DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ちんぷんかん - 畠中 恵 のレビュー全36件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ちんぷんかん

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ちんぷんかん
ちんぷんかんで自分のブログにレビューを書く

ちんぷんかん

おすすめ!3.5 [3.5](36件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:368089位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104507075(新潮社)
ちんぷんかんのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(36件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:本 『鬼と子鬼』 若だんなが火事で煙を吸いこんで、賽の河原まで来ちゃう話。 半分死んでしまってますねw 死んでしまったというのに、状況が分かっていない鳴家とお獅子たちが可愛いww 兄… このレビューの続きを見る

ちんぷんかん

01:47:By ◆Ruri+Hari†◆

ちんぷんかん 畠中恵 新潮社 しゃばけシリーズ第6弾。短編集。 「鬼と小鬼」 「ちんぷんかん」 「男ぶり」 「今昔」 「はるがいくよ」 今回もしゃばけらしい話だなーと思います。 問題を全部解決しないで残していく苦いところが。1話目と5話目が特に。5話目の終わり方が好きだな。あと表題作の前向きな感じも好き。

ちんぷんかん

21:32:By 2人と2匹

 『しゃばけ』シリーズを買い始めたのはええけど、文庫を手に取ったもんやから6作目の『ちんぷんかん』から先がなかなか読むことが出来へん。(-_-;) かと言うて、今更新書に手を出すほどの余裕はないし… と… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面白さ盛りだくさん!大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

ちんぷんかん

11:44:By

 しゃばけシリーズ6作目。短編5作入りで、相変わらずどれもこれも面白いお話だったー。しゃばけで単行本化されてるのは残り1冊なんだけど、このままだとそれもすぐに読み終わっちゃいそう。そうしたらあたしゃどうすればいいんだ!雑誌掲載分にまで手を出しかねないイキオイだぜ。。。

 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。若だんなと鳴家の三途の川縁… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 若だんなが三途の川で溺れてる? そりゃいけねぇ。 すぐに助けに行かないと! で、三途の川ってのはどこにあるんで? − 頼りになるのかならぬのか、ど… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   内容(「BOOK」データベースより) 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とう… このレビューの続きを見る

読んだ人全員そう思ってるだろうけど、最後の話は切なすぎるわ・・・ これ、妖たちみんなが一太郎についてそう感じてるんだろうけど、特に手代二人には辛すぎる。 ずっと長くいきているから、描かれていなくても、… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ いつも病弱で毎日元気に(?)寝込んでいる長崎屋の若旦那・一太郎。火事での煙をすって気づいたら三途の川にいたっ?!ついてきた家鳴を元の世界の戻してあげなきゃとあれやこれやと策を練ります。いつも助けてくれるにいやの仁吉や佐助はいません。それでも若旦那の持ち前の芯の強さで乗り切ります。シリーズ第6弾!!!プラス妖の生と死について書かれた短編もあり。

3.5

ちんぷんかん

23:54:By Briar-Woods.

大店「長崎屋」の一人息子としてなに不自由ない暮らしをしているはずなのに、あまりにも病弱すぎていつも「こまめに死にかけている」若だんなと妖たちの繰り広げる日常生活と事件を描いたシリーズの第6作。 前作… このレビューの続きを見る

3.5

ちんぷんかん

18:21:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 若だんなが三途の川で溺れてる? そりゃいけねぇ。すぐに助けに行かないと! で、三途の川ってのはどこにあるんで?――頼りになるのかならぬのか、どこかとぼけた妖たちと誰より病弱な若だん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  やっと図書館の順番が回ってきたよーーーで、また一晩で読み終えてしまいました  近頃は若旦那らしさが見られなくて、ちと残念な日々だったのですが、最後のお話は良かったです… このレビューの続きを見る

江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。 「しゃばけ」シリーズ第6弾 … このレビューの続きを見る

3.5

ちんぷんかん

17:10:By natural days

地元の図書館で借りてきましたー!しゃばけ最新刊。 いくら好きでも単行本じゃ高くて買えませんのでw

ちんぷんかん

22:52:By topo di biblioteca

久々に小説読みました。 これまた長〜いことかかって読みきったんですけどね。 今作は、いつにもまして弱々しい若だんなで… 病弱なのはいつものこと、と思いつつもお話の内容的に「ホントに大丈夫?」と… このレビューの続きを見る

3.5

ちんぷんかん

21:09:By nonchalant

期待を裏切らない! おかしくて、心がほっこりして、ちょっぴり泣ける。 「はるがいくよ」が泣けた!!独眼流正宗の後藤久美子みたいな、超がつく美少女でドラマにして欲しいな〜。

かわいいなぁ、そんで切ないなぁ。 同じような日々が続いていくようなのに、自分の周りにいる人は少しずつ変わっていく。それを自覚するたびに胸がちりちりと痛む。寂しいと思ってはいけないと、思ってしまうの… このレビューの続きを見る

