DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ゴールデンスランバー - 伊坂 幸太郎 のレビュー全193件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ゴールデンスランバー

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバーで自分のブログにレビューを書く

ゴールデンスランバー

おすすめ!3.8 [3.8](193件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:193267位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104596035(新潮社)
ゴールデンスランバーのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(193件) 3.8 [3.8]

ある日突然凶悪事件の犯人になってしまったら!? 手に汗握る逃亡劇にドキドキしながら読みました。 大きな陰謀の渦に巻き込まれ、逃げ惑う主人公青柳。彼を追い詰める警察。 命令が下れば、警察は容赦なく青柳… このレビューの続きを見る

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ? 何が起こっているんだ? 俺はやっていない――。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ… このレビューの続きを見る

仙台で起こった首相暗殺事件。 その直後自分の乗ってる車も爆破されそうになる。 逃げろと大学時代の友人が言ってくる。 警察が追ってくる。ためらわず拳銃を使ってくる。 首相殺しの濡れ衣を着せられた男が逃… このレビューの続きを見る

もうそんなの読んだよ、てゆわれそうだけど。 いまさら読みました。 おもしろかったーーー ふつうのひとだった「青柳雅春」が首相殺しの濡れ衣に抜擢されて。。。 や、ふつうそんなの逃げれないやろ、て感じで… このレビューの続きを見る

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか? 出だしはなかなか気分が乗らなくて読みきれるかな〜?って感じだったけど、途中から面白くてハマった!! 巧いな〜伊坂さんっ!!(笑) ちょっと切ない余韻も残しつつ、気持ちの良いラストだった!! (14日読了)

 ゴールデンスランバー(2009) 監督: 中村義洋 原作: 伊坂幸太郎 音楽: 斉藤和義 出演: 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆濡れ衣を着せられた男の逃走劇。 途中までは結構面白かったんだけど、何となくスッキリしない何も解決しない感じで終わっちゃいました。

逃げろ―!

13:52:By **lanlanlan!**

超監視社会 ねつ造 陰謀 いち市民でいるのが恐ろしくなる! 簡単に消されてゆく人々 信じ続ける人々 朴訥な主人公 逃げろ。 JUGEMテーマ:Book review 

14作目の作品。501ページある大作。総理大臣の暗殺犯に仕立てられた青柳雅春の話だが、逃亡のスリリングさよりも彼を助ける仲間たちの友情がメイン。青柳雅春がよほどの愛される男だったのかもしれないが命を… このレビューの続きを見る

仙台出身の総理大臣、金田貞義が 仙台での凱旋パレード中に爆発物で暗殺された。 各地に置かれた「セキュリティポッド」 周囲の情報が集められる監視システム。 指名手配されたのは、かつてアイドルを強姦魔… このレビューの続きを見る

すごく久しぶりに本の感想でも、 伊坂さん面白いよね(^ω^) だまし絵のような、ジャングルのような、かくれんぼのような、パズルのような、本を書く方だなと思います。 このような大きな権力っていうのは存在す… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっ… このレビューの続きを見る

仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は… このレビューの続きを見る

仙台を舞台にしてると言うところに惹かれて読んでみました。 面白くて、そしてゾクッと来ました。 仙台の地理がわからない人はピンと来なかったり 面白さが半減したりするのかなぁ。。 同じ作者の別の作品も読んでみたいです。

出だしがなんとなく 村上春樹の雰囲気で ちょっとかったるいかと思ったんですが 読んでいくうちにハマりましたね。 さすが 伊坂先生!  構成は練りに練ってあり 時間の変化による人々の心境の変化も面白い。 … このレビューの続きを見る

ちっくしょー!裏切られた!ってかフラグ立てておいてブラフかい!ってオチでした。 あ、もちろん爽快に裏切られた、ってことです。これがあるから伊坂幸太郎は止められぬ。 青柳君がいい人すぎて読んでるこっ… このレビューの続きを見る

ゴールデンスランバー

16:27:By METRO.

読了。模試真っ最中とかしらねえよ。だって面白いんだからしょうがない。エンタメの最高峰!飽きることなく読めました。割と現実的なように見えて非現実な世界観と登場人物の書き分けすごい!伊坂作品読むとほんとに国家権力とか大っ嫌いになる 笑キリオとロック岩崎と中学生好きだっ!映画見たいー多分映画もレビューします(^p^)勉強しる

3.8

ゴールデンスランバー

21:32:By SO-Q+

シーマンがやりたくなった…。人の名前を間違えて覚えていたり、ごっちゃになっていたりがよくあるんですが、吉田修一さんとごっちゃになってました…違いすぎるのに…。どこでどう勘違いしたのやら。初めて読みました… このレビューの続きを見る

直木賞を蹴ったこの作品、抜群におもしろい!『事件のはじまり』『事件の視聴者』『事件から二十年後』…このあたりまであたし的には物語に入り込めなくて、どういう意図でこういう構成にしたのだろうと思いながら読… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 2007年の本なので、どうも、いまさら感があるようですが、嫁が持っていたので読んでみました。すごい!めちゃくちゃ引き込まれました。ストーリーは単純で、首相暗殺の犯人として国家から仕… このレビューの続きを見る

青柳くんはお人好しで正義感が強くて人を疑う事を知らなくてとてもしい青年。ちょっとたよりない彼だけど仕事の配達先でアイドルが暴漢に襲われているところに出くわすと とっさに唯一友達に教わって知ってい… このレビューの続きを見る

