>
[Amazon] サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)で自分のブログにレビューを書く

サラの鍵

おすすめ!3.6 [3.6](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:261638位
  • Amazon価格:¥ 2,484
  • ユーズド価格:¥ 177
  • ISBN/ASIN:4105900838(新潮社)
サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.6 [3.6]

今日はこっぺちゃんと映画!テアトル銀座にて「サラの鍵」を観てきました〜まずは腹ごしらえ♪レストランサカキでエビフライ〜ヽ(*^。^*)ノ 列が出来てたけど、店内広かったのであんまり待たずに入れた。美… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 Yahoo映画情報 銀座テアトルシネマ クリスマスなので明るい映画を見たかったんだけど、なぜかコレ。^_^; Yahooのみなさんの評価はとても良いのですが、 私的にはそんなに好きじゃないかな。 主人公の女の人の自己満足に感じてしまう…。

映画サラの鍵

23:58:By CO STYLE BOOK

今日は映画サラの鍵の試写会に行ってきました。第二次世界大戦中に起きたユダヤ人迫害をリサーチして書かれたベストセラー小説を映画化した作品です。過去に起きた出来事として知りながらも現代の日常生活とかけ離… このレビューの続きを見る

本:サラの鍵

21:13:By tandem flight

 パリで平穏に暮らす45歳のアメリカ人記者ジュリアは戦時中にこの街で起きたユダヤ人迫害事件を取材することに。しかしその事件が彼女の、そして家族の人生を深く、大きくゆさぶりはじめる…。 戦時中のフラ… このレビューの続きを見る

読み終わった後、呆然として思考が止まってしまいました。 内容にはもちろんですが終わってしまったことが 寂しくもあり、でも、終わったという安堵感もありました。 自分の中でこの事にどう折り合いをつけてい… このレビューの続きを見る

久しぶりに心が飽和状態のスポンジのようになっている臭い物には蓋前に進むためには蓋をしなくちゃいけなかったのかもしれないでも、蓋をされたが故に切り捨てられた人や真実があったのだとしたらその人たちはその… このレビューの続きを見る

「サラの鍵」

23:01:By What's up, Luke ?

年末公開予定の映画「サラの鍵」を試写会で一足早く見て来ました。夏に見た「黄色い星の子どもたち」と同じく「ベルディヴ」(1942年パリで起こったユダヤ人一斉検挙事件)がモチーフのお話です。「黄色い星の子ど… このレビューの続きを見る

1942年パリから物語は始まる。10歳のサラは、ある夜突然家にやってきた警察に家族と一緒に連行させられる。すぐに迎えに行くからと見つからないように、幼い弟を秘密の隠れ場所に隠したサラ。しかし彼女は、その後… このレビューの続きを見る

サラの鍵

20:05:By It's very IANy isn't it?

今年邦訳が出たばかりなのに、映画化され、今秋の東京国際映画祭でも上映されて しまった。 主演は クリスティン・スコット・トーマス。英語圏出身で英仏バイリンガルで芝居の 出来る人といえばこの人しかいないだろ… このレビューの続きを見る

しっかりと蓋をして、遠くへおしやってしまいたい悲惨な記憶。たった10歳でそんな体験をしいられてしまったサラ。平和な時代を生きてきた私に、彼女の苦しみのいったいどれほどが理解できたのか・・・。ただ、夢中… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品