>
[Amazon] とてつもない日本 (新潮新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

とてつもない日本 (新潮新書)
とてつもない日本 (新潮新書)で自分のブログにレビューを書く

とてつもない日本

おすすめ!3.6 [3.6](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:90008位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410610217X(新潮社)
とてつもない日本 (新潮新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.6 [3.6]

 とてつもない日本  著者 : 麻生太郎

 とてつもない日本

JUGEMテーマ:気になること  そんな感じで2,000万円って数字が出てきたんじゃないかなとw下地氏、子ども手当所得制限2000万円に疑問 「笑われるだけ」 国民新党の下地幹郎政調会長は18日午前の記… このレビューの続きを見る

とてつもない日本

14:21:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書 念のために。自分は無党派なので。 ただな、ここんとこのマスコミのバッシングっぷりがどうにも気にくわない。単に、叩いてりゃ売れる的な思想なのか、或いは、何らかの意図が働いているのか、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 今、話題になっているらしい麻生さんの本を買ってきました♪ といっても、話題になる前から欲しいなーとは思ってたんですけどね〜。 2年くらい前の本、かな? 報道なんかだと、日本はダ… このレビューの続きを見る

早速読み終わっちゃいました。 この本が2年前に発売されていたとは思えないくらいの内容です。 まるで今の状態ではないか? と思えるところも何箇所かありました。 今の麻生さんの考えがそのまま書かれている… このレビューの続きを見る

一昨日、飲み会の後に知人から、ちゃんと麻生の本を買ったかとメールが来てたので、まぁ、さすがに僕の住んでる地域は政治意識を持ってる若者などほとんどいないので、普通に売れ残ってるだろうと思って買いに行っ… このレビューの続きを見る

 僕も最近買ったんやけど、なんかamazonで一位になってるね「とてつもない日本」(麻生太郎著)とりあえずこの間の記事の通り、マスコミの報道に疑問を持ってしまったので、とりあえず政治家本人の考え方を知るためにこんな本を読みだしたんやけどなで、調べたところ、この本が一位になった背景には某巨大掲示板が関わっているらしい。なんだかなぁ・・・

JUGEMテーマ:政治 本日、麻生太郎(あそうたろう)自民党幹事長が、 第23代自民党総裁に選出されました。 とうとう、ローゼン麻生閣下が自民党総裁として、 来るべき解散総選挙に向けて、小沢民主党党首との対決へ。 日本は再生に向かって、船出しようとしています。

数ヶ月前からちまちま読んでたのでようやく読み終えました。 気付けば麻生さんは次期総裁候補の筆頭! グッドタイミングですね。 難しい事は書いてなくて、素人にもわかりやすい内容です。 読み終えてまず思… このレビューの続きを見る

とてつもない日本

12:24:By memo

時間かかっちゃった。 政治の事はよくわかりません。でも例えがわかりやすかったので、読んでておもしろかったです。きゃぷつばとかの名前を、こうゆう本で目にするなんて思いもしませんでした。 (忘れた〜0411)

さて、講演会に行ったりもしたので、この方の本を。 麻生太郎『とてつもない日本』 です。 大まかな内容 タイトルにもある通り、根底にあるのは「日本はとてつもない力をもっている」という主張。その上で… このレビューの続きを見る

福田内閣ができちゃったので、いまさら感むんむんですが読んでみました。 日本にがっかりしてる人には良い一冊。 政治家の講演会的な、根拠不明瞭な精神論が見え隠れしてるけど、 さらっと読めてわかりやすい… このレビューの続きを見る

チルドレンに「小泉再登板論」・本人は「出ない」   自民党の中堅・若手でつくる「改革加速議員連盟」の会長を務める津島派の棚橋泰文氏は12日、都内で小泉純一郎前首相と会談し、党総裁選への出馬を打診した。… このレビューの続きを見る

タイトルが大それていますが、中身は老若男女に読みやすく書き下ろしたためか 本当にさらっと読めます。 外務大臣として「ヴィジョン」を持って仕事をする。 つい負の側面にばかり当たりがちなマスコミや評論… このレビューの続きを見る

昨今の新書は、中身がとてつもなく薄く、読み易くなった。総じて、多種多様なハウツー本集成といえばよいのか。 読後、残ったこと。 ぼくは、弟よりできが悪かった。生まれ出づる環境が同じでも、同じようには成長しないものだ──ということを少年時に実感した。このことが自分の基本になっている。 というようなことだったんですが、だから、なんだっていうのだろうな、このひと。あたりまえぢゃん。

関連する商品