>
[Amazon] 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道で自分のブログにレビューを書く

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

おすすめ!4 [4](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:143009位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104774014(新潮社)
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4 [4]

JUGEMテーマ:読書この本は先日読んだ佐々木常夫氏の本の中で紹介されていた本で、興味があったので読んでみた。硫黄島の戦いでの日本側指揮官であった栗林忠道にまつわるドキュメンタリーである。映画「硫黄島からの手紙」でモデルになった実在の人物でもあるが、この映画のこともよくは知らなかったので新鮮な気持ちで読めた。ちなみに映画の公開よりも本書の出版の方が先のようである。

硫黄島からの手紙などでブームになった栗林中将(死後大将に昇進)。いろんな戦争の話を聞かせてくれた老人たちはどんどんなくっていく。祖母は女学校を優等で卒業し大阪城に入った。大阪城は激しい爆撃にさらされ… このレビューの続きを見る

4

今日からこれを

18:52:By selfish.

 読もうと思う。なぜこの本か?家にあったから(それだけか)

207 名前:198です[] 投稿日:2008/06/19(木) 23:57:07でわ入間から130にて到着到着後、直ぐ、擂鉢山の慰霊碑に参拝(献花andお水)。島内を色々案内して貰う幾つか壕を見学した後、有る壕にて……途中まで進むが、有… このレビューの続きを見る

予は常に諸氏の先頭に在り 映画「LETTERS FROM IWAO JIMA」には、鬼神哭しむるごとき日本兵の姿は無かった。その淡々とした映像からは伝統的な「滅びの美学」を感じることができず、期待はずれであった方々もお… このレビューの続きを見る

「硫黄島からの手紙」を読んですぐに読み始めたこの本は第2次世界大戦の無謀さを改めて教えてくれた。 この本のタイトル「散るぞ悲しき」は栗林忠道中将の最後の句      国の為重きつとめを果たし得で … このレビューの続きを見る

関連する商品