久しぶりに読書をしました。 久しぶりに最後に近づくにつれ、まだ終わらないで欲しいと思う作品と出会いました。 返却日(図書館)が間近だったので、そんなわけにもいきませんでしたが。 日曜の昼下がり。 暑くも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書仙台を舞台にした架空の小説。この原稿も仙台からの出張帰りの新幹線で書いている。実は先週も仙台に出張したのだが、その往復の新幹線の中で本書は読み始めた。読もうと思ったきっかけは、今年の… このレビューの続きを見る

仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は… このレビューの続きを見る

自分がかつて住んでいた土地にまつわる小説というのは特別な感じがしますね。普通に小説を読むとき、あまり良く知らない土地のことを題材にした小説を読むとき、どうしても架空の映像を思い起こして読むことになる… このレビューの続きを見る

先日、妹と見てきました。伊坂原作のゴールデンスランバー。だいたいあたしは本を読んでから映画を見る派。で、たいていがっかりすることが多いのですが原作も映画も大満足、どちらも大好き!なのが伊坂の「アヒル… このレビューの続きを見る

図書館で借りました。 伊坂作品デビューです。 何を読もうかと、結構迷ったけど ちょうど映画上映中ということもあって ゴールデンスランバーを選びました。 おもしろかった。 娯楽小説なんだそうですが、娯楽と言うほど気楽には読めなかった。 自分には信じてくれる人いるかな。とか、その他もろもろの思いが 本の内容とあいまって何だか泣けてきた。 伊坂作品デビューは成功した模様。

【商品内容】 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る… このレビューの続きを見る

観てきやしたよー!映画はもっぱらラブロマンス。な拙者でも エキサイトできる秀作でした。伏線が凄。役者が凄。 なんか終始ハラハラしぃの、心があったかくなりぃの いろんな感情に浸れた感じ。 ほんとうに大事な… このレビューの続きを見る

今日観てきました。 伊坂幸太郎さん原作の、映画「ゴールデンスランバー」。 割と、 いや、かなり、面白かったです! 原作ファンの方でも、 これは十分に納得出来る内容。 以下、ド素人の書きなぐった低レベル… このレビューの続きを見る

読み出したら一気でした。 おもしろかった! 最初に伏線を張っといて後で回収、っていう文章形態はきらいじゃないです。むしろすき。 まあたしかにちょっと疑問に残る点もなくはないけど、個人的にはあんま… このレビューの続きを見る

  少し前に同じ系列の学校にある本屋で買ったやつ。 映画のほうの俳優さんが好きで、CMとか見てても面白そうな話だな、と思って購入。 今もまだ途中までしか読んでないんですけどね。 けどこれ… このレビューの続きを見る

3.8

伊坂わーるど

22:02:By mumumu

ゴールデンスランバー読み終わった★ 集中したらわりとすぐ読めたわ 感想としては、めっちゃよかった! ゆるぎない絆というか人間の繋がりみたいなものがすごい感動した。 結局最後は信じることしか残され… このレビューの続きを見る

もう二月ですね 梅の花が咲いていました 驚きました びびりました 焦りました かなしくなりました もうすぐ二年目かぁ 一年近く仕事をつづけられた自分をまず誉めてあげよう たいへんよくがんばりました はなま… このレビューの続きを見る

ゴールデンスランバー

19:56:By

ようやく映画観てきました。結構面白かったので、次は本を読んでみたいです。ついつい犯人は誰???ということばかりに気持ちがいってしまうのですが、、、。先日観に行った劇団四季のブロードウェイミュージカル… このレビューの続きを見る

今日は吉祥寺で堺雅人さん主演の「ゴールデンスランバー」を観てきた。夕方の部だったんだけど、お客さんは70人前後だった。もうちょっといても良いかなーと思ったんだけど、でもちょうど良いぐらいだったかな。原… このレビューの続きを見る

製作年 : 2010年製作国 : 日本配給 : 東宝監督 : 中村義洋原作 : 伊坂幸太郎出演 : 堺雅人 、 竹内結子 、 吉岡秀隆 、 劇団ひとり 、&n… このレビューの続きを見る

実を言うと、伊坂作品は、あまり得意ではない。 嫌いではないけれど、ちょっと苦手意識がある。 作品によって、自分の好みに合うものと合わないものの差が激しいからかもしれない。 この本を読もうと思ったき… このレビューの続きを見る

凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない… このレビューの続きを見る

凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画館でみました! あぁ、そう、あぁ、そう、あぁ、そう。 ココロの中で、出てくるシーンにそんな相槌を打ちながら見ちゃったわ。 どこも大事で、どこもカットできないから。 残念ながらすべてのエピ… このレビューの続きを見る

GOOD

22:36:By

百貨店に行って来た。服を見たいなぁ、見たいなぁと思いつつ、バスで酔い、人混みで酔い、エレベーターで酔い、ハンドクリームのテスターの匂いで気持ち悪くなり、服屋には近寄りもせず退散しました。何をしにいったんだ私本読んだよ!映画見たい。

伊坂さん好きですよ◎ またいつもの素敵先輩からお借りした 【ゴールデンスランバー】 数年ぶりに再会した学生時代の友人、森田森吾から 「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えられる 何故か首… このレビューの続きを見る

今日読み終わった本。 (評価はデフォルトのまま。) 最近、伊坂モードではない上に、 追われている感じが嫌で全然読み進められなかったけど、 終わり方がよかったので、 この話はけっこう好きかもしれないと思っ… このレビューの続きを見る

久しぶりに本をいっっっっきに読んだなぁ。面白かったです。ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎こんな世の中オソロシイですがね。。あらすじをざーっくり言うと首相の暗殺犯にしたてあげられた主人公が逃げて、逃げて… このレビューの続きを見る

