DB Error: connect failed 幻影の書 - ポール・オースター のレビュー全10件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

幻影の書
幻影の書で自分のブログにレビューを書く

幻影の書

おすすめ!3.3 [3.3](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:416802位
  • ユーズド価格:¥ 172
  • ISBN/ASIN:4105217127(新潮社)
幻影の書のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.3 [3.3]

2002年に発行されたポール・オースターの「幻影の書」。筆致に冴え、ストーリー展開の絶妙さもさることながら、そこに込められた人の生についての不可思議さに魅了される。主人公にとって、生は落ちること、愛しい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

幻影の書

07:44:By 虎ひげ獄中日誌

  妻子を飛行機事故で亡くした大学教授が1930年代に 失踪した無声映画喜劇俳優ヘクターマンの作品を研究し本を書くことに没頭し、辛い現実から逃れようとしていた。 程なく著作は出版され、教授の元に… このレビューの続きを見る

「幻影の書」

01:14:By よんでみる

オースターが好きな理由の一つは、長編でも一つの視点で目的へ真っ直ぐ突き進むところかもしれません。それでも、わき目も振らずまっしぐら、という訳ではなく、丁寧な描写で全体の世界がきちんと描き切れていると… このレビューの続きを見る

幻影の書

00:58:By THE RED NOTEBOOK

読了

幻影の書

00:52:By THE RED NOTEBOOK

読み始める

幻影の書

00:50:By THE RED NOTEBOOK

●図書館貸し出し(→2/13)

読み終わった後、やっぱり泣きたくなった。 でも「泣ける」本ではないから、叫びだしそうな気持ちをじっとこらえている。耐えるしかない。 あらすじは一行で説明できる。文学者デイヴィッド・ジンマーが、“幻のコ… このレビューの続きを見る

「幻影の書」ポール・オースター 334p新潮社 デイビッド・ジンマー教授は、妻と幼い息子を飛行機事故で 失って 立ち直れなかった。 ある日無声映画の喜劇を 見ていて、ヘクター・マンを知る。そしてその映… このレビューの続きを見る

幻影の書

14:39:By LOOSE LEAF

10月31日発売

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品