ちんぷんかん

00:03:By よそゆき

三途の川のほとりには鬼がいて―――「鬼と小鬼」 妖退治の寛朝の弟子である秋英が、妖絡みの相談を一人で受けることになり―――「ちんぷんかん」 おっかさんがおとっつぁんと結婚したわけとは―――「男ぶり」 松之助兄… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 しゃばけシリーズの第六弾でごじゃります。 しょっぱなから火事騒ぎ! 煙を吸い込んだ若旦那が三途の川まで飛ばされて しまい、袂に入っていた鳴家共々、川原で石積み! 兄やたちのこ… このレビューの続きを見る

≪内容≫ いつも病弱で毎日元気に(?)寝込んでいる長崎屋の若旦那・一太郎。火事での煙をすって気づいたら三途の川にいたっ?!ついてきた家鳴を元の世界の戻してあげなきゃとあれやこれやと策を練ります。いつも助けてくれるにいやの仁吉や佐助はいません。それでも若旦那の持ち前の芯の強さで乗り切ります。シリーズ第6弾!!!プラス妖の生と死について書かれた短編もあり。

JUGEMテーマ:読書  ドラマ放映が近づき、近所の本屋さんでの売り場も広がった、このシリーズ。  今回も例外なく、若だんな、無事に(?)病気になっています。しかも、火事 の時に死にかけて、… このレビューの続きを見る

しゃばけシリーズの最新刊(…だよね?) ドラマ化とか、ちょっとショックでしたが。 まだCGや特撮に予算が割ける映画とかならまだしも…。 (そして特撮がILM並なら…) 短編だけど、連作形式。 「はるがいくよ」が一番綺麗で好きなのですが、 「男ぶり」もちょっと女の子としては楽しかったです。

3.5

ちんぷんかん

22:23:By くねくね式

「しゃばけ」シリーズ六作目。 つつつ、ついに若旦那が三途の河を渡る・・・? 最後のお話が切なかった。 妖怪たちが若旦那と別れることを嫌がっていて、死なずに済む方法を暗に薦めてくるんです。 それだ… このレビューの続きを見る

《あらすじ》 火事で長崎屋を含む一帯が焼け出された。若だんなの一太郎は火事場で煙を吸ってしまい、三途の川の手前まで来てしまった。一緒についてきた鳴家たちを帰すため、賽の河原で一太郎はなんとか現世に戻… このレビューの続きを見る

で、三途の川ってのはどこにあるんで?――頼りになるのかならぬのか、どこかとぼけた妖たちと誰より病弱な若だんながお江戸の町を舞台に大活躍する、ご存じ「しゃばけ」シリーズ最新刊! 若だんなの三途の川縁冒険… このレビューの続きを見る

お久しぶりでございます。m(__)m ちょっと、ブログをお休みしておりました。 が!本だけはたくさん読んだので、まとめて投稿したいと思います。 「しゃばけ」シリーズの最新刊です。 ようやく順番が回って… このレビューの続きを見る

3.5

ちんぷんかん

00:15:By

若だんな、体なおるのかな〜 二人のあにぃがやっぱり大好きなんだが、貧乏神も大好きです。 でもこの貧乏神、いるだけで貧乏になるわけじゃなくて憑くぞおっぉぉお〜ってなってから効果を発揮するらしいよね。 最後ちょっと怖かったわ、金次さん。

しゃばけシリーズ第六弾。 発売されてすぐに買ったのに、読むのを忘れておりました…。 しゃばけシリーズがドラマ化するという話を聞き、まだ読んでなかった!という事を思い出した次第。やー、あぶなかった。 … このレビューの続きを見る

新潮社 / 2007年6月20日初版 / 1400円 若だんなが三途の川で溺れてる? そりゃいけねぇ。すぐに助けに行かないと! で、三途の川ってのはどこにあるんで? ――頼りになるのかならぬのか、どこかとぼ… このレビューの続きを見る

作品紹介 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。 若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面白さ盛りだくさん!大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

ちんぷんかん

22:59:By たちばな

このシリーズの短編はあまり好きではなかったんですが、今回はいい話だったと思いました。 表紙の絵が誰なのかみんな分かると嬉しいです。

私が今、最もはまっているシリーズ「しゃばけ」の最新刊。 前作の「うそうそ」が長編で、ちょっとしゃばけのよさが生かしきれていない 印象を受けたのですが、これを読んでやっぱりしゃばけは楽しいなぁと実感。 … このレビューの続きを見る

江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に・・・。若だんなと鳴家の三途の川… このレビューの続きを見る

大火にまかれ、今度こそ三途の川を渡りそうになった若だんな。変わっていく周囲の環境に思わず寂しくなったり…。 今度の話は、三途の川まで行ってますので(笑)あまり洒落になりません。少しづつでも若だんなの… このレビューの続きを見る

ちんぷんかん

22:21:By 薄曇

 「しゃばけ」シリーズの新刊が出ました。第六弾。大好きなシリーズであります。 あれこれ書かなくても、人気作なので御存じの方も沢山いらっしゃるかと思いますが、一応作品の基本部分のみご紹介。 江戸の大… このレビューの続きを見る

関連する商品