DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 風が強く吹いている - 三浦 しをん のレビュー全108件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 風が強く吹いている

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

風が強く吹いている
風が強く吹いているで自分のブログにレビューを書く

風が強く吹いている

おすすめ!4 [4](108件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:81303位
  • ユーズド価格:¥ 102
  • ISBN/ASIN:4104541044(新潮社)
風が強く吹いているのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(108件) 4 [4]

4

走る

11:20:By 心は丸く、

内容(「BOOK」データベースより) 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いか… このレビューの続きを見る

箱根駅伝が面白い!! 熱い!燃える!たぎる! ずっとみていても飽きることがない。 男たちの熱い戦いはカッコいい。 駅伝やマラソンが好きな方 本が好きな方ならオススメは三浦しをんさんの 「風がつ… このレビューの続きを見る

 映画化されていたことも漫画にもなっていたことも読んでから知りました、、。表紙絵と「三浦しをん」ということで図書館でなにげなく借りたのですが、、。とても読み応えのある骨太な素敵なお話。「船を編む… このレビューの続きを見る

 三浦作品としてはかなり初期作品で、コミックにも映画にもなった有名作品である。それをなぜ今頃紹介するか。今頃、読了したからである。「だってさぁ、何か小恥ずかしいタイトルだし」「駅伝か。まーーった… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離… このレビューの続きを見る

「俺は知りたいんだ。走るってどういうことなのか。」  人生の中で「やれるだけやりきった」と思える瞬間はそんなに無いと思います。どれだけ頑張れるか、それを試すことの出来る時間は限られていて、その時間の… このレビューの続きを見る

 知っているのに、つい見過ごしてしまう映画があります。話題になっているのに、つい読まずにきてしまった本というのも、ごまんとあります。というか、名作と呼ばれる本の殆どを読まずに人生を過ごしてきてし… このレビューの続きを見る

駅伝がテーマの青春小説。 男ばっかりなのに、ひたすら爽やか。 気持ちいい読後感。 高校時代からランナーとしての才能を強く発揮してきた蔵橋走。 ちょっとしたきっかけで彼の走りに惚れ込んだ清瀬灰二は、 … このレビューの続きを見る

「速く」ではなく「強く」。目指せ箱根駅伝! スポ根青春小説は守備範囲じゃないんだけど、映画化もされてるし、三浦さんだし、ずっと読みたかった1冊。 思ってた以上に胸が熱くなったー!! 竹青荘の個性的な面々も、なんか憎めないキャラばっかりだし、面白かったー!! なんか走りたくなった(笑) (16日読了)

と〜ってもおもしろかった

〈story〉 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも… このレビューの続きを見る

4

初詣

16:07:By cocconino * blog

2日に地元の神社に初詣。小吉。(って、凹。) 4日に友達と明治神宮に初詣。御製。「心」でした。 明治神宮は、吉凶を占うおみくじじゃないのです。 (http://www.meijijingu.or.jp/sanpai/7.html) 不謹慎で… このレビューの続きを見る

昨年読んだ風が強く吹いている を読んで 今まで興味のなかった箱根駅伝を観ています。 こちらが、terraが風が強く吹いている を読んだときの記事です。 〈novel〉風が強く吹いている...三浦しをん。 東洋大学… このレビューの続きを見る

昨年、風が強く吹いている を読んで 「絶対来年は箱根駅伝を観よう!!」 と心に決めていたterraです(。・Θ・。)ノ 決めていたわりにはゆるーいterra。 起きたら箱根駅伝、はじまってましたorz。 朝7時から放送してい… このレビューの続きを見る

箱根駅伝を目指す、男子大学生たちの青春小説! 駅伝・・・全くもって興味ないし、見たことすらない・・・。 と思いつつこの本を手に取ったのは「三浦しをん」だったから。 三浦しをん・・・あなたは素晴らしいよ。 感動… このレビューの続きを見る

4

風が強く吹いている

21:17:By memo

JUGEMテーマ:読書 走(かける)は高校陸上界で将来を嘱望された選手だったが、組織に縛られて走ることに嫌気がさしていた。自由に、ただ思うままに走ることにだけ執着する走は、大学入学直前のある夜、コンビニで… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている とマラソン1年生に影響されて 今月からまじめにランニングをちゃんと始めようと思うterraです(。・Θ・。)ノ 運動は大好きなんですが、辛いのは嫌いなのです(´Д`A;) 今日は陽が落ちてから7km強… このレビューの続きを見る

