DB Error: connect failed 百年の孤独 - ガブリエル ガルシア=マルケス のレビュー全8件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)
百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)で自分のブログにレビューを書く

百年の孤独

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:6287位
  • Amazon価格:¥ 3,024
  • ユーズド価格:¥ 1,950
  • ISBN/ASIN:4105090119(新潮社)
百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

★2014/05/22→06/05

せつなさ

22:16:By wool ウール.

去年の夏は一度も観なかったのに、急に花火が観たくなってきました。今年は浴衣を着たいなあとか、そのとき隣に誰かいるのかなあとか、夏の花火のことを思い出してせつなくなってきたのは、先ほど読了した、「百瀬… このレビューの続きを見る

今日も阿武隈川を爆走。河川敷では、おっちゃんが昨日と同じポイントでゴルフの素振りの練習をしていた。ハローワークの行列はできていなかった。 ガス工事?の後?に埋められるやつか、道にピンクとか青の丸い奴が… このレビューの続きを見る

3.6

百年の孤独

08:41:By はなうた日記

 何かにとりつかれて書かれたのではと思うような入魂の作品。 湿気や汗や汚水に埃、皮膚で感じる物語だった。 また時折おとぎ話のような不思議なエピソードもあり、 『赤い薔薇ソースの伝説』をふと思い出した。 本の最初にある家系図、これを見ないと誰が誰だかわからなくなりそう。 一郎と次郎という名前を生まれた子交互につけてるようなもん。

 言わずと知れたノーベル賞作家である、ガルシア・マルケスの代表作。 なのだが、ある一定の世代以下からは、 レアな焼酎の名前としての方が通りが良いような気がする。 年末に家賃支払のカードからポイント… このレビューの続きを見る

登場人物の名前を覚えるのが大変でした!子供にも同じ名前をつける場合があるので、どっちの話だ、と巻頭の家系図を見ること数回。何代にもわたる一家の話で、いろいろなことが起こります。一難去って、また一難という感じでなかなか誰も幸せになれない、そんな印象を受けました。ウルスラが元気で一家に活気があった時代が一番好きです。JUGEMテーマ:読書

蜃気楼の村マコンド。その草創、隆盛、衰退、ついには廃墟と化すまでのめくるめく100年を通じて、村の開拓者一族ブエンディア家に受け継がれた孤独の深淵。 20世紀後半の世界文学を力強く牽引した怒涛の人間劇場。 … このレビューの続きを見る

面白いですよとお客さんに薦められて探していたんですが、文庫でばかり探していたらハードなでっかい本でしか出版されていないということで、なんと頂きました。本当にありがとう。決して安い本でもないんですが、大事に読みたいと思います。かなり読み応えがありそうです。まだ始めの1ページです。 感想は後ほど。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品