DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 重力ピエロ - 伊坂 幸太郎 のレビュー全62件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 重力ピエロ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

重力ピエロ
重力ピエロで自分のブログにレビューを書く

重力ピエロ

おすすめ!3.5 [3.5](62件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:226360位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104596019(新潮社)
重力ピエロのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(62件) 3.5 [3.5]

眠れなくてオードリーのオールナイトニッポンを聴いているほしぐまです*突然ですが、今回は読書感想文を書こうと思います…というか、本日記というものを書いていて、最初の奴なので、1年前の中1の頃に書いたもので… このレビューの続きを見る

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

21:42:By MneMe fragments

監督: 森淳一 原作: 伊坂幸太郎 音楽: 渡辺善太郎出演: 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、鈴木京香、渡部篤郎 ハルが落ちてきた。のはとても綺麗なんだけど。家族の構造、この家族は最強・・・な… このレビューの続きを見る

 今日の夢。ぼろいアパートに引っ越してきた私は、向かい側の新築アパートに住んでる浪人生?国家資格の勉強中のお兄さんと恋をする夢でした。互いにカーテンを買ってなくて、生活感が筒抜けでなぜかどんどん… このレビューの続きを見る

   連続放課事件の現場には謎のグラフティアートが。 無意味な言葉の羅列に意味はあるのか? とある兄弟の物語。 なんとも言えないなー。 重いけど、軽く受止めやすいってとこが、タイトル通りとゆうか…いいタイトルつけたなぁ〜なんて感心しちゃう。 何気に黒澤さんが好きだな。他の作品にいるのか気になる。 (16日読了)

誕生日おめでとう! いえい! 課題が終わる気配がないよ。 いや、今日はお仕事いって死にそうなほど疲れたのですが、 そうも言ってられないので頑張らねば。 お昼に食べたパンがおいしかった。 重力ピエロ。 春が好き。 兄弟はいいよ! お父さんかっこいいよ! 特にびっくりな展開でもなくスラスラと読めた気がします。 映画も見てみたいと思ってみたり。 拍手返信

 伊坂幸太郎初体験だ。 村上春樹の読者層に受けていると雑誌に書いていて期待したのだが、あまり村上春樹を連想することはなかった。 独特の軽さと知性とこだわりと諧謔と都会風なとこが似てるというとこな… このレビューの続きを見る

ロビンさん、芋が好きなあまり、ついに生で食べてしまいました  ガリガリしてたったで これだけしかカケラが残っていなかったので、残りはかじって食べてしまったようです 食いしん坊にもほどがあるやろー… このレビューの続きを見る

重力ピエロ/伊坂幸太郎

14:57:By

☆内容紹介 連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。 無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか?キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。 とある兄弟の物語。 ☆感想 … このレビューの続きを見る

  久しぶりに本を読みました。結婚する前は定期的に古本屋さんで小説をまとめ買いしていたりしたんですけど、結婚してからはホントにサッパリなほど読まなくなりました。今はダンナが読み終わった本をチョコ… このレビューの続きを見る

3.5

重力ピエロ

13:59:By ナンプラー日和

JUGEMテーマ:伊坂幸太郎 原作本と映画両方の感想を書きたいと思います。 まずは原作本。 伊坂作品は3冊目の私は、ずっと読みたいと思ってたこの本をやっと読むことができました。 まぁ、これは読んだ方ほと… このレビューの続きを見る

あぁ、一般小説ってこんなに読みやすかったんだ〜 面白いですねぇ。 --- 「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」春は、誰に言うわけでもなさそうで、噛み締めるように言った。「重いものを背負いな… このレビューの続きを見る

3.5

重力ピエロ

01:20:By sablog8

素晴らしいお話でした。 登場人物みんな、好きになっちゃって困った。 でも素晴らしいからこそ、ちょっと残念なところもあったけど 残念よりも感動の方が大きかったので 残念なところには、目をつぶっちゃおうと思… このレビューの続きを見る

