>
[Amazon] 見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)
見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)で自分のブログにレビューを書く

見知らぬ場所

おすすめ!3.8 [3.8](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:193394位
  • Amazon価格:¥ 2,484
  • ユーズド価格:¥ 883
  • ISBN/ASIN:4105900684(新潮社)
見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.8 [3.8]

3.8

見知らぬ場所

13:24:By Bottle Ship

JUGEMテーマ:読書 読書にはコンディションが重要であると思う。とくに、この『見知らぬ場所』のように丁寧に書かれた短編は、自分が精読できる状態でないと、面白く感じることができない。小説の興味が、できご… このレビューの続きを見る

ひなこさんからご依頼をいただきました。 「連作短編集が好きで、最終話で、今まで張り巡らされていた伏線がすうっと回収されていく話を読みたいと思っています。日本でも海外でも、どんなジャンルでもかまいま… このレビューの続きを見る

原題"UNACCUSTOMED EARTH"(2007) 小川高義訳。 再読。今や超寡作と言って過言ではないラヒリの3作目で2008年クレストブックスにて刊行ですが最新作にあたる作品。 ちなみにこの作品で第4回フランク・オコナー国… このレビューの続きを見る

一昨年から読みたかった本。ちょっと前に、漸く借りて読むことが出来た。 「毎晩、読みなさいと言われるものを読んでいたい。まだ読んだことがなくて、もう読むこともあるまい大作家が何人もいる。これからは娘た… このレビューの続きを見る

 とても評判のいい小説ですね。裏表紙に書かれている言葉も最上級の賛辞ばかりです。ここまで評価されるのは、心理描写のうまさにあるのだと思います。ただ私はそんなに共感できなかったです。ひねくれ者かもしれません。 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。JUGEMテーマ:読書

●本日の読書 ・「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ/新潮クレスト・ブックス  良かった。とても良かった。アリス・マンローよりもジュンパ・ラヒリの方が好きだなあ。  七つの短篇、うち三篇は連作短編「ヘーマ… このレビューの続きを見る

ラヒリの新作短編集(と言っても出たのは半年前ですね)。 よかったです。どれも面白いし、読み応えがあります。 特に好きだった2編を紹介。 「地獄/天国」。夫以外の男に心ゆれる母親が、その娘の視点から… このレビューの続きを見る

妻を亡くしたあと、旅先から葉書をよこすようになった父。仄見える恋人の姿。ひとつの家族だった父と娘がそれぞれの人生を歩む切なさを描く表題作。子ども時代から行き来のあった男女の、遠のいては近づいてゆく三… このレビューの続きを見る

今さらですが2008年で一番好きだった本。 ジュンパ・ラヒリの短編集となります。 「何でこんなに共感できるんだろう!」と不思議なくらいでした。 すべてが今の自分の気持ちと重なる・・。 親の世代との… このレビューの続きを見る

短篇5作と3つの連作短篇が収録された短篇集 『停電の夜に』を読んだときは、文化の違いやそれによる違和感を取っ付き難いと感じて読みづらく思ってしまったけど、この本からはそういう印象を受けませんでした 著者の長篇小説もあるようなので、読んでみたいです JUGEMテーマ:読書 

関連する商品