ユーズド価格:¥ 1,095

21:27:By

一日かけて仕入れに挑戦 UTU店へ開店直後に入店 単Cを7冊みつけ 豪華本コーナーへ行くと 高値本発見 マメに通うべき店舗でしょう 仕入れ内容 単C×7 プロパー×2 雑誌×2  金額¥2135 単価¥237 13:00 … このレビューの続きを見る

謀略…    まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如… このレビューの続きを見る

映画化して、予告を見て気になったから読んでみた。 首相暗殺の犯人に仕立て上げられた青柳雅春の逃走劇。 どれがホントで、どれがウソなのか。 誰が味方で、誰が敵なのか。 青柳を助けるのは誰? 青柳を捕まえる… このレビューの続きを見る

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の話なので、スリリングな話かと思えば青春小説の趣であった。また、監視社会と首相テロの話ということで『魔王』のような不気味な話を期待しながら読んだが、それとも違っていた。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 すっっっっごくおもしろかった!!!!一気に読んじゃった!ひさびさの大ヒット! ごくごく平凡な1人の男性が、突然首相暗殺の犯人という濡れ衣を着せられてしまって、その状況からどうや… このレビューの続きを見る

最近、伊坂幸太郎にハマってます。 本なんて滅多に読まないんだけど、伊坂幸太郎原作の映画を観たくて、 映画館で観れなくって、DVDになるまでに、まず原作を読んでみたいと思ったのがきっかけ。 その作品は【重… このレビューの続きを見る

atsuminにお借りした「ゴールデンスランバー」。伊坂幸太郎作品を最近よく読んでいて、その流れでこの作品を読んでみたい!と思い借りたのですが、なんと1月に映画が公開されるのね劇場で予告編を見てビックリしま… このレビューの続きを見る

【Golden Slumber】 golden 1、黄金の、金の 2、最高の、素晴らしい sluber 1、眠る、うとうとする 2、眠り、特に、まどろみ、うたた寝を指す (省略) (表紙裏引用) ■↓商品の詳細・購入はこちら  ゴー… このレビューの続きを見る

3.8

☆BOOK

21:09:By Fearless

やっぱり乙一さん大好き! するする読めちゃうし びっくりする展開がいい^^ この本はほんとに短編集ばかりなんだけど すごく遊んでるなーって感じがします^^ いちばんすきなのは 「SO-far そ・ふぁー」 … このレビューの続きを見る

3.8

習慣と信頼

23:02:By 心は丸く、

内容(「BOOK」データベースより)  仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様… このレビューの続きを見る

基本的に、伊坂の本に関しては映画化反対派です。 彼の本の中に出てくる人間は実像になっちゃだめなんだよ、ウソくさくなるから。 さて、感想。 グラスホッパーとか魔王の要素を取り入れつつ、みたいな感じ。 結構… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 私は伊坂作品はあまり得意ではない。 でもどうも世間では人気があるようだ。 図書館でも常にかなりの本が貸出し中だし、アマゾンでも評価が高いし、いろんな読書ブログさんでも好意的な記事… このレビューの続きを見る

市橋君がつかまってしまった。よく2年も逃げ回ったなあと感心する。 市橋君、冤罪ではなさそうなので、一緒にしちゃいけないけど、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』を思い出した。首相暗殺の濡衣を政府… このレビューの続きを見る

3.8

読書記録03

16:57:By 幸せ連鎖*。

内容(「BOOK」データベースより) 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様… このレビューの続きを見る

「びっくりするくらい空が青いと、この地続きのどこかで、戦争が起きてるとか、人が死んでるとか、いじめられてる人がいるとか、そういいうことが信じられないですね」鶴田亜美は笑顔とも泣き顔ともつかない顔にな… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎作品の中でも最高傑作といわれる本作なんだけど、たしかに最高傑作かもしれない!ものすごい数の伏線、さらにそれを取りこぼさずものすごい勢い回収していくさまはまさにエンターテイメントだった^^ここまでエンターテイメント性が高くて面白い小説はそうそうないんじゃないかね^^あまり何も考えずとりあえず一気に最後まで読みきることをオススメする!88点!

井坂幸太郎に初挑戦。けっこう長い内容だったが話しにグイグイと引き込まれて一気に読み進めてしまう小説。とてもよくできた構成・ストーリーに感服するしかない。様々な伏線が収束していく様が見事。映画化が非常に楽しみだ。

 これも読みたかった1冊! 今のところ私の中の今年度No.1候補&今まで見た中で15本に入る名作確定、のコレを 見てから俄然気になっていたのです。 日本の総理大臣がパレード中に暗殺され、その犯人に「仕… このレビューの続きを見る

  「痴漢は死ね」のくだりが良かった。 これは良いよー。

父親が書き下ろしを買っていた。でも最初の10ページ目くらいにしおりがはさんだままになっていたのでそれについて尋ねると、「おもしろくないからやめた。」らしい。そんなことがウチの父親にはしょっちゅうある。… このレビューの続きを見る

突如何かの渦に巻き込まれ、犯人に仕立て上げられ、逃げることになる主人公。小さな助けがつながっていき、なんとか難を逃れるのですが、その代償は…というお話。ぐいぐい読ませますし、すっとすじが通ったときはと… このレビューの続きを見る

同僚に借りました。ゴールデンスランバー。だって、堺雅人で映画化だっていうから。事前に読まないといけないでしょ!?予習必須でしょ!?まだ途中なんですが、もう本当にやめられなくてですね。昼休みも「ちょっと別… このレビューの続きを見る

 ゴールデンスランバー               映画化  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第21回山本周五郎賞 受賞         2008年本屋大賞 大賞         2009年このミステ… このレビューの続きを見る

3.8

ゴールデンスランバー

00:16:By memo

内容(「BOOK」データベースより)仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はど… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎という人が書いた本。ゴールデンスランバーってBEATLESの歌の題名だったりもするらしいけど、私はどっちもピンとこなくって、でもなんだか面白いらしいから(山本周五郎賞もとってるらしい)読み始… このレビューの続きを見る

名言が生まれました! 「痴漢は死ね」 お父さん、大好きです!

