きを見る

彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子を、ルートと呼んだ。息子の頭のてっぺんが、ルート記号のように平らだったからだ。 あけぼの家政婦紹介組合に所属する「私」は、未婚の母。 派遣… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

21:06:By

話の中にとてもドラマティックな展開があったわけでも 大どんでん返しがあったわけでもない。 淡々とした毎日が綴られていく。 その中に 8時間しか記憶できない という病気(になるのかな)と 数字について… このレビューの続きを見る

4

博士の愛した数式

17:21:By

test

家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか… このレビューの続きを見る

関連する商品