DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed バカの壁 - 養老 孟司 のレビュー全33件 JUGEMブログ

>
[Amazon] バカの壁 (新潮新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

バカの壁 (新潮新書)
バカの壁 (新潮新書)で自分のブログにレビューを書く

バカの壁

おすすめ!3.3 [3.3](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:7858位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4106100037(新潮社)
バカの壁 (新潮新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.3 [3.3]

3.3

『バカの壁』を読んだ

09:37:By ruru

新書、という媒体を手にするのはどういう人たちなのか?ということがすごく気になる。特にこの本はすごく流行ったそうなので…。 年代、性別、職業、役職、そういうもので区切っていったとき、どういう層の… このレビューの続きを見る

「自分の壁」を破るいちばん簡単な方法 バカの壁 「自分」の壁

これ、とある場所にあったので買ったわけじゃないんだけど 時間が限られていたから、チャチャっと50分以内で読んだ 常識とか、意識のこととか 抽象的なことから 教育の事まで色んな問題や事柄を養老… このレビューの続きを見る

3,000ちょびリッチポイント あかいわたるさん 会員番号:10858**  6,000ちょびリッチポイント タッシーさん 会員番号:19506**  90,000ちょびリッチポイント ツグ32さん 会員番号:16609**… このレビューの続きを見る

3.3

バカの壁

01:20:By Three wise men of Gotham

 入力に出力が全然影響を受けないって話、すごいなるほどって感じ。 係数aという表現がされてて、たとえば、aが0や限りなく0に近い場合、何かが起きてもそれに反応することがなく、行動に影響が出ないっ… このレビューの続きを見る

●今日の読書 ・「バカの壁」養老 孟司/新潮新書:ISBN: 4106100037  読んでみましたよベストセラー。帯の「話せば分かるなんて大嘘!」と云う言葉がこの本の全てを物語っていますな。大概の人は、自分は不変… このレビューの続きを見る

今更ながら、壁シリーズを読む一冊目。 「バカの壁」。 人間は、そもそも頭と体とで神経が入れ替わってて、 体を使うか使わないかで、「知っている」と「理解する」の差、 知識と常識(雑学ではない)の差で… このレビューの続きを見る

こんな時間ですが更新します。雷がうるさくて眠れないので読書していました。『バカの壁』読み終わってしまったんですが、目が覚めてしまったのでこれから数学と格闘しようと思います。ピクシブ見てるばあいじゃない!でも見たい!

バカの壁

15:03:By JUNGLE GREEN

バカの壁だけ持ってます。確か学生時代に読みなさいと先生に言われて買ったような…。最近、体調が悪いので横になっていて、それで目についた本を本棚からだしてきてパラパラ見ていて。面白いです。死の壁とかも読みたいです。

 バカの壁  著者 : 養老孟司

おみあげ

19:28:By STORY OF NOISE

なぜか頭の良いH,Oから視線を感じるようになった。H,Oはクラスで3本の指に入る頭の良い女子だった。小学校の時もなぜか人気女子で、とても頭の良かったR,Oからの好意を感じていた。 頭の良い女子は馬鹿が好き… このレビューの続きを見る

東大名誉教授の養老孟司氏が、普段思っていることをまとめた本です。養老氏が口頭で言ったことを、編集者の人が文章化したそうなので、とりとめがないし、とにかく分かりにくかったです。私が解釈するには、おそら… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:教育 今回レビューするのは約10年前にベストセラーになった本です。この本は賛否両論で有名だそうですが……わかる気がします。個人的には1章と8章が面白かったです。 この本に関し… このレビューの続きを見る

 ここ2ヶ月くらい憂鬱なことがありまして方丈記が書きたくなりました(笑)正直ブログに書くことではないと思うのですが(ちょっと成長した)最近自分のやってることを全否定されたり上から目線で超馬鹿にさ… このレビューの続きを見る

バカの壁

00:30:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  ようやく読めた。 こうして読んでみると、まあ、ふつうのエッセイだ。バカ売れしたのが、いまいちぴんとこない。ふつうに、養老節が語られている。きっと、タイトルが凄かったので、みんな初めて養老エッセイを読んで、ぶっ飛んだんだろう。きっと。

タロウの母様に教えていただいた養老孟司さんhttp://www.nikkei.co.jp/biod/columns/index.aspx?n=MMWEa3000018052009&cp=1http://www.nikkei.co.jp/biod/columns/index.aspx?n=MMWEa3000018052009&cp=2htt… このレビューの続きを見る

養老猛司 大学教授・作家 1937年 神奈川県生まれ。 1962年 東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。 1995年 東京大学医学部教授を退官。 現在、北里大学教授、東京大学名誉教授。 2003年に… このレビューの続きを見る

養老先生の本は、あまり売れないころからのファンで、大好きだった。そして、このバカの壁が出版されて、売り出されたと同時に買った。そう、いわゆる初版本だ。当時は、他の養老先生の本と違って、雑な作りだなと… このレビューの続きを見る

会社で少し席替えがありました。 一緒に仕事してる人が、前の席にいたけど隣に来ました。 普段、 「そこまでしなくてもいいのに。」 ってくらい、気遣いする人なのに、仕事で理不尽なことにはかなり敏感で、よ… このレビューの続きを見る

今頃読むのは遅いですか。 タイトルは過激ですが、 中身は過激ではないです。 わかりやすい言葉で書かれています。 わかりやすい言葉だからといって、 言っていることがすべてわかるかというと そうでは… このレビューの続きを見る

3.3

バカの壁/養老孟司

01:46:By infinity

いまさらながら、近昔の超セラーを読んでみた。正直な感想、今の自分にぴったりの内容だと思う。高校生や大学生の時期、実に興味深いものになるだろう。「わかる」ということがいかに安易に行われていて、それが危… このレビューの続きを見る

 ほんとにね。「人間はかわるもの」「情報はかわらないもの」ですよね。

気分を新たに。

19:20:By MANHATTAN QUEEN

ということで再開します。 最近読んだもの、読みたいものはこの3つ。 麻雀漫画ってマイナーですよね…。 バカの壁は前に一回読んだけど、買いなおそうかと考え中。 (ついでに死の壁、超バカの壁の三部作を読… このレビューの続きを見る

これもまた、本棚から引っぱり出してきて、 久しぶりに読んだ。

オレガノ一社 金子〜 以前紹介した。茂木健一さんの著書 『 脳を活かす仕事術 』の中で少し紹介のあった本で 養老 孟司 さんの著書 『 バカの壁 』を ラシックの本屋で立ち読みしました 15分くら… このレビューの続きを見る

インターネットが普及し 何についても、即時に検索し 答えが分かる。何となく知っている。 しかし、その何となく知っている状態が 新しい情報を吸収する壁となっている。 一部、「こじつけ?」と… このレビューの続きを見る

高校生のときに読んだ「バカの壁」 「偉そうだから」などという理由で嫌いな人も多いけど 私は養老さんは結構好きだ。 日本では「理論的」というのが好まれていない気がする。 理論的に話をしようとすると,みん… このレビューの続きを見る

かなーり時代違いの本のレビューを書きます。 編集者が質問し、養老さんが答える形式を書籍化しただけあって、口語のようにスラスラ読みやすかった一冊。 昔に比べたら最近の日本は変だ、何かオカシイと言った… このレビューの続きを見る

読み始めました。 バカの壁って言うものは、誰にでも必ずあるもの、のようです。 だから、養老先生にも、バカの壁はあります。 この超えられない壁を、この人生でどうやって受け入れていくか。 これが、実はバカの壁を超えられるかどうかの肝だという気がしています。 最後まで読んだら、またレビューします。

流行語大賞にまでなってしまった“バカの壁”。

相変わらず僕の書く文章が変ですが、 僕は今年の5月26日にこのブログで禁煙宣言をして以来禁煙は続いてるんだけど、普段全然タバコを吸いたいとは思わなくて、人が吸ってるのもそんなにはイヤじゃなくて、でも、灰がこぼれたりするのが気になったりします。

・・・納得半分。疑問符半分。 とても噛み砕いて書いてくれているので、理系嫌いでも割合ざくりと読めるかと思います。

今、コレを読んでいる…。 ベストセラーは敢えて避ける質なのに、何故か読んでいる…。 某レンタル&古本ショップで100円。 同店頭のガシャポンと同価格。 旬が過ぎたベストセラー=ガシャポン。 価格=価値ではないのだろうが、なんとなく寂しい。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品