JUGEMテーマ:読書 すっきりしないお天気で外出の予定もなかったので、 堺雅人、竹内結子主演で映画化♪ の「ゴールデンスランバー」を読みました。 仙台出身の金田首相の凱旋パレードが行われているとき、青柳雅… このレビューの続きを見る

3.8

ゴールデンスランバー

22:19:By 雑記

これも映画化なんですってねー。 確かに映画的仕上がりな気がしました。 若き首相が、仙台での凱旋パレード中に何者かに暗殺された。 異常な早さで浮かび上がる容疑者青柳。事件が起こると同時に追われ始め3… このレビューの続きを見る

 ゴールデンスランバー映画化?! ままっまままマジですか。 え、ちょ、うそ、マジで?!マジで?!マジで?! ただ、青柳役が・・・・ 堺  雅 人 ・・・ ・・・ いや、嫌いじゃないんだけどさー・・・ … このレビューの続きを見る

今私が読んでいる本です。 まだ途中までしか読んでいませんがとても面白いです。 作者の伊坂幸太郎さんが好きなんです。 なぜ好きかというとこの人の作品にはあまり 悪い奴が出てこないんです。 はじめ悪い奴だった人が結構いい奴だったり・・・ あととても言葉や設定にセンスがあると思うんです。 ぜひ読んでみてください。。

読み終わった後、 『2008年本屋大賞第1位!』 という巻末の表紙裏に貼りつけられた(図書館本ですので)帯が目に止まり、 「ほほう」とニヤリとしました。 「本屋大賞第1位ですよ」 「みんなが面白い!と絶… このレビューの続きを見る

2008年本屋大賞、および第21回山本周五郎賞受賞作品。 伊坂幸太郎作品はこれで2作目。 1作目は「重力ピエロ」。 文章は読みやすくて、するする読めた。 とりあえず、開始3行で本を閉じるなんて言う事態に… このレビューの続きを見る

読書

22:19:By *spirit!!*

JUGEMテーマ:本の紹介 なんとなく気になっていた伊坂幸太郎さんの本 パパさんが珍しくマンガじゃない本を買ってきたと思ったら伊坂さんの本 ナイス! おもしろかったです 一気に読んで違うのを読みたくなりました おすすめです     

JUGEMテーマ:ミステリ 伊坂作品はどれも随所で泣けるものが多いんだけど、 これも泣けた!!ちょっと馬鹿にして読み始めたものの、 読後はやっぱり選ばれた理由を納得。 面白い。新しいという意味では評価とは遠い… このレビューの続きを見る

めっちゃ面白かった。 伊坂作品のお父さんってどれも素敵よね。「このミステリーがすごい!」1位受賞作らしいのだが、ミステリらしくない。横暴すぎる敵は最後まで抽象的な存在で、あくまで主人公とその昔の友人、家族の視点で書かれており、悲惨な状況の中でも軽快な文章ゆえの「おかしさ」、「あたたかさ」がある。 回想で撒いた伏線を現在進行している事件の中で次々と見事に回収していく。 その結末の美しさ!

中身はだいだい30文字くらいで表現できるんではないか・・・。 つまり、こうです。 「なにがなんだか解らないまま何かが起こっている状態。  真相やいかに??」 疾走感があるけれど、もやもやした部分も… このレビューの続きを見る

人気首相のパレードが爆撃された。 犯人として浮かび上がったのは青柳雅春。 2年前アイドルを強盗から救い一躍ヒーローとなった彼が 最近では痴漢騒ぎを起こしたとも伝えられ 青柳にとって不利な状況がどんど… このレビューの続きを見る

やっと読みました。 彼女が図書券使ってかってくれたのにほったらかしでした。。 スピード感もあって読むのは楽しかったです。 でもすっきりしない気がします。 チャンチャン的な終わり方がちょっと不満で… このレビューの続きを見る

らーめん丸富(恵比寿 ラーメン)渋谷区広尾5−22−103-3447-6802営業時間 11:00〜翌3:00ずっと気になっていたラーメン屋さんにいってきました。最近おされなラーメン屋さんが増えておりますが、店内はいたっ… このレビューの続きを見る

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇。 伊坂ワールド炸裂、おもしろい! だけど、伊坂さんの作品ではじめて涙しそうになった。 なんなんだろう?郷愁? ビートルズのアルバム『ABBEY ROAD』、思わず引っ張… このレビューの続きを見る

 無様な姿を晒してもいいから、とにかく生きて、逃げろ。 話題の作品を遅ればせながら読んでみました。 J.Fケネディ暗殺事件をベースに THE BEATLESのアルバム収録曲からきた表題とのこと。 仙台で起きる… このレビューの続きを見る

この本が2008年度のこのミス1位なんだそうです。 図書カード恩恵ハードカバーもこの本が最後です。寂しい。 仙台でパレード中の首相が爆弾で殺害されます。 もう、あとは言えません!!! ハラハラヒヤヒヤ… このレビューの続きを見る