〈story〉 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも… このレビューの続きを見る

純粋に感動しました。私はスポーツにはまるで関心がなく、W杯すら一度も見なかったという非国民なんですが、素直に楽しめました。 この小説に関してはなんの前知識もなくて、しいていえば三浦しをんさんの小説が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:つぶやき。  先月からずっとゴールデンウィークのterraです、こんにちわ(◡‿◡✿) 毎日がお休みなので今がGWだと気づきませんでした。 ダメ人間まっしぐら中です┗(… このレビューの続きを見る

先週も何冊か本を読みましたが、今一つ良いものがありませんでした。そんな折、ふと妻の手元を見たところ・・・この本があったので読んでみました。表紙のイラストは山口晃氏。浮世絵風の洒落れたもので、読了後に… このレビューの続きを見る

 三浦しをん2作目!この人ホントに面白いな!びっくりする!ホントなんで今まで読まなかったのか不思議!ふしぎ!箱根駅伝は、お正月の恒例行事。家族で毎年見ててなんか盛り上がる。大好きだったけど、これ… このレビューの続きを見る

だいぶ前に読んで、程よく詳細を忘れたのでもう一度♪ 今年のお正月に箱根駅伝を見ていたら、また読みたくなってしまったという事情もあり。 すでにだいぶ前に文庫化もしているので、文庫版を買おうかな〜と思って… このレビューの続きを見る

これの前に「まほろ駅前多田便利軒」を読んで、それもけっこうおもしろかったのだけど、こっちのほうが断然好き!とあるアパートに集まった10人の大学生が箱根駅伝を目指す…というストーリー。登場人物がくせ者ぞろ… このレビューの続きを見る

生きてます

23:49:By ino/s apel

ちゃんと生きてます。 今日は本屋さんまでぐうたら身体を引きずって 就活とか関係の本を漁ったり、仕事についての本を漁ったり。 梅田のジュンク堂。 「働く」ということには すごく前向きでいる。ように努力して… このレビューの続きを見る

 本当はお正月に読みたかったんだけど、ちょっとおくれて今週から読みはじめて、昨日読み終わった。本屋大賞にもノミネートされてるらしい。  陸上部なんてあったっけ? っていうような大学から、無謀にも箱根駅… このレビューの続きを見る

昨夜吹き荒れた風のせいか、今日はすっかり冬。 冬のしんと冴えた空気に合う本を、と思って今日からはこれ。 もう3回目くらい?けど、ちっとも問題にならない。何度読んでも、走とハイジさんの出会いは鮮烈だ。胸をさらって駆け出していく。

 JUGEMテーマ:読書駅伝、この熱いテーマをどうやって描くのかと、はらはらドキドキしながら表紙をめくった。何を隠そう…私は駅伝オタクだ。毎年テレビで放送される駅伝は欠かさず見る。特集番組も、箱根駅伝… このレビューの続きを見る

 『風が強く吹いている』観て来た。小説のほうが面白いんじゃねえかな、と思った。読んでないけど。メンバーそれぞれの特長や機微が掘り下げられてない印象。ドラマとしてももっと盛り上がってもいいと思う。… このレビューの続きを見る

 映画「風が強く吹いている」を見ました。・・・・林くんが出ているスポーツもの、林くんはすごくいい。すごく良いんだけれど、すごく良い分、、、、 脚本なんとかならんのかね?! と思ってしまう。 あ、… このレビューの続きを見る

 主人が通勤のおともに買いました。今年の初めのことですが、ほどなくして映画化されることを知りました。 で、最近、寛政大のジャージ集団をテレビで見かけるようになったので、私も手に取った次第。 タイト… このレビューの続きを見る

 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とか… このレビューの続きを見る

 今、全日本の女子駅伝が終わりましたね。 「風が強く吹いている」読んでから、駅伝に興味を持ち、 今回、3区から気付いて、見ました。 なんか…シード権争いとか、すごい残酷なものだけど、 彼女達の涙はすご… このレビューの続きを見る