面白かった。

おもしろかったけど、映画化していいのか? って内容やった。 結末はやっぱりあのままなのかなぁ。 映画の配役、加瀬亮しか覚えてなかったので、 調べてみたら、結構納得な感じやった。 夏子さんとかも見た感じ… このレビューの続きを見る

3.5

マックで読書

12:16:By

  気を取り直して、昨日消えた内容を… 久しぶりに店舗が休みで仕入れや、お店の用事がない日だったので、子どもが帰ってきたら一緒に出かけようと… いつも寂しがっているので、帰ってくる時間を聞いてそれま… このレビューの続きを見る

3.5

重力ピエロ

10:53:By シコウヒン。

映画を観たので、 その内とにと、後回しにして読んでいませんでした。 後悔!はやく読むべきだった。私は悲しんだ。 「人生は要約できない」 と、モダンタイムスに出てくる井坂の言葉を思い出した。 まさに! 映画しか観てない方は、こちらを読むべきです。 最強の家族愛に嫉妬する。

「長治。あんたの孫は、そういえば相当に酷い男だったな。なんど白ウサギの会で討論会をしたことか。ああ、懐かしい話だなあ。白うさぎの頃は」会長と、長治と呼ばれる二人の会話を聞きながら、山葵は、アナセント… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか?キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。とある兄弟の物語。

  昨日読み終わりました 伊坂幸太郎さんの代表作で映画化にもなりました* 「重力ピエロ」 春と泉水の兄弟を中心に進むサスペンスストーリー わけありの家族に連続放火となぞのグラフティーアート 不思議… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の作品を初めて読みました。 ずっと書店で平積みされている数々の伊坂幸太郎著の本を見かけるたび、こんなに書店で注目を集めるように陳列してあるこの著者の作品はすごく面白いに違いない、と思っていて… このレビューの続きを見る

今年読んだ本の中で、一番好きな本。このセンスの良さに、驚きです。おもしろくて、読み始めたら止まらず寝たの4時過ぎだよ…。眠い。けど、寝る時間削ってまで読んで良かった!

  “春が2階から落ちてきた”  確かそんな始まりだったと思います、この本。     美しい母親、優しい父親、まじめな兄、美しい弟・・・ 一見普通の家族の中に重大な秘密が・・・ 連続放火事件と壁の落書き・・・ “重力ピエロ” 伊坂幸太郎著 ※最近映画化もされましたよね。 伊坂幸太郎フリークの私にとっては、絶対外せない1冊です!!

3.5

重力ピエロ

23:02:By Fearless

泉水 おにいちゃんと 春 おとうと 英語読みするとスプリング! wikiからの引用! 仙台の街で起こる連続放火事件。 放火現場の近くには 必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。 過去に辛い記憶を… このレビューの続きを見る

   obiword ルールは越えられる 世界だって変えられる  「重力ピエロ」 伊坂幸太郎 ((再読))  一番最初に読んだ時は、正直、嫌悪感の方が勝ってた。  でも再読してみて、このストーリー展開はおも… このレビューの続きを見る

3.5

mikage

11:23:By idobata

読書感想文を書くのなんて、何年振りでしょう!? 学生時代は、よくあらすじやあとがきだけ読んで書いてました、mikageです(笑)。 現在、京極夏彦氏の『鉄鼠の檻』の読んでいるところなんですが、なんせ1359… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

16:29:By 受賞本

 重力ピエロ               映画化  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第129回直木賞 ノミネート         2004年本屋大賞 5位         2004年このミステリーがすごい! 3位         2003年傑作ミステリーベスト10 4位

「重力ピエロ」

15:20:By cafe mizutama

 連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。 無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか? 半分しか血の繋がらない兄弟と家族の物語。 キーワードは「遺伝子」と「放火」。 まあ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