『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎

 図書館で予約してたことを忘れるくらい待たされてやっとまわってきました。 最近は新刊が出たからって飛びついて読むほどの気持ちが「読書」というものにないので、 なんぼでもま待ちますが、 ほんとーに待ったなー(笑) そして一気に読んじゃいました。 いろんな話が一点に向かってだーーーっと転がってく瞬間のワクワクがたまりません。

JUGEMテーマ:読書 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。

刊行されて、話題になって、賞を獲って、やーーっと読めました。 長かった。 首相暗殺の嫌疑をかけられた青年の逃亡劇、が主なストーリーです。 しかし、『魔王』でも感じたような…ふわふわとした情報に簡単に… このレビューの続きを見る

遅ればせながらやっと読みました。 こんなに荒唐無稽でデタラメで理不尽な話なのに、この清々しさはなんだろう。晴れ晴れとした切なさというか。ちょっと泣きました。傑作!   ちょっと見方や考え方を変えるだけで… このレビューの続きを見る

  本屋大賞受賞おめでとうございますっ!圧勝でしたね。5年連続ノミネートされてやっとの受賞でした。よかったよかったεー(´ー`*)ホッ 伊坂作品って独特の文体や言い回しがクセになって面白く読める時も… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書

★★★★★ *あらすじ*(新潮社HPより引用) 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃… このレビューの続きを見る

井坂作品を読もうと思ったきっかけが思い出せないけど、最初に読んだのは「アヒルと鴨のコインロッカー」だった気がする。 おもしろかったので巻末に紹介されてた別の作品を読んだら、細かいところがリンクしてい… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 アマゾンより転用

 ≪内容≫ 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 アマゾンより転用

久しぶりにブログを覗くと、だいぶ機能がバージョンアップしていてびっくりです。 雪路です。 長らくブログすら書けずにいましたが、感想を書かずにお気に入りの商品に入れっぱなしで放置している本がかなりあるこ… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎さんの作品です。 去年出たものですが、最近やっと読みました。 確か、なんか賞取ってたな〜と思ったら「山本周五郎賞」でした。 さて内容ですが。 仙台での凱旋パレード中に新首相が暗殺されると… このレビューの続きを見る

 これを買ったのが去年とかだから、今さら感想を言うのもあれですけど、 舞台は日本、という大規模なものです。 舞台が大規模なので、関わってくるものも当然大規模です。国家権力やらなにやら。 まぁ言っち… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の小説です。 この小説は今年4月に第21回「山本周五郎賞」を、 受賞しています。 長い小説でしたが、 読み応えがあって面白い小説でした。 これはオススメします。   ?golden   1、黄金の、金… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 青柳雅春の不幸中の幸いっぷりにびっくりだ!

 読んだ。首相暗殺の濡れ衣を着せられてしまった元宅配ドライバーの男が、巨大な陰謀からひたすら逃げる話だ。伏線張りまくり。非常に面白かった。

2008年本屋大賞。全然去年のじゃなかった(笑) 読書時間は計4時間ぐらいかな。500ページの長編だから、読み応えはある! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅… このレビューの続きを見る

3.8

ゴールデンスランバー

15:32:By

JUGEMテーマ:読書 やっとやっと図書館から回ってきた、伊坂幸太郎のゴールデンスランバー。 っていうか予約するのが遅かったんだけどね(^-^; 内容は、簡単に言うとケネディ大統領暗殺の日本バージョン。 ケ… このレビューの続きを見る

 前から気になっていた伊坂幸太郎の作品、ようやく読めた〜。『ゴールデンスランバー』。しばらく置いてあったけど、手にとったら、これが、やめられなくて。睡眠不足で、胃が痛い(笑。高校生の頃から、睡眠… このレビューの続きを見る

内容紹介 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 本屋大賞に輝いた1冊。 あんまり期待しないで… このレビューの続きを見る

読了してからちょっと時間をおきました。 さらさら読めたのです。 さらさら読める作品というのはたいてい読み終わったら満足してもう満腹ですと読み返すことはないのですが、この本は読み返したくなった。 それ… このレビューの続きを見る

2008年本屋大賞とかって、帯にでかでかと書いてあったので(ry。いわゆる帯買いというかw内容もわからず、恋愛ものかなんと思ってましたがミステリーです。ケネディ暗殺をなぞった内容で濡れ衣を着せられた主人… このレビューの続きを見る

この半年ほど、大好きなエンターテイメント系小説を読むことを我慢していたが、今月解禁となり、手始めに以前から読みたかったこの本を楽しんだ。 タイトルはビートルズの楽曲タイトルから、「ケネディ暗殺」を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/8/2〜2008/8/5 [単行本帯より] 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をした… このレビューの続きを見る

首相殺害の容疑で警察に追われた主人公の青柳雅春の、逃亡物語である。もちろん青柳は首相を殺したわけではなく、首相を殺すため、不運にも裏の世界から犯人に仕立て上げられてしまう。 警察は裏世界の手駒=敵で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 初めて読む伊坂幸太郎。 これも図書館で予約して半年以上待った人気作品。 首相暗殺犯人の濡れ衣をきせられた元宅配便運転手の青年。 ケネディ暗殺事件をモチーフに オズワルドにされた… このレビューの続きを見る

俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青… このレビューの続きを見る

すべての作品を読んでる少ない作家、 伊坂幸太郎の最新作。 と言っても出てからはだいぶ経って、 その間で本屋大賞と山本周五郎賞もとっていた。 切れ味という意味ではこれまでのものよりないかも。 た… このレビューの続きを見る