いい作品だと思うし、部活とかやってたらなおさら共感できるような、できないような。初心者が箱根を目指すなんて、現実離れしている!!とか思わないで。きっとここでの箱根は単なる象徴でしかなく、何か大きなも… このレビューの続きを見る

え、知らなかった

11:30:By le cahier

マラソンつながり。映画化するのか、これ!しらんかった!!見なきゃ。映画『風が強く吹いている』オフィシャルサイト

  あぁ〜、とにかく最高に面白くて泣けた。 高校時代、陸上界でも有力な選手だったが、怪我のために断念。 しかし 膝に爆弾をかかえてもなお、箱根駅伝への夢をあきらめきれないハイジ。 そんなハイジが大学生… このレビューの続きを見る

これ、ぜったい、このまま まんま 映画にできるよな〜 って思ったら 電車の中吊り広告に 文庫本がでたー その横に 映画化!!  あら、やっぱ、おんなじこと考えるのね。って思いました。 予断ですが、伊坂… このレビューの続きを見る

個性豊かなキャラクターが躍動する青春小説。部員10名の弱小陸上部が箱根駅伝出場を目指す。長距離を走るにおいて、重要なテーマは「はやさ」よりも総合的な「強さ」という事柄を、ゆるぎない「希望」というキーワードを軸に書いている。

風が強く吹いている

21:44:By 受賞本

 風が強く吹いている  著者 : 三浦しをん  受賞歴 : 2007年本屋大賞 3位

走が転がり込んだおんぼろ寮は実は陸上部の宿舎だった。 優秀な選手だったが怪我で休養していた清瀬に モテたい双子のジョータとジョージ、司法試験に合格したユキ、 ヘビースモーカーで5年生のニコチャン、留学生… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ… このレビューの続きを見る

4

収穫たくさん。

10:36:By knock ; lucK

+ 『イッツ・オンリー・トーク』絲山秋子のデビュー作。EDの議員とか、欝のやくざとか、なんかわけのわからないひとびとが、わけのわからない主人公中心にめまぐるしく生きていて、そこからある種のおかしみと、… このレビューの続きを見る

(高校〜一般) 高校時代はトップレベルだったが、ある事件をきっかけに陸上界を去った走。 そして走ることを愛し、才能あるランナーだったが、怪我をきっかけにやはり競技には出なくなった灰二。 ふたりの出会いか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 三浦しおんさんの風が強く吹いているです。 何故、今更という感じですが、初三浦しおんに挑戦ということを話したら薦められたので読んでみました。 作品全体にこもる静かな熱さがとても… このレビューの続きを見る

読んだもの

17:13:By 少年耽帝団

 この間偶然図書館へ行った際に見つけたので借りて帰りました。 三浦しをんさんの「風が強く吹いている」を紹介させていただきます。 要約すると、箱根駅伝の話です。 (詳しく書いてしまうとネタバレになって… このレビューの続きを見る

奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている(三浦しをん) 通称「アオタケ」の住人たち9名は個性派揃い。 双子、黒人、ヘビースモーカーにオタクの美男子。新入りの走(かける)に至っては菓子パン泥棒、そしてやっと揃った「10人目」。 … このレビューの続きを見る

あまりの懐かしさに 下っ腹の奥 何かが力一杯掴まれたような気がして 身震いした 風をわけていく感触 喉の奥の血の味と あの場の空気と におい どこか遠くで流れていく景色 なにもかもが聞こえなくなる あのわずかの間 遥か遠くにおいてきたはずの そんな記憶の塊が 思いがけず はっきりとした形を残していたことに 驚き 呆れる ああ ちょっと 走ってきます

4

いいなぁこれ。

22:53:By 樹木の陰で

冬休み直前に図書室で借りてきた本です。 最近続く「走り」モノ。 でもこれは・・・来たっ!!!>< 元々「一瞬の風になれ」好きなんで、これもハマるかなぁと思っていましたが、 ハ マ り ま し た 。 ※以下若干のネタバレあり注意※

10点中10点 三浦しをん先生の本は、これが2回目です。 1回目は『ロマンス小説の7日間』。あれはいかにも女性向けでダメでした。 ですが、今回は読んで良かったと素直に思えました。 図書館で良い表紙し… このレビューの続きを見る

