>
[Amazon] つやのよる

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

つやのよる
つやのよるで自分のブログにレビューを書く

つやのよる

3 [3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:830758位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410473103X(新潮社)
つやのよるのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3 [3]

艶という女性、 男を魅了して様々な女性から男性を奪ってきた女。 彼女の断片を、直接関わった男たちの近しい女が 艶に入り込まれた人生を語る。 艶のことを直接語っているのは最後の一編、 艶の最後の夫、のみ。 あまりに断片すぎて、艶の何に男たちが惹かれたのかよくわからなかった。

つやのよる

08:58:By nhosan's works

 井上荒野 何冊か時々ふと読んでいるけど自分がこの人の作品が好きなのかどうかよく分からない事が多いこの『つや』は通夜ではなくて艶という名前の女性この女性があらわれひきずられた色々な周りの人達関係… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 私は愛されているのだろうか――夫、恋人、父と関係のあったらしい、艶という女の危篤の知らせをきっかけに、自分の男をいつも以上に観察する女たち。立ち現れる男たちの他人のような姿。性的に… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品