「オズワルドにされるぞ!」 これ、読み終わった後にずしんと心にきました。 何のかわりもなく日々を暮らしていく青年の日常が ある日突然立ち向かうことの出来ない位の陰謀に標的にされる非日常に 巻… このレビューの続きを見る

読了

読み始める

図書館貸し出し(→7/13)

JUGEMテーマ:読書 個人対国家。 ある日、訳も分からない陰謀に巻き込まれたら。。。 前半は無関係とも思えるイベントが起こる。 後半になり、それらが伏線となり、つながる。 そのリゾルブの仕方が素晴しい作品だ。

(※本文は後日編集します)

*これはレビューじゃありません。 レビューはいつかまたきちんと書きたい。 とりあえずこれの話題ってことで* 今回どうして伊坂さんがノミネートされていないのかなーと思ってました。 が、納得いたしまし… このレビューの続きを見る

今回もお得意のいくつものストーリーが 最後に意外な形でつながり、、、 というのを期待していたのですが そういうのはありません。 真相は明らかにしないのは非常に ストレスが溜まりますし さらにカタル… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 伊坂幸太郎さんの小説は大好き。 各所にちりばめられた伏線が、最後見事に繋がっていく様子が気持ちいい。 登場人物たちのセリフにも魅力的なものが多く、それによってキャラクターたちが輝… このレビューの続きを見る

内容紹介 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 待ちに待った「ゴールデンスランバー」。1月に予… このレビューの続きを見る

内容紹介 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作 売れてるけどいまいち嵌れない、それが伊坂さんだ… このレビューの続きを見る

面白いと言う評判をうらぎらず、 超!ワクワクした1冊。 確かにエンタテインメント。

初伊坂です。 面白かった!!本屋大賞受賞するだけはある!! 伏線が実にうまい!! 展開がスリリングだけどちょっとうまく行き過ぎでは? テレビ報道の危うさ、真実を捏造するのは実に簡単だって事が描かれてます。

今や、伊坂幸太郎さんの代表作となった『ゴールデンスランバー』出版から半年ほど経ちましたが、ようやく読みました。というか読めました。 「伊坂幸太郎が全力でエンターテイメントに挑んだら」をテーマに完成さ… このレビューの続きを見る

今年度の本屋大賞を受賞したそうですね。 数ヶ月前に予約していたのがようやく手許に来たので、早速読みました。 あらすじは、amazon等でチェックしていただくとして、以下感想を書きます。 伊坂幸太… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  読了。  読み返すことはないと思う。人物描写と小説の構成は面白い・ユニーク。一部分かり にくさを感じる。映像化されるんじゃないかな?なんて思ったり。

3.8

本屋大賞

23:31:By 一日一讀

JUGEMテーマ:読書 本屋大賞を受賞した、と聞いた気がしましたが、うろ覚え。 貸してくれた人、仲介(?)のまれちゃんに感謝! メシご飯、作るよ! 一杏ちゃんもすでに書いていたように、真保さんなら暴いてや… このレビューの続きを見る

紛うことなき傑作です。 去年から今年にかけて読んだ中での、一番魅力的な本でした。 徹夜して読んじゃったよ。 1600円でこれが味わえるならハードカバーだろうと買いです。 仙台で金田首相の凱旋パレードが行… このレビューの続きを見る

3.8

ゴールデンスランバー

19:28:By

内容紹介 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 今年の本屋さん大賞ですね。ずっと読んでみたか… このレビューの続きを見る

今年の本屋大賞受賞作。 わたくしイチオシの「有頂天家族」を押しのけての受賞作。 いろいろ私情はあるけれど、とりあえず読んでみました。(図書館で順番が回ってきたので、読みたい読みたくない関係なく……。) … このレビューの続きを見る

先日母に借りたこの本、昨夜読み終わりました。 さすが、本屋大賞とっただけある作品です。 めちゃくちゃおもしろかった!!! 最後の方は一気に読みきっちゃいました。 アマゾンのレビューでは賛否分かれて… このレビューの続きを見る

を、読みました。結構人気らしいので。 なかなかハラハラ展開で楽しかったです。 登場人物が多く、視点も様々に変わるので 理解に忙しかったですが・・・(苦笑) ラストもはっきりと終わるわけではありませ… このレビューの続きを見る

本屋大賞ということで読みました。 面白かったです。人の名前をちゃんと覚えて一気に読むのが良いと。 途中までちょっと何度か眠気に襲われたんですが半分越えた辺りから一気に読んでしまいました。

JUGEMテーマ:読書  新進気鋭の日本国首相が、パレードの最中にテロにより死亡。容疑者は元運送会社配達員の青年。彼が逃げ回る3日間の騒動とその顛末を、ケネディ暗殺事件を下敷きに、樋口晴子、青柳雅春、田中徹の主に3人の視点が平行して語られる。

面白い! スローペースで読み進めていき、気づけば伊坂ワールドに突入。 止まらない、止まらない。 が、最後は正直不満が残る終わり方に。 うまいんだけど、何か物足りない。

読みました!本屋大賞受賞作。 ストーリーは、強大な組織の陰謀に飲み込まれ、 首相殺害の犯人とされてしまった男の逃亡劇。 なにやら、色々なところで大絶賛なようなこの作品ですが…、 個人的には、ちょっ… このレビューの続きを見る

首相暗殺で濡れ衣を着せられた主人公の逃亡の数日間を描いた作品です。ケネディ暗殺事件や「逃亡者」を髣髴とさせるストーリーかなー。 迫る追っ手。違法捜査。理不尽な暴力。監視社会。 「俺は犯人じゃない」 … このレビューの続きを見る

紹介してなかったのね 首相が暗殺された。テレビではラジコンヘリが爆発する瞬間の映像が繰り返し流され、事件の舞台となった仙台では至るところに警察の姿が見えた。そして翌朝、容疑者の名前に青柳雅春という男… このレビューの続きを見る

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○

ゴールデンスランバー

02:01:By

正直まわりが言うほど面白いと思わなかった 多分(伊坂さん好きだから)期待しすぎちゃったのかな ごろごろベッドの中で、ページをめくって、気がつけば朝で 「ええええ結局こんな終わり?」ってなってしまった いや、最初はすごく面白いんだよ!すごく!