23:23:By

 重力ピエロ読み終わりました。実は何日も前に。あっという間に読み終わってしまった!テーマは重いはずなのに、それを感じさせない不思議な話。遺伝子とかが絡んでくるので小難しいのかと思いきや、全然そんな事も無い。魅力的で濃いキャラクターが沢山登場するけど、実はずば抜けてお父さんが変わっていると思った。映画であの雰囲気をどう表現しているのか楽しみ^^

もうじき映画公開です。 なぜか伊坂作品はどんどん映像化されますね。 見たいような見たくないような…複雑です。 重力ピエロは伊坂幸太郎の初期の作品ですが 私の中ではまだこれを超えるものは出てない。 ミ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  伊坂幸太郎著『重力ピエロ』を読了。  主人公・泉水は半分しか血の繋がりがない弟の春にけしかけられて、近頃仙台で起きている連続放火事件の謎解きを始めるが――。   そういえば、映画… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書このところ本を読むペースがあがってます。 暇なわけじゃないんですが、面白い本だとついつい時間を作って読んでしまう、 そんな内容の本が 【重力ピエロ】 です。 常々思うんですが 小説で一… このレビューの続きを見る

3.5

重力ピエロ

21:51:By 読書LOG

 

3.5

重力ピエロ

19:13:By

やっと図書館に入れてもらえた本 まだ途中だけどこれは最後に爆弾がある予感 「まさか楽するために生まれてきたんじゃあるまいな」 なるほど。 今日の世界ふしぎ発見はイギリスだ! てか勉強しなきゃだよ;… このレビューの続きを見る

3.5

重力ピエロ

14:04:By Mix Juice!!!

私、本と映画はものすごーーーく見ます(・∀・) その中でも、最近読んでヒットだったもの これが『重力ピエロ』ですのよ(・∀・) 何が好きかって、登場人物の『春』が好き どこか、自分と似てるよーな似てないよーな 人間感が好き 映画化も決定しているよーで、 泉水さん役が加瀬亮とか(・∀・)!!!! ステキだなヽ(●´∀`●)ノ

3.5

重力ピエロ

18:43:By sallyの本棚

学校に文庫があったので借りたよ 伊坂スキーなのですよ、あたし 索引から伊坂節ですねーこういう遊び心好きですよ 男で春って名前いいですねーかわいい 伊坂作品は長いし細かいからなかなか読むのが… このレビューの続きを見る

さいきんのニッキを見ていただければわかるように、 「人生という道に迷子\(^O^)/」 な、ワタクシめ。 制作のことで、先生に相談を持ちかけたことなんて、 いまだかつてなかったのですが、 (いまま… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

18:56:By raibowrain's diary*

伊坂幸太郎の文体がとても好き。 彼の小説は一応推理小説だということだけど、 一線を画しているというか、 なんかそんなもの超越している感じさえする。 確かにミステリー。 だけど、謎解きよりもずっと… このレビューの続きを見る

連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか?キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。とある兄弟の物語。 そういえばこの本について書… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

05:38:By THE RED NOTEBOOK

読了

重力ピエロ

05:29:By THE RED NOTEBOOK

読み始める

読み終わりました。 良かった…もう謎が謎を呼んでいく心理描写とか、 兄弟、家族のありかた…春も泉水もすごくいい味を出してるな。 一番凄いのはやっぱお父さんとお母さんだよね。 美術展でのエピソード、競… このレビューの続きを見る

仲良し兄弟、泉水と春。しかし、この二人の父親は異なる。 母がレイプされ、できた子どもが春なのだ。 ある日、兄である泉水の職場が放火事件に遭う。春の予言した通りに。 相次ぐ放火事件と関連するグラフィテ… このレビューの続きを見る

んー。 やっぱりこの作家さんの一人称話はちょっと。

抑圧された感情を解放させる――カタルシスミステリー 兄は泉水、弟は春。 春は、泉水の母親がレイプされたときに身ごもった子だった。 レイプという犯罪を憎みつつ、しかしレイプを認めねば自分が存在しない、… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