だいぶ前に買って積んであった。 発売日は2年以上前… 「積ん読」にもほどがある。 そして読み終えて、いままで積んでたことを後悔した。 完全に僕のツボだった。 箱根駅伝を10人(しかも8人が素人で)だけ… このレビューの続きを見る

高校時代はトップレベルだったが、過去に問題を起こし、陸上界から離れた走。 そんな走を陸上に誘ったハイジとその仲間―たった10人で箱根駅伝を目指すことになる。 頂点は人によって違っていい。そこが自分にとって… このレビューの続きを見る

2008年おすすめ小説ベスト3を大募集! コミック以上に小説が好きです。 基本的にトップは不動なんですよね〜 と言うことで、 ?1『風が強く吹いている』 スポーツは嫌いです。 駅伝は正月のテレビ番組をつぶ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 小説の話題で記事を書かないわけにはゆかない。 

うおー、うおー! 超・感動!! JUGEMテーマ:オススメの本

私がこよなく愛する箱根駅伝なマンガなのですが。原作は同じ名前の小説。小説もかなり面白くてカバーがぶっ壊れるほど(実話)読みましたが、マンガのほうも面白かった。小説がマンガになったりすると大抵つまんな… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている の、舞台をやると聞いたので、チケットを取りました。 これは、箱根駅伝を舞台にした小説なのですが、もうあまりにおもしろくて大好きで、何も読む本がないときは、これを繰り返し読んでま… このレビューの続きを見る

君だったのか、俺が探していたのは。走るために生まれながら、走ることから見放されかけていた清瀬と蔵原。二人は無謀にも陸上とは無縁だった八人と「箱根」に挑む。走ることの意味と真の“強さ”を求めて……。新直木… このレビューの続きを見る

最初から最後まで、すごくおもしろかった!今までなぜ読まなかったか…!…まぁ、駅伝に興味なかったからなんですけど。(表紙で分かるよね) エッセイを斜め読みしたことはありましたが…初、三浦さんでした。 ほぼ… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ… このレビューの続きを見る

来週は天下の険

19:32:By たちばな

どうしよう…もう半分くらいまできちゃったんですけど。そろそろ予選が始まります。 葉菜ちゃんの苗字をずっと「かちだ」って読んでたら「かつた」でした。

読書感想文です。 ようやく読み終わりました。 この夏の読書はこの作品から始まりました。 箱根駅伝を目指す少年(青年?)達のお話です。 なぜこの作品を読もうと思ったか!? 来年、舞台化されるんですね。 今、… このレビューの続きを見る

これはかなり面白くて笑えた。 それに真剣な陸上ものとしても結構面白い。 こういう走る話好き。 喘息で走ったりとかあんまり出来なかったから、 余計に走ることに対する憧れとかあるんだろうなぁ。 話… このレビューの続きを見る

少々ぼろいがごくごく普通の学生寮であった竹青荘。 そこにはごくごく普通に9人の学生が生活していたのだが、 10人目の学生の入居が決まったその日、寮の中心人物である、 ハイジの強引な策略により、寮は箱… このレビューの続きを見る

この本を購入したのは2年も前のことになります。 「うわぁー分厚い」「しかも駅伝だもんなぁ、走るの嫌だなぁ」という理由で、積まれていた本書。かわいそうに。 今回、ついに読まなければならなくなり、重い腰… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。 ※ネタばれちゅうい んー最近なにか物足りない。 なんでだ?…あ、 この本を読み終わってしまったからだ…。 寝るまでの1時間ほどベ… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ… このレビューの続きを見る

4

風が強く吹いている

00:45:By chou*chou

前に友達がおすすめしてくれた 「まほろ駅前多田便利軒」がすごくおもしろくて それからエッセイとかも読んでみたけど、それもすごくおもしろくて。 三浦さんが書く話は好みだなぁと思っていたところに この間… このレビューの続きを見る

呑まれました。 膝に故障をかかえた清瀬灰二と暴力沙汰を起こした天才ランナー蔵原走の奇跡的出会いから始まった陸上素人も含む十人で挑む箱根駅伝。 箱根駅伝が主題ということで奈緒子みたいでしょーと軽い気持… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている / 三浦 しをん 読みたかった三浦しをんさん作品。 評判も良いようなので、早く図書館に入らないかなと首を長くして待っていました。――まったくもって、待っていた甲斐がありました。それく… このレビューの続きを見る

