DB Error: connect failed 国家の品格 - 藤原 正彦 のレビュー全27件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 国家の品格 (新潮新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

国家の品格 (新潮新書)
国家の品格 (新潮新書)で自分のブログにレビューを書く

国家の品格

おすすめ!3.6 [3.6](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:21543位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4106101416(新潮社)
国家の品格 (新潮新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.6 [3.6]

●本日の読書 ・「国家の品格」藤原正彦/新潮新書 ISBN:4-10-610141-6  好きですね、この考え方。そもそも挨拶から始まって敬語も話せない年下が増えている事に業腹だったので、先ずは国語教育の充実を、と… このレビューの続きを見る

思えば、本を読み始めようと思ったきっかけは、 藤原正彦(数学者)と安藤光雅(画家)の対談集がきっかけだったな、と・・・。 食養で体を作り変えた私は、次は脳みその中身だと思い立ったのだ。 (関連内部ブ… このレビューの続きを見る

 国家の品格 著者 : 藤原正彦

JUGEMテーマ:気になる書籍 左:国家の品格-藤原正彦 右:愛国の作法-姜尚中(カン・サンジュン) 最近、アイデンティティやら日本人らしさやら英語教育やら、そんなことばっかり考えてたら、図書室でつい、 左… このレビューの続きを見る

3.6

国家の品格

19:24:By ddd

西洋の後ろをついて行きたがる日本の有り様に警鐘を鳴らした本。 品格を無くしてしまった私達が今考えるべき問題はなにか、ということが噛み砕いて書かれている。 己と己の国に誇りを持ちましょう。 私達はこの美しい国日本に生まれた。 そのことにもうすこし胸を張ってもいいと思う。

スノーボード・ハーフパイプ代表の国母和宏(右)。 橋本聖子団長(左)は全日本スキー連盟から出場を辞退させる申し入れがあったことを明かした上で、国母を予定通り出場させることを決めた。 バンクーバー五… このレビューの続きを見る

国民の義務

16:35:By 新米部隊長Blog

近代憲法(立憲主義的憲法)は、人の生来的な権利や自由を保障し、国家が国民を支配する際の限界を示したものである。 そのため、本来の意味での憲法的義務は、国家ないし権力を行使する者に対して課す「憲法を… このレビューの続きを見る

よんでいて、70代の偏狭で内向きな世界観にむせかえりそうになる。一つの事実をつまみあげて、論を拡大解釈したりしていて、半分ほどよんで、価値がないと判断して本を閉じた。が、しかし、この程度の主観の垂れ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今頃って感じですが、読みました。 文章はわかりやすくて、笑えて・・・とノリはエッセイと同じ感じでした。 いっきに読めます。  出版社/著者からの内容紹介 日本は世界で唯一の「情… このレビューの続きを見る

一言で当書を表現するなら、数学者である著者が『日本は良い国だよ!』と記す本です。個人的には、実際に著者本人のプライベートであった外国人との交流部分の記述が面白く興味深かったです。 一例を出すと、虫の… このレビューの続きを見る

ノブさんがこないだmixiでレビューしてたので、 私も本棚から引っ張り出してきて、読んでみた。 流行った頃に、ちょろっと読んだんだけど、ちっとも頭に入ってこなくて、 20ページくらい読んで辞めた。 けど今回は、ものすごく共感するところが多くて、 私にしては珍しく、4日間くらいで読み終わった(私、読むの遅いんです・・)。 思ったこと、たくさん・・・

 論理に対しての危険性を語りつつ、情緒や価値観の重要さを説いています。そしてどのような国家が望ましいかを創造しています。論理は、ここ最近の世界で重要視されてきたものではあるが、筆者は論理は3つの理… このレビューの続きを見る

市場原理・合理性を中心とするグローバリズムの綻びが見えてくるなかで、 日本人は、武士道精神を始めとする古来持っていた「倫理」「誇り」「感性」を 再度認識して、世界での役割を担っていく事が求められている。 ■「卑怯を憎む心」を育てる 日本人がかって持っていた「武士道」精神にのっとった道徳心の復活。 ■「情緒」と「形」を重んじる JUGEMテーマ:読書

