>
[Amazon] ばかもの

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ばかもの
ばかもので自分のブログにレビューを書く

ばかもの

3.2 [3.2](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:237723位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104669032(新潮社)
ばかもののamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.2 [3.2]

3.2

ばかもの

09:11:By kira* kira*

映画『ばかもの』公式サイト JUGEMテーマ:読書

製作年 : 2010年製作国 : 日本配給 : ゴー・シネマ上映時間 : 120分監督 : 金子修介原作 : 絲山秋子出演 : 成宮寛貴 、 内田有紀 、 白石美帆 、 … このレビューの続きを見る

想像上の人物

22:04:By

 テンポ良すぎて、ぐっとくる暇もない。絲山さんは頭の回転はやいんだなということは理解した。酒といえば、年末の忘年会で日本酒を浴びるように飲んだ挙げ句、約10年ぶりにベロンベロンになってしまい、周り… このレビューの続きを見る

3.2

ばかもの

18:04:By ほんのひとこと

大学に入ったヒデは学校にも行かずに バイト先で知り合った年上の額子とセックス三昧の毎日だ。 しかし額子が結婚することとなり酷いフラれ方をしたヒデは かろうじて卒業、就職に成功して翔子と付き合うようになる… このレビューの続きを見る

簡単に言うと、ヒデというひとりのばか男の話ですね。額子、ネユキ、翔子、全然違うタイプの女と付き合ったよね。途中、酒に溺れていく過程は、アルコールに負けてしまうひとってこんな風に、他人の言葉が聞けなく… このレビューの続きを見る

気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。すべてを失い、行き場をなくした二人が見つけた、ふるえるような愛。生きること、愛す… このレビューの続きを見る

ばかもの

17:59:By sometimesUC,sometimesION

  この小説が発売されたのは2008.9らしい。そうか、と私は納得がいったのは、この表紙をもう随分手に取っていた気がするからだ。案の定図書館で何回も借りられていた本のひとつだとは思う。ここ2日で3冊読ん… このレビューの続きを見る

 「ばかもの」っていうタイトルに惹かれて手にとりました。 「馬鹿」ってものすごく見下して冷たい感じがするけれど 「もの」がつくだけでこんなにも親しみが持てるものだなぁ と。 確かに「ばかもの」のお… このレビューの続きを見る

 大学生のヒデは、授業もろくに受けずに年上の額子との 関係に夢中。しかしある日、額子から一方的に捨てられ・・・。 主人公が徐々にアルコール依存になっていき、意志に反し 周囲を傷つけ、もともと卑屈だっ… このレビューの続きを見る

帯に記されたあらすじ。「気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。すべてを失い、行き場をなくした二人が見つけた、ふるえるよう… このレビューの続きを見る

3.2

ばかもの

21:15:By Phantasmagoria

途中までは「なんだ、アル中の話かあ……」と思っていたけど、だんだん面白くなっていった。 ほんとに本の置き場がなくなってきた。 どうしよう……

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/10/29 [新潮社HPより] 絶望の果てに響く、短く不器用な、愛の言葉。待望の恋愛長篇。 気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、いつしか別れ、… このレビューの続きを見る

3.2

ばかもの

17:38:By 71

いーんじゃないの、これ。 久々に私的絲山ヒット!という感じ。 ギリギリと痛くって、ぎゅーっと圧迫されて、最後はパーッと。 ずーっと暗闇にいて、なんだかまわりがもうすぐ明るくなりそうだって予感があっても、… このレビューの続きを見る

3.2

ばかもの

20:57:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 絶望の果てに響く、短く不器用な、愛の言葉。待望の恋愛長篇。 気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、いつしか別れ、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失… このレビューの続きを見る

ばかもの

21:58:By Book & Movie memo

☆☆★ 主人公がアルコールに溺れて堕ちて行く様子はリアリティがあって、もがき苦しむ様は印象深い。それは、終盤の救いの部分が蛇足と思える程で、収まるところに収まるラストは、私には無理矢理取って着けたように感じました。

ばかもの

16:38:By * 不定期雑記 *

「ばかもの/絲山秋子」を読了。 これはちょっとちくはぐなんじゃないかなあ。主人公の駄目っぷりと、友人達にはリアリティを感じたけれど、額子の設定がなんだか無理矢理なんじゃないだろうか、どうだろうか…。 あ、今作も良い音楽が鳴ってました。 絲山作を読む度にどんな曲が挿入されているのか、毎回楽しみなのですが、今回はイエスでした。  Yes -「 Fragile」

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品