素人10人で箱根駅伝に挑戦。 そんな青春小説。 TVで箱根駅伝を見ながら読み終えた。 本の中の レースにドキドキし、TVに声援を送り・・・ あの中に 走が、ハイジがいるような気がして。 あらゆるス… このレビューの続きを見る

2回目です。やっぱりよかったです。いい読後感でした。思ったより1回目と違うことは感じませんでした。 小説家って本当にすごいですね。

立ち尽くす私の背を押す、追い風。 三浦しをんの作品ということで、図書室にあったこの本を手にとりました。読んでみたら、すっかり引き込まれてしまいました。 箱根駅伝に出る!という主人公たちの想いがだんだんひとつになっていくところも読みどころです。 私自身、持久走は好きだったので、話の中で出てくる苦しさとかがなんとなくわかって、感情移入がしやすかったです。

ぬぉおおおおおおー青春じゃねーーーーーっ!! いやもう、なんというか。愛です。こんなに真っ直ぐな思いを 描いた小説は久しぶりに読みました。 箱根駅伝は毎年テレビで見てますが・・・こういうドラマがある… このレビューの続きを見る

なかなかおもろいお(^^) 俄然走りたくなってくる 陸上素人が1年で箱根ってすごい 長距離は努力したぶん伸びる競技じゃけ、 できるんかなって思うけど・・・ まだ少ししかよんでないけどね〜 希望が見えてくるなあッッ んで トコロドコロ泣ける 12月の福山は11分40・・・ 行くよっ シオダのおじさんからシューズの連絡こんなあ まじで破れてきたw

読後感がとても良い本読み応えもあります 明日・明後日が箱根駅伝が開催される日だったら、テレビにかじりついて観てしまうと思います 駅伝に全く興味が無くても、十分に楽しめました ここ最近の私の中での大ヒットの本です JUGEMテーマ:読書

内容(「BOOK」データベースより) 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会い… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 走りとは力だ。 スピードではなく、一人のままで誰かとつながれる強さだ。 *** 全てを捧げながらも、故障によって走ることから見放されかけた清瀬灰二。 彼がそれでも希求し続けた… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/10/27〜2007/10/28 奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青春小説。

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ… このレビューの続きを見る

いやぁ、面白かった。 雰囲気を一言で現すなら、陸上版「テニスの王子様」。 主人公は反抗的ではありませんが、周りのがやがや感がそんな感じです。 主人公は当たり前のように強く、最後は必ず勝つ。 目に見え… このレビューの続きを見る

画像でお分かりの方もいるでしょうか? 装丁は「アートで候。」でも観た山口晃さんが担当されています。 久々にこんなに爽快感を味わいました。 「偶然にも最悪な少年」の爽快感もすごかったけど…これはまた別の… このレビューの続きを見る

露呈。

21:06:By Drop of Rain

長距離選手に必要なものは何か。 果てしない距離を走りきる持久力、強靱な心肺機能、毎日こつこつ積み重ねる地道な練習、必要な筋肉だけがついた無駄のない身体。 どれも大切で、一つでも欠けていたら致命的だ。… このレビューの続きを見る

箱根の山は蜃気楼ではない。 襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら 走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。 奇跡のような出会いから、 二人は無謀にも… このレビューの続きを見る

★★★★☆ 以前は感想も結構真面目に書いていたもんだけど 最近はシンプルかついい加減。

「長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにかわかるか」 「速い、ですか?」 「いいや。『強い』だよ」 「じゃあおまえら、いずれ死ぬからって生きるのやめんのかよ」 「きみに対する思いを、『信じる』… このレビューの続きを見る

ページをめくる手が止まらなくなってしまった。 大学の陸上部が物語の舞台。 陸上経験者が数人しかいないチームが一丸となって箱根駅伝を目指すというお話です。 寛政大学のボロアパートに住む個性豊かなユ… このレビューの続きを見る