若い首相が暗殺され、 その犯人に仕立て上げられた男性の物語。 伊坂さんの書きそうな小説だなぁと思う一方で、ちょっとスケールの大きすぎる話しだなぁとも思った。 当然のことながら真実はわからない… このレビューの続きを見る

本屋大賞になった本です。 ほんとにおもしろかったです! 映画を観ているようなワクワク感、スピード そして懐かしさ・・・。泣きそうになりました。 本屋大賞 当然でしょう! イチオシの本です。

本屋大賞を受賞してましたね。 オモローかったです。 大きな権力の陰謀とか好きなので、大好物でした。

 べ、別に本屋大賞決まったから読んだんじゃないわよ。図書館に予約してたのがたまたまこのタイミングで順番が回ってきただけなんだからね! と、言い訳がしたくなるひねくれものの天邪鬼。  読む前に、タイト… このレビューの続きを見る

ようやく綾辻行人「暗黒館の殺人」全4巻、2600ページの 小説を読み終えました。 期待していた展開ではなかったけど、面白かったです。 で、今は“本屋大賞”に選ばれた 「ゴールデンスランバー」を読んでいます… このレビューの続きを見る

本屋大賞受賞おめでとうございます!! これはいけるかなーと思ってましたー!うれしい!! すでに本屋にずらっと並んでて、顔が緩まないように するのに必死でした。 同じ本を読んだことのある人に出会えるとすごく嬉しい。 とくに好きな本は。 これでそんな人に出会える確率がぐっと高くなりますね!

祝!伊坂幸太郎、本屋大賞!!! いやぁ、やっときましたね、この時が。 過去4回、1作以上が常にトップ10に入っていた伊坂作品ですが、 5回目にしてついに受賞しました!!!関連記事 本屋大賞受賞作… このレビューの続きを見る

またまた読み返してみました。 この本は何度か読み返す度に新たな発見が。 私はハッピーエンドが好きなので、この本はあまり好きじゃないのだけど、 好きとか嫌いじゃなく面白かったです。

首相暗殺 逃走しだした所でやっとエンジン 酷い酷すぎる おっきい権力や警察やメディアは 人1人の人生なんてどうでもいいねんで 不感症たちで大嫌い 濡れ衣と敵の大きさ 横暴に憤り メモの所はあぁって漏らすほど 感動でワナワナした 御礼巡業に目頭あつ みんなおかしいって思ってんのにな 逆らったら命が危ない 利権中毒 のさばってる

JUGEMテーマ:読書 就活日記連続は微妙なのでレビュー投下。 * 伊坂幸太郎的エンターテイメント傑作!!! 必ず回収されるあまたの伏線、 ばらばらのようでやがて収束していく時系列、 同じ空を別の… このレビューの続きを見る

自分大絶賛の伊坂作品は『死神の精度』と『終末のフール』である。それ以外は少し落ちる。なんだろう、上手いと思わせる文体が生きてくるのが短編??取り合えず、伊坂作品は短編が好きだ。けれど本作は良かった。自… このレビューの続きを見る

伊坂このやろう! 最高だったよこのやろう!

JUGEMテーマ:オススメ感動!お気に入り本! いやーーーー長編ですが、ノンストップでした。 おもしろかった。 臨場感あふれるというか、これは映画化などよさそうですよね。 最後に筆者が、真に受けなければ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の二日間。 あーおもしろかった。ほんとおもしろかった。 水飲みに行くのももったいないくらい、夢中で読み終わりました。 伊坂幸太郎の小説は全部読んでい… このレビューの続きを見る

ただでさえ あの手この手で読む者の度肝を抜いてきた 伊坂幸太郎の新作「ゴールデンスランバー」は 「伊坂幸太郎的に娯楽小説に徹したらどうなるか」と銘打って出された作品だけに 傑作じゃないわけがない … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 いやあ、面白かった...面白か… このレビューの続きを見る

私の人生において、この人を超える作家は決して現れない。本気でそう思う。 好きすぎて感想が書けないくらいなのだが、それだと感動したことを忘れてしまいそうなので、何とか書こう。 本の帯にも書いてある… このレビューの続きを見る

素晴らしい。 とりあえず、こんな素晴らしい本が出てしまうと、今年のベストを考えるのがおっくうになってしまうね。 作られた「せかい」の話なのかな。 別段、救いのある話じゃないのだけど、ずっと一緒に逃走しているような臨場感がある。 途中でやめられないよ〜〜もう天才。 偶然なんてないんじゃないかと、不安になってしまう。

久しぶりの伊坂さんです。 昨年末、発刊された新作で、発売と同時に購入してたのですが、中々読むことが出来ず・・・皮肉にも入院により、やっと読む事ができました。 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっ… このレビューの続きを見る