12:22:By ぶくわむ

伊坂さんがおもしろいというようなのをあちこちで見かけるので借りてみました。 うん。期待に沿うおもしろさだった。犯人はかなり初期段階での推理が当たるほど、ミステリ的には凝ってないんだけど、おもしろい話だなぁという感想。誇りにできる家族だと思います。 …弟×兄を妄想した自分は腐っているなと思いましたごめんなさい。 一番好きな登場人物は父親です。

重力ピエロ

21:27:By 記憶ノート

半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎

いやいや、素晴らしかったです〜ww 今回こそは、完全に展開を読みきった!と読者に思わせておいて、見事に裏切るストーリー展開。 例によって、もし読みたいという方がいらっしゃったらご迷惑なのでストーリ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

20:30:By Drop of Rain

動物行動学の権威、リチャード・ドーキンスの著書『利己的な遺伝子』によると、全ての生き物は遺伝子のための器でしかないそうだ。情も倫理感も思いやりも、次世代へ遺伝子を伝えるという目的の前には通用しない。… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

20:10:By PLUS+NEKO

先日読んだ陽気なギャングが地球を回すが面白かったので、 伊坂幸太郎氏の別の作品を読んでみました。 主人公とその弟の周囲で次々と起こる連続放火事件。 その現場の近くにはグラフィティーアートが残されて… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

20:57:By サビサビ

ただいま伊坂ブーム(局地的に) 従妹とともに伊坂 幸太郎ブームが発生してます。 『重力ピエロ』 先に文庫版を読んだんですが、まず思い浮かべたのが『ガープの世界』。 これは春の出生から連想したのだと思い… このレビューの続きを見る

「兄貴の会社で放火があるかもしれない」春の電話は的中した。 「グラフィックアートの近くで放火は起こる。」 グラフィックアートと放火の関連性に二人は迫っていく。 事件は和泉と春の家族の悲しい過去との関連していく…。

村上春樹を感じる文体がダメだった。 主人公のキャラクターにも感じてダメだった。 でも決して作品自体がよくないわけではない。 「面白かったな」と思える本である。 ストーリー自体はどうあっても村上春樹が… このレビューの続きを見る

また伊坂さんの作品です。 重いテーマを扱っているにもかかわらず軽いタッチで読ませてしまうところが なかなか好きです。 放火と落書きの関連性の謎解きに加えて、複雑な家族関係にある家族の話に 遺伝子の… このレビューの続きを見る

3.5

南の風

19:18:By Pelog ジキル篇

キャラクターがいいなぁ。

お話の世界にぐいぐい引き込まれました。 人殺しは悪だ、殺人者には死刑が相当・・・という想いと、「それだけでいいのか?」 という疑問の両方に至れるよう、巧妙に導かれたように感じました。 その感じが、気持ち良かったです。 お父さんのさりげない一言に、泣きそうになりました。

伊坂さんの最大の傑作(今のところね)である本書、ついに読みました。 いや、絶賛されるわけがわかりましたね。はい。はい。本当に。 キリンは最初に『ラッシュライフ』を読みました。斬新だけど、「好き」っ… このレビューの続きを見る

春が二階から落ちてきた。こんなすてきな書き出しで、幕をあける物語です。 「私」と弟・春の血の繋がりは半分だけ。母は強姦されて春を宿したから。 「私」の名前は泉水(いずみ)で、英語にすると2人ともスプリ… このレビューの続きを見る

3.5

"重力ピエロ"

19:20:By 白紙。

はい、こんにちわ。今回はみんな大好き(?)伊坂幸太郎さんです。 いやあ〜この方人気ありますよね。本屋さんでもかなりプッシュされてるし、私の周りの読書好きさんたちの評価も上々なかんじ。 私も好きです。… このレビューの続きを見る

きっと誰だって自分が何者かわからないで生きている。 自分の存在を疎ましく思って生きている人などいない。 生きていることを常に苦痛に感じて生きている人など そんなにいない。何かを嫌悪し、自分と重ね、抗うことに 力を注ぐ人の感情とはどんなに切ないものなのか。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品