「優勝できなきゃ、走れないのか? じゃあおまえら、いずれ死ぬからって生きるのやめんのかよ」 「俺は知りたいんだ。走るってどういうことなのか」 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放… このレビューの続きを見る

これは文句なし。 --- こう見えて僕は中学生と高校生と陸上部だった。どちらかというと確実に遅いほうだったが、3kmを超えれば野球部やサッカー部には負けない程度に走れた。つまり、距離が長くなれば長くなる… このレビューの続きを見る

私が健診の待ち時間の間に実母から借りて読んでいた本です。 内容は簡単に言うと、ほとんどが陸上素人の部員たった10人で 箱根駅伝を目指すというお話。 設定は現実にはありえないんだろうけど、 それでもすぐに引き込まれるくらいおもしろくて、 読後感もすっきりでした。 残念ながら賞はとれなかったけど 本屋大賞の候補にもなってたはず。 駅伝に興味がある人もない人もきっと楽しめる作品です^^

「走りとは力だ。スピードではなく、一人のままでだれかとつながれる強さだ。」 ―――(本文より) 読了しました!!!! なんかもう、よかったです。今胸がいっぱいです。 尊い。走ることって尊いことだった… このレビューの続きを見る

 今までで読んだ中で一番面白い本かもしれない。同じ陸上がテーマだからなのか一瞬の風になれとかぶるんだけど、こっちの方が断然面白いです。最後ちょっと泣ける。

「頂点を見せてやる」 出会った。しなやかな走りの男。 清瀬灰二は竹青荘の住人を巻き込んで、箱根駅伝を目指す。 巻き込まれたまったくの素人たちも、 徐々に走ることの魅力に取り付かれていき…。 今週のミ… このレビューの続きを見る

三浦しをんは大好きな作家だけれど、 これはどうも直木賞受賞後第一作! として急ぎすぎた感が否めない出来。 ボロアパートに集まった素人たちが10人きりで箱根駅伝を目指すというストーリーは面白いし、 ど… このレビューの続きを見る

おもしろかったぁ! 噂に聞くとおり、ありえない話なんだけど、現実的に考えて起こり得ないとか、本当にもうどうでもいい。青春どまんなかで読んでいて最高に気持ち良い。こんなに楽しいのはあたしがオタクだから… このレビューの続きを見る

本を処分することを考えると、日頃からなるべく図書館を利用しようと思ってます。どうしても欲しけりゃ買えばいいしぃ〜…と言いつつ、1度読めば結構満足するもんです。 しかし、唯一「やっぱり買おう」と購入にま… このレビューの続きを見る

走ることにほんとうに必要なのは「速さ」ではなく「強さ」。十人で走り抜け、頂点を目指す。 なぜだろう、激しく感動したのに、レビューをかくのをすっかり忘れていました。 オカゲで詳しいところを結構忘れて… このレビューの続きを見る

 走る姿がこんなにうつくしいなんて、知らなかった。これはなんて原始的で、孤独なスポーツなんだろう。だれも彼らを支えることはできない。まわりにどれだけ観客がいても、一緒に練習したチームメイトがいても、… このレビューの続きを見る

4

風が強く吹いている

22:01:By スピカ

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会い… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会い… このレビューの続きを見る

「箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら」 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二(ハイジ)と蔵原走(かける)。奇跡のような出会いから、二人… このレビューの続きを見る

・内容(「BOOK」データベースより)・ 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている

21:28:By

好きな本 三浦しをんさんの「風が強く吹いている」 自分が中長をしているのもありますがとても面白くて続きが気になってスラスラ読めました 走ること、仲間、襷をつなぐこと、襷の重さとは何か・・・ こんなに簡単に… このレビューの続きを見る

風が強く吹いている

21:22:By

めちゃくちゃ、おもしろかった! 昔から長距離走が死ぬほどきらいだった。いつ走っても苦しくて、口の中が血の味になったし、おなかも痛くなった。だから、ここに書かれている、走る楽しみは味わったことがないけど… このレビューの続きを見る

 私にとっては、『秘密。』収録の短編以外では、はじめてのしをんさんの 小説です。  前から興味はあったのですが、あまりスポーツ小説 に興味がなかったのと、ややぶ厚い本のため、好きなしをんさんの本… このレビューの続きを見る

関連する商品