実はこの作品がはじめて読む伊坂作品です。 伊坂幸太郎・京極夏彦・西尾維新・森博嗣は「一度手をつけると大変なことになりそうで手がつけられていない」作家だったのですが、伊坂さんについてはこの作品で解禁。 … このレビューの続きを見る

平行して読んでいたのが村上龍の「半島を出よ」で、 どっちも、 「こんな未来がきたら最悪だけど、更に現実にそういう未来がありえそうなところが更にイヤ」 みたいな設定で、ちょっとゲンナリ。 なんてこと… このレビューの続きを見る

☆☆☆☆ 「ラッシュライフ」が好きな人は、この「ゴールデンスランバー」も絶対気に入ると思います。ストーリーは簡単に言うと、「オズワルド(ケネディ大統領暗殺犯)にされそうになったボーッとしたイケメンが、… このレビューの続きを見る

ぽつぽつと読書中です。 で、一月末あたりだったでしょうか、伊坂クン(とうとう「クン」呼ばわり)の「ゴールデンスランバー」を読んだのは。 ここのところ、映画も読書もイマイチのめり込めない日々が続いてい… このレビューの続きを見る

面白かったよ。 「魔王」「砂漠」と、何となくビミョーって感じでいたので、久しぶりに伊坂っぽいね!って作品です。 ちょっと伏線のはずのエピソードが見え見えなんで、これが関わってくるんだろうなーってのは… このレビューの続きを見る

仙台を舞台に、仕組まれた首脳暗殺の犯人に仕立て上げられた主人公が逃亡する話。 友人との会話、外部から見た主人公、迷走する情報、現在と二十年後、 果たして主人公は逃げ切ることができるのか。 臨場感が… このレビューの続きを見る

 国民的人気を誇る金田首相が仙台で暗殺された! 警察が容疑者として発表したのは青柳雅春という男。彼にとっては首相暗殺なんてまったく身に覚えのないことだったが、容疑者発表の前から彼は警察組織に追いかけ… このレビューの続きを見る

あ”〜おもしろかった。

21:39:By

昨夜、一気に読み終えました〜〜。 ”伊坂的娯楽小説突抜頂点” と、帯に書いてありましたが、、、イヤ、ホンマ、伊坂ファンとしてはとにかく満足の一品。 -------- 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われて… このレビューの続きを見る

やっぱり、伊坂。 どこまでも、伊坂。 間違うことなき、伊坂! おもしろかったです。久々にドキドキしました。 国家権力による策謀vs.一般人。 ワケわからないながらも、とにかく逃げる。脱出劇ですね。 ま… このレビューの続きを見る

冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベスト、s子さんからのエントリです。 読まれた方はトラックバックとかコメントいただけると嬉しいです。

JUGEMテーマ:読書 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかし… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子は… このレビューの続きを見る

内容紹介 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 面白かったなー 読み始めたら止まらないとい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 待ちに待った、伊坂氏の書き下ろし。 最近は、政治的なものが題材になることが多いですね。 今回の作品は、政治そのものというよりは・・・世論とかジャーナリズムとか権力みたいな力のようなも… このレビューの続きを見る

2008年最初に読んだ本は大好きな伊坂幸太郎さんの最新作です 同タイトルのビートルズの「GOLDEN SLUMBERS」はこのブログのタイトルにも使わせていただきました 伊坂作品はほとんど読んでいるのですが、いつもの… このレビューの続きを見る

どうもこんばんはルプティです! 今日は面白かった本の紹介なんてしてみようと存じます(日本語崩壊 紹介なんて初めてだけどがんばる!! 俺ならできる逃げちゃだめだああああ と、いうわけで… このレビューの続きを見る

オススメの本の紹介いってみよ〜のコーナーです♪ 今回は大好きな伊坂さんが2年ぶりに書き下ろされた「ゴールデンスランバー」です ストーリー 金田首相が仙台で凱旋パレードを行っている途中に暗殺されてしま… このレビューの続きを見る

3.8

ゴールデンスランバー

15:30:By

JUGEMテーマ:読書 最初の1/4は日々の疲れてからかちょこちょこと読んでは閉じるという風な感じでかったるかったんですよ。正直申しまして。 残りの3/4はほぼ一気読みです。 本領発揮です。 1人でどうのとい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ラジコンヘリを使った爆弾で首相が暗殺された!  なんと今回はジョン・F・ケネディ暗殺をモチーフにしている作品でした。  今回も舞台は仙台で、相変わらず文中や文体に遊び心がふんだ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青… このレビューの続きを見る

仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の新作、これは映画のようなストーリーと展開で、時間と場所を一緒に駆け抜けるようだった。 超リアルな実在の場所、仙台市で起こる、あり得そうでも実際は非現実的な事件。首相暗殺が起こり、その犯人… このレビューの続きを見る

お取り寄せしてから、郵送でやってきた本。 久々の長編との事だったので、大切に。大事に。読みたかったんだけど 気付けば結構な勢いで読んでました。 面白かった☆ あらすじ 仙台で金田首相の凱旋パレード… このレビューの続きを見る

(あらすじ) 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと… このレビューの続きを見る

あぁ、これで直木賞なんか取っちゃったらやだなぁ… と思ったのが第一感想でした。いや、悪くないし、面白いんですけど。 雰囲気的には「魔王」の若干薄め、+「グラスホッパー」ですか。 雰囲気ですよ、雰囲気。… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? パレード中に暗殺された首相、無関係なのに犯人に断定された男は逃げる、ひたすら逃げる 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり、千枚にも及ぶ超長編!

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した… このレビューの続きを見る

関連する商品