>
[Amazon] センス・オブ・ワンダー

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダーで自分のブログにレビューを書く

センス・オブ・ワンダー

おすすめ!3.9 [3.9](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:3133位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 622
  • ISBN/ASIN:4105197029(新潮社)
センス・オブ・ワンダーのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.9 [3.9]

読んだ。

レイチェル・カーソンの本はバイブルみたいなものですね。 私は97年に子どもを産んで、自分の培ってきたもののすべてを注いで育ててきました。良くも悪くも。 一番楽しかった思い出はやっぱり海で一緒に遊… このレビューの続きを見る

センス・オブ・ワンダー レイチェル・カーソン著 新潮社  先日、桜が満開の頃の話です。 甥っ子たちが来ていたので、せっかくだからというので近… このレビューの続きを見る

読んだ。

今日は、実りの多い1日でした!次女の幼稚園でボランティアの読み聞かせの会の集まりがあったのですが、そこで得たものが大きすぎて、「ああ、行って良かったな」と心から思っているところです。とりあえず、すぐに… このレビューの続きを見る

  大好きな潤子先生から 貸してもらって読みました。 貸してもらった時センスオブワンダーは知らなくて 全部読んでから最後の刊行リストをみてやっとわかりました。 沈黙の春の作者なんですね… 沈黙の春を… このレビューの続きを見る

 センスオブワンダー(神秘さや不思議さに目を見張る感性)なんで?どうして?子供の純粋な興味や好奇心を育てるために大人が出来る事は、感じることのできる感性を育てる事。レイチェルカーソンの中で一番好… このレビューの続きを見る

3.9

息子の乱読日記

20:44:By Film Rider

うぅ〜ん?

 夫がDJしてくれたこの本に、自分の確信しているものがつまっていました。レイチェルが1歳8ヶ月の姪の息子ロジャーと夜の海へカニをさがしに行ったり、雨の森を探検しにいった情景が描かれています。すべて… このレビューの続きを見る

 レイチェル・カーソン 1回目 2010.6.23 " The Sense Of Wonder " 〜美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見張る感性 いろいろなものの名前を覚えていくことの価値は、 どれほど楽しみながら覚える… このレビューの続きを見る

遅まきながら読んでみました。 グッときた。子ども育てたくなる。

レイチェル・カーソン(Rachel Carson)の名をはじめて意識したのは大学院の「キリスト教社会倫理」のゼミのときです。今おもえば、これほど有名な人物をそれまで知らなかったというのは恥ずかしい限りです。「キリ… このレビューの続きを見る

環境破壊について書かれた名著「沈黙の春」の 著者、レイチェル・カーソンの作品。 彼女の甥っ子との関わりから書かれた作品。 いつまでも好奇心を持ち続け、 自然の威力、不思議、素晴らしさを楽しむ心を持っていること。 それが、“Sense of Wonder” 掲載されている写真もとってもキレイ。 手元に置いて、時々読み返してはワクワクできそう・・・♪

3.9

Inspiration from Nature

17:14:By space*design

デザインでのアナログなテクニックの活用法を紹介している記事を発見。

関連する商品