正直、最初数十ページは保守的なじいさんのたわごとにしか思えませんでした。 ただし、読み終えた今では彼のいう武士道に象徴される日本の情緒、形というものの大切さに大いに共感しています。 途中までは論理… このレビューの続きを見る

読んで字のごとくだが、日本の品格について述べてある。 なんでも、卑怯を憎む「武士道」を広めるべきだという。 これは深く納得できる。卑怯を憎む心は、すべての文化のおおもとである。卑怯なことを考える、… このレビューの続きを見る

いやあ、不謹慎ながら笑いました。 この方、けっこう有名な数学者なんですが、私は この本を読んでいて、本当に大笑いしました。 すばらしい。 極端な論もありますが、概ね賛成です。 日本人は、世界… このレビューの続きを見る

日本人よ!恥を知れ!! 記念すべき『品格』サーガ第一章。 後に続く品格本は所詮二番煎じにすぎません。 すべての日本人に誇りと自信を与えるには如何にすれば良いか? 答えは簡単。無知に基づき西洋文化… このレビューの続きを見る

国家の品格 (新潮新書)

15:18:By

ようやく読みました。 これは私もふくめ、 アメリカかぶれになっているすべての若者におすすめしたいです。 ときどき著者がヒートアップして乱暴な言葉使いになるのがおもしろい。 「もののあはれ」を感じる感覚をなくしちゃいけない! もっと日本文化を勉強したくなりました。

国家の品格 (新潮新書) 2007.09.21 国家の品格。日本国に生まれた以上日本を大事に思い、日本の心を持つ事が大事だと書いています。外国の文化を取り入れるのもいいけど、日本のことも忘れないで。 AHEAD OF THE ROCK    comment

3.6

検索キーワード

10:08:By HOMEGROWN

久しぶりに、アクセス履歴をチェックしてみた。 夏休みのせい? 「国家の品格」がすごいことに。 組み合わせは色々だけど… 国家の品格 感想文104 国家の品格 読書感想文62 国家の品格 感想54 国家の… このレビューの続きを見る

  流行りからはちょっと遅れてしまったかもしれないけれど、読みました。 あ、先に言い訳しておくけど、こういう本のレビュー(というかもう読書感想文レベルだが)を書くのは慣れてないです。 レベルの高いものを期待している人は他へ行くべき。 関係ないけど、忙しい時より暇な時の方が本読まないっていうね。 薄いのに時間かかったな…。

 欧米的な「論理」だけでは問題は解決できない。大事なのは日本的な「情緒」を根底に持つことだ、というのが著者の主張。  巷で話題になるほど、画期的なことは言ってないように思います。論理大好き人間の僕としては首肯しがたい部分も多々あります。反面、日本的な情緒もいいよなぁと思う部分もあったりして。舞い散る桜を愛でるのは好きです。個人的に。

国家の品格

12:59:By ヒビログ

ところどころ、?と思うところはあった気がしますが、 合理性だけでなく、「情緒と形」を大事にすべきで、 それによって国家の品格を取り戻すことが大切だ ということが書いてあったように思います。 以下気… このレビューの続きを見る

そろそろブームが去った頃なので、この本に手をだしてみました。 …ねぇ、やっぱ電車とかでこれ読んでると、にわか読書家っぽいじゃんッ! 最初この本をを読み始めたとき、なんて論理が破綻してるんだろうと思い… このレビューの続きを見る

 やっと読みましたよ。今頃〜???って感じですが。図書館で予約待ちしていて、途中で諸事情でキャンセルしたり、といろいろあったので、こんなに遅くなってしまいました。1時間くらいで、非常に軽く読める本で… このレビューの続きを見る

あまりにも有名なこの本。 いや〜、いい! 日本万歳!! この前に読んだ「ハイ・コンセプト」とか、「出現する未来」とかとか、なんか、つながってる感じ。 やはり日本人ならではの強みはとってもある。

................................... 日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。  「論理